しがない庶民の独り言

どこにでも居るしがない庶民です。趣味の旅行(訪問記)や地元神奈川ネタ、時事問題、社会問題など、完全不定期で投稿中。

【訪問記】骨の髄まで暖まる?佐賀・武雄温泉元湯(2020.02.11)

84657314_2681975541921448_377803362218803200_o

86192772_2681975731921429_7785461739713200128_o

84211546_2681975451921457_4549114843210186752_o

2020年2月11日、半年ぶりに佐賀・武雄市を訪問。
寒かったので武雄温泉 元湯様で入浴させて頂きました。



前回も含め、何度かお世話になったことがありますが、入口も館内も風情があり、昔ながらの温泉という雰囲気です。

86194298_2681975241921478_7079492390402129920_o

84266412_2681975145254821_6834156471110860800_o

入場券販売所に表示されている温度通り、ぬる湯でも42度を超える熱い温泉でしたが、柔らかい湯ざわりで入りやすい温泉です。
あつ湯だと本当に熱く、45度前後の泉温となります。

ぬる湯もあつ湯も熱い温泉が好みの方や冷え性の方にはお勧めです。
冷えている体が骨の髄まで暖まる?気がします。
ただ、のぼせないように注意しましょう。

IMG_7773

IMG_7771

温泉から上がり建物の外に出て、ふと上を見上げてみると、斜面が崩壊し樹木が散乱したままの状態になっています。
今から半年前の2019年8月末、福岡・佐賀・長崎県を中心とする集中豪雨があり、佐賀県で記録的な大雨となりました。

この斜面崩壊はあの時の大雨で起きてしまったのでしょうか。
やはり自然災害、明日は我が身?かもしれません。

IMG_7778

IMG_7780

IMG_7779

九州新幹線・西九州ルートの開業工事が進んでいました。
現時点では、2022年度末に武雄温泉~長崎間で開業予定となっているようです。

(写真は全て2020年2月11日:佐賀県武雄市内にて撮影)

【時事】新型コロナ感染症で中止や自粛、縮小の動き相次ぐ

DSC_1401

DSC_1403

(2020年2月17日:横浜市西区臨港パーク付近にて撮影。)

見づらい画像ですが、2枚目の左下に写っている船が、新型コロナウィルスの感染源となってしまったクルーズ船です。
2月17日現在も大黒ふ頭・客船ターミナルに停泊しています。

この大黒ふ頭・客船ターミナルは本ブログでも過去に取り上げたことがありますが、2019年4月に供用開始となったばかり。
2019年は横浜開港160周年の節目の年でもありました。

横浜の海の新たな玄関口として注目されていましたが、新型コロナウィルスの感染源として注目され、大きく報じられてしまうのは残念でなりません。

さて、新型コロナウィルス肺炎の拡大により、中止や自粛、縮小の動きが出て来ています。

プロ野球12球団は春季キャンプの季節ですが、練習試合やファンサービスの自粛や中止。
3月1日東京マラソンは一般参加の全面中止。
2月23日の天皇誕生日の一般参賀も中止が発表されています。

新型コロナウィルス、感染経路不明の陽性反応の事例も次々と判明するなど拡大してきているようですので、ある程度の備えは必要です。

ただ一方、過剰反応し過ぎではないか?と思うのも正直なところです。
危ないから何でもかんでも自粛、中止というのでは何も出来なくなってしまいます。
2009年に流行した新型インフルエンザの時と似た風潮になってきていますね。

店頭では相変わらずマスクや消毒液が品薄となっていますが、予防策と共に冷静な対応が必要ではないでしょうか。

【時事】2月17日・18日は南国も雪?

今冬は"忘冬"や"無冬"と言われるほど各地で季節外れの高温が全国各地で続いています。
正直、日本から四季は無くなってしまったのかと思うほどです。

しかし天気予報によるとこれから気温が急降下し、2月17日・18日は九州や四国で降雪が予想されています。
鹿児島や高知でも雪先行予報となっているのが気になる所です。

000_telop_tomorrow

000_telop_aftomorrow

(2020年2月16日:気象庁公式ホームページ天気予報より引用)

9641017_2244069276_192large
(2017年2月10日:鹿児島県鹿児島市高見馬場付近にて撮影)

この写真は今から3年前のものですが、鹿児島市内で降雪した時の様子です。
滅多に見られない南国・鹿児島での雪。
筆者が遭遇したのはこの1回だけですが、とても風情がありました。

しかし降雪時の風情ある光景も降り方によっては災害や交通麻痺などの懸念が出てきます。
雪に慣れてない地域であればあるほどリスクは高くなります。
雪への備えと共に地元の気象台が発表する情報に充分な注意が必要です。

もし読者の方で17・18日に雪予報が出ている地域にお住まいがいらっしゃいましたら、どうかお気を付け下さい。



プライバシーポリシーと免責事項