しがない庶民の独り言

どこにでも居るしがない庶民です。趣味の旅行(訪問記)や地元神奈川ネタ、時事問題、社会問題など、完全不定期で投稿中。

【独り言】GoToキャンペーンを活用し#旅に出よう

いつ旅に出るの?今でしょ!
GoToキャンペーンを活用し#旅に出よう

IMG_20200805_225105
(2020年8月2日:横浜市西区横浜駅西口中央北改札付近にて撮影)





DSC_2072

DSC_2071
(2020年8月2日:北海道千歳市新千歳空港国内線ターミナルにて撮影)

全国的な移動の自粛が解除されて1ヶ月半ほど。
まだまだ飛行機の欠航便も多く、空席が目立ちます。

筆者は8月2日夜、新千歳空港から航空便で東京・羽田へ向かいましたが、搭乗口は非常に閑散としていました。
日曜日の夜に写真のように閑散とするのは、コロナ禍前では考え難いことでした。

空港や飛行機が空いているのは快適である一方、航空業界や旅行業界が現在、極めて厳しい状況であることの裏返しです。

航空業界や旅行業界ではANA・HISが2021年春卒業予定者の採用活動の中止。
JALも本記事執筆時点で採用中止の方向と報じられています。

HISは国内店舗もおよそ260店あるうちの3分の1に当たる80~90店舗を閉鎖するとしています。
他には大阪の旅行会社、ホワイト・ベアファミリーは6月30日に破綻したことが報じられました。

これらはあくまでほんの一例ですが、企業活動はボランティアでは無いということです。
営業できず収入が得られなければ食べて行かれないのです。
採用活動の中止や縮小、リストラはやむを得ないでしょう。

7月以降の新型コロナの陽性者激増で、GoToキャンペーンに批判が殺到しています。

しかし、飛行機や空港のコロナ禍前では考え難い空き具合や、ホテルの宿泊料金の急落、観光地や街中が閑散としているのを目の当たりにすると、キャンペーンは必要必急です。

それに加え、新型コロナCOVID19の指定感染症からの除外。これも必要必急でしょう。
風邪でありながら指定感染症となっていることで、全数検査の実施や無症状者まで隔離しなくてはならず、隔離施設や病床が足りなくなるわけですよね?

指定感染症から除外しない理由を厚労省に聞いてみたいものです。

話が逸れてしまったので元に戻しますが、今、キャンペーンをやらなければ、更に倒産・失業・就職難に拍車がかかることになります。
その嵐は新型コロナウイルスそのものより恐ろしいものになるでしょう。

過去の記事で再三述べていますが、特に東京都で見られた、#Stayhome、#おうち時間、#おうちで過ごそう、などという言葉に代表される異常な自粛政策の弊害と言えます。

分かりやすく言えば、"STOPさせることしかできない"政治の行きつく果て。

日本医師会や東京医師会は「我慢の4連休」だとか「我慢のお盆」などと会見で述べていますが、とんでもない。
むしろ筆者からすればこんなことは経済活動の足枷。

新型コロナCOVID19は不治の病でも難病でもなく風邪。
健常者が極度に恐れる必要はありません。

おうち時間、ステイホーム、うがい薬の買い占めなど愚かなことはやめましょう。
緊急事態宣言や休業要請なども不要。

我々は「おそと時間」を作り、#Go To Travel
健康のため、そして経済を回すため#外に出よう!

我々の旅行や外出は、経済を動かすことに繋がります!

【雑記】"コロナ疲れ"緩和のヒントは野鳥の動きにあり?

夏休みは#外へ出よう!
"Go Toキャンペーン"などを駆使し#旅に出よう!

筆者も含め、我々の旅行や外出が経済を動かします!

DSC_2034
(この写真のみ2020年7月31日:北海道札幌市中央区・赤れんが庁舎前にて撮影)

今年3月以来、久々に北海道庁旧本庁舎(赤れんが庁舎)に訪れました。
庁舎の中は建物老朽化に伴う大規模改修工事の為、閉館中です。
完成予定は2022年度中(令和4年度中)とされています。

IMG_9805

IMG_9810

IMG_9814

IMG_9836

赤れんが庁舎は野鳥が集まるスポットとしても有名です。
夕方でも蒸し暑さを感じるくらいでしたが、普段通り歩き回ったり飛び回ったり、水浴びしたりしていました。

「コロナ疲れ」という言葉が最近出て来ました。
新型コロナウイルスのおかげで社会全体が非常に殺伐とした空気になって来たことによるものでしょう。

現実として、コロナ禍でなくても、疲れやストレスを全く溜めないのは不可能です。

ただ、それを緩和するヒントは野鳥の動きにあるかも?しれません。
いわゆる野鳥のような"普段通り"という行動。

情報過多に惑わされず、コロナという"風邪"に過剰反応せず、普段通り過ごす。

この日、野鳥をずっと観察していて、筆者は改めてそのように感じた次第であります。

(写真は特記を除き2020年8月1日:赤れんが庁舎にて撮影)

【訪問記】この夏は"Go To OTARU"(2020.08.01)

夏休みは#外へ出よう!
"Go Toキャンペーン"などを駆使し#旅に出よう!

筆者も含め、我々の旅行や外出が経済を動かします!

この夏は"Go To OTARU"
筆者は8月1日、北海道小樽市へ足を運び、街の様子を見学していました。

IMG_9780

IMG_9778

IMG_9779

前回の訪問したのは今年の3月。
まだ雪深い時期。そして北海道で新型コロナの第一波が発生した頃でした。

北海道独自の緊急事態宣言が発表され、街中は非常に閑散。
小樽運河クルーズも臨時休業となっていましたが、現在は運航を再開しております。
利用されている観光客の方もいらっしゃいました。

IMG_9782

IMG_9795

DSC_2045

DSC_2046

小樽の観光案内所の温度計は(写真が見づらくて恐縮ですが)撮影時点で30.1度と表示。
やけに暑いなと感じていましたが、気のせいではありませんでした。
夏の北海道も暑くなることがあります。

DSC_2042

DSC_2043

DSC_2041

お昼ご飯はうろこ亭様に入店。
あれもこれも食べたくて、何を注文しようか迷いに迷いましたが、いくら丼を頂くことにしました。
このいくらは羅臼の鮭イクラを使用しているそうです。

羅臼含め知床半島の方にも何とか機会を作り、今後、足を延ばしてみたいところであります。

(2020年8月1日:北海道小樽市内にて撮影)

プライバシーポリシーと免責事項