しがない庶民の独り言

どこにでも居るしがない庶民です。趣味の旅行(訪問記)や地元神奈川ネタ、時事問題、社会問題など、完全不定期で投稿中。

【訪問記】日本一の温泉県、大分へ【2020.01.10】

DSC_1040

DSC_1043

ooita

DSC_1042

先週10日から今週14日までの遠出。

初日はまず日本一の温泉県、大分へ3~4年ぶりくらいに足を運びました。
搭乗した飛行機が大分空港へ着陸し、到着口から到着ロビーへ出ると足湯が迎えてくれます。
空港内の看板広告や旗広告なども温泉県という雰囲気を醸し出しています。

IMG_7290


IMG_7310


IMG_7288

大分空港から別府市内に移動します。

別府と言えば全国でも有数の温泉地。

別府駅周辺の「別府温泉」、高台にある湯煙が立ち上る「鉄輪温泉」やその更に奥の泥湯で有名の「明礬温泉」など、8か所の温泉地で成り立っている別府温泉郷。
「別府八湯」(べっぷはっとう)とも言われています。

別府温泉では世にある10個の泉質のうち7~8種類が沸くと言われているそうです。

IMG_7295

IMG_7304

別府駅前広場モニュメント「手湯」で手を温めてみます。
こちらも源泉かけ流しの温泉で誰でも気軽に体験が出来ます。
この日は寒かったのでちょうど良い湯加減でした。

※次回へ続きます。

(写真は全て2020年1月10日:大分県国東市大分空港及び別府市内にて撮影)


【掲載予告】大分・宮崎・鹿児島を満喫【2020.01.10~01.14】

81742835_2615220601930276_3918934967840669696_o

IMG_7392


82138297_2619733511478985_2870636100605444096_o

この数日間、遅い正月休みとし、ブログの更新をお休みさせて頂いておりました。
もし更新を楽しみにされている方がいらっしゃいましたら予告なしの更新ストップとなってしまい失礼いたしました。

この5日間、九州の大分県・宮崎県・鹿児島県を訪れていました。
骨の髄まで染みるくらい温泉に浸かったり、美しい景色を眺めたり、美味しいものを食べたりするなど3県を満喫しておりました。

久々に大分・別府の明礬温泉にも浸かりましたが、やはり泥湯とコロイド硫黄湯は良いですね。
特に泥湯はふわっと柔らかく、人肌と同じくらいの温度となっているのですぐに気持ち良くなるものです。

※今回の3県訪問の模様は、今後、数回に分けて掲載を予定しております。

【独り言】風邪・インフル流行に拍車?【2020.01.08】

202001081400-00
(2020年1月8日:気象庁ホームページ・アメダスより引用)

1月8日、発達した日本海低気圧の影響により、前日7日の天気予報では関東平野は軒並み最高気温20度近くとなる予想でした。
地元横浜の最高気温も19度の予想だったはずです。

午後から暖かくなるだろうと思って外出していたのですが、一向に暖かくなる気配はありません。
結局7日の横浜は日中の最高気温は8.4度までしか上がらなかったようです。
前日の予想最高気温よりも約11度低いことになります。

実際に春のような気温になった所は神奈川の三浦半島や千葉県の房総半島南部、関東平野からは外れてしまいますが、静岡県などにかなり限定されていたようです。

ここまで最高気温の予想が低い方に外れると、9日以降、風邪やインフルエンザの流行に拍車をかけないか懸念されます。

全国的にインフルエンザが流行しています。
国立感染症研究所が発表しているインフルエンザ流行レベルマップを見ると、大半の都道府県で警報クラスとなっているようです。

特に体が冷えると抵抗力が下がり、風邪やインフルエンザなどに罹りやすくなります。
また、感染症以外の面でも自律神経系の体調不良が起きやすくなります。
(余談ですが、筆者は体が冷えるのが本当に駄目です。)

手洗いうがいの励行、栄養価の高い食事、睡眠時間の確保はもちろんですが、体を冷やさないということも意識して体調不良を防ぎたいところです。

プライバシーポリシーと免責事項