しがない庶民の独り言

どこにでも居るしがない庶民です。趣味の旅行(訪問記)や地元神奈川ネタ、時事問題、社会問題など、完全不定期で投稿中。

【独り言】インフルエンザの予防接種

例年より少し早めですが、今年もインフルエンザの予防接種を受けてきました。
接種を受けられるうちに受けておかないと在庫が無くなり、受けられなくなる可能性も想定されます。

IMG_20201027_183529
(画像はイメージです)

インフルエンザの予防接種を受けても、当然、"ゼロリスク"にはなりません。
万が一発症しても症状が緩和する可能性がある程度。
ただ、使える方法を全て使ってでも発症した時のあの苦しさからは逃れたいものです。

2020~2021シーズンは新型コロナの存在でインフルエンザの速やかな検査や治療が受けられない可能性もあります。
このまま指定感染症(2類相当)が継続すれば十分にあり得る話です。

今年8月28日、安倍首相(当時)の辞任会見の前に発表された新型コロナ「2類相当」見直しの話はどこへ行ったのやら。

今年の春、こんなことがありました。

ある日の夜、急に38度を超える熱が出て、酷い悪寒を感じ、関節も痛くなりました。

インフルエンザかなと思い、総合病院の夜間の救急外来を受診しました。

しかし今シーズンは新型コロナの感染予防の観点から、インフルエンザの迅速検査を行わないことにしていると説明されました。

患者が万が一、新型コロナに感染していた場合、検査キットを使うことで粘膜を刺激し、誘発された咳やくしゃみで医療従事者の飛沫感染のリスクが高まるというのが理由でした。

確かに診察する方からすれば感染、そしてその医療機関で風評被害が起きるリスクを懸念するでしょう。

結局、この時はインフルエンザだったのか別のものだったのか、高熱の原因が分からないままでしたが、2~3日で治りました。

今振り返ってみれば、昨年末から年明けごろにかけては筆者の周りでインフルエンザが蔓延していました。

インフルエンザの検査が抑えられるようになったのは、新型コロナが指定感染症(2類相当)となった1月下旬か2月上旬くらいからでしょうか。

2019~2020年シーズンはインフルエンザの感染者数が過去5年で最も少なかったそうですが、上述の理由でインフルエンザの検査が全国的に抑制された結果です。

風評被害や病床数逼迫の抑止、インフルエンザなど他の病気の検査治療の妨げにならないためにも、新型コロナCOVID19の指定感染症からの除外。
直ちに行うべきでしょう。

指定感染症(2類以上相当)であることから、無症状か軽微な症状でも隔離となってしまうわけです。

隔離用のホテルや病床数も逼迫するのは当然。
全数調査を行わなければならず、保健所の業務も過多となるでしょう。
非常に馬鹿げていますが、感染症法に基づき、そうせざる得ないのです。

本当に悪いのはウイルスそのものではなく、指定感染症「2類相当」ですね。

【独り言】新しい生活様式でカラスもおかしな日常?

新しい生活様式でカラスもおかしな日常?
コロナ騒動以降、カラスを住宅街で見る機会や個体数が明らかに増えたような気がします。

IMG_9003

IMG_9007

IMG_9000
(2020年5月15日:横浜市中区みなとみらい地区にて撮影。画像はイメージです。)

最近、筆者宅近辺では朝早くから夜遅くまで「カァ~カァ~」、「グウァ~グワァ~」などと鳴いています。

前日10月25日の朝はカラス同士の喧嘩と思われる興奮した鳴き声で叩き起こされました。

今まであまり気にしていませんでしたが、朝早くから鳴かれるとうるさくて仕方がありません。

食べ物の残骸目当てに、ごみ集積所のごみをカラスに荒らされる被害がよく報じられます。

今年であれば春先の"ステイホーム"、"おうち時間"により家で過ごす時間が長くなり、家庭ごみが増えました。

こうなればカラスにとってはもはや餌の宝庫。

逆に繁華街では営業自粛によってごみが減り、これまで繁華街のえさをあてにしていたカラスは死活問題。

これらが減った餌を補うために行動範囲を広げ住宅街へ飛来してきていると考える事もできます。

また、街中で人出が減ればカラスはじめ野鳥にとっては快適でしょう。

やはり"ステイホーム"や"おうち時間"、そして新しい生活様式は人間のみならずカラスの日常もおかしくしてしまったようです。

【独り言】東京五輪やるの?やらないの?

東京五輪やるの?やらないの?
IOCは直ちに開催可否を決断し、決定事項を公式に発表する義務があるはずです。

DSC_2139
(2020年10月16日:東京都大田区羽田空港第2ターミナルにて撮影)

コロナ騒動により東京五輪はひとまず2021年への延期が決定しています。
中止になっても不思議ではない状況でした。

しかしそれを何としても避けるため、安倍首相(当時)が「最後のオプション」としてIOCのバッハ会長に"1年延期"を電話で提案したとされています。

その後も中止説や中止論が飛び交いながら半年以上が経過し、現在に至ります。

新型コロナウイルス(COVID19)は日本国内では"風邪"。

一方、医療水準や衛生環境などは国によって全く異なります。
インドでは1日当たりの陽性者が7万人を超える日があったとも報じられています。
米国でもこれまでに膨大な数の死亡者が出ています。

最近はIOCの本部があるスイスも含め、欧州諸国での陽性反応者の激増が目立っているようです。
ポーランドのアンジェイ・ドゥダ大統領も検査で陽性反応が出たことが発表されています。

日本国内はGoToキャンペーンが始まっていますが、海外との往来はビジネスや留学など、限られたものとなっており、国境を越えた自由な往来は不可能な状態。

また、多くの国で厳しい外出制限やロックダウン、飲食店・学校の閉鎖が行われています。
五輪選考のための予選を行える状況ではないでしょう。

仮に五輪を強行しても多くの国はそれどこではなく、ボイコットする国ばかりになりそうです。

いずれにしても開催か中止の二択。
いつまでも五輪開催可否が宙ぶらりんではあらゆる人や業界も困ります。

五輪を目標としてきたアスリートの方やその関係者にとっても先が分からない状況を長引かせるのも酷でしょう。

IOCなどが開催するそぶりを見せておきながら、本番が近くなりやっぱり中止というのは一番最悪ですね。

それから厳しいようですが、五輪の予定が残っていることで2021年もあらゆる催物に悪影響が出ています。

音楽・エンタメ・展示会業界などは「五輪開催」「五輪延期」「新型コロナ」の三重苦でしょう。
花火大会も多くが中止になっています。

同じスポーツでも、例えばプロ野球の2021年の日程編成にも悪影響を及ぼすはずです。
シーズンも大詰めですが、本来ならとっくに翌年の日程が発表されていなければいけません。

五輪野球の会場や資材置場となるため、五輪前後の期間は横浜スタジアムと神宮球場が使えなくなります。
このことからDeNAは今季、東京ドームでの主催試合も組まれていたくらいでした。

それに加え、2020年に五輪が通常開催されていれば、五輪期間中はシーズン中断となる予定でした。

2021年に延期された五輪をやるのかやらないのか宙ぶらりんのままでは、2021年公式戦の日程も組めないでしょう。

2020年までの我慢のはずが、更に1年の我慢。
これ以上の五輪のための我慢などふざけるな!というのが国民の総意です。

五輪開催に関する決定権はあくまでIOC。
IOCには直ちに決定を下し、その内容を公式に発表せよ。

現実として商業主義と化し、そして政治化された五輪を"平和の祭典"に戻せるか。
今はそれが問われています。

プライバシーポリシーと免責事項