しがない庶民の独り言

どこにでも居るしがない庶民です。趣味の旅行(訪問記)や地元神奈川ネタ、時事問題、社会問題など、完全不定期で投稿中。

【訪問記】鹿児島へお出かけ(2019.04.20~04.22)

日記の投稿間隔が空いてしまいました。

あまりいらっしゃらないかもしれませんが、もしこのブログをブックマークなどに登録されていて、更新を楽しみにされている方がいらっしゃいましたら恐縮です。

今月から平成31年度(2019年度)が始まりましたが、メディアで盛んに報道されている通り「平成」は今月末日で終わり、来月から「令和」となります。
ついこの間、政府から新元号「令和」が発表されたと思いましたが、時間の経過は早いものです。

さて、久々に時間が取れたので、先週末から今週初めにかけてお出かけしていました。

DSC_0087

DSC_0088

DSC_0090

DSC_0089

57503478_2118027791649562_5311480136774713344_n

DSC_0092

お出かけ先は鹿児島県でした。当日は快晴で桜島が綺麗でした。
筆者は上記の写真のようにドルフィンポートや城山展望台から見られる桜島の姿が好きなのですが、改めて桜島を見ると故郷に帰って来たような心境になります。

筆者は生まれも育ちも神奈川の者ですが、筆者の父親は鹿児島県鹿児島市の出身で、鹿児島に住んでいた当時のことを父親からよく聞かされていました。

58379682_2118000358318972_6935566713463242752_n

桜島フェリーターミナルにある「かごしま黒豚ラーメン 味心様」
昨年9月に初めて入店したのですが、筆者の事を覚えていて下さいました。
今回もお世話になり、ありがとうございました。


57503458_2118000254985649_5407829876860256256_n

57597639_2118000311652310_5716196167797178368_n

ドルフィンポートでは4月30日夜から翌5月1日にかけて新元号「令和」のカウントダウンが行われるようです。「令和」元年、いよいよ近付いてきました。

(写真は全て2019年4月20日~4月22日、鹿児島県鹿児島市内にて撮影)

【雑記】平成最後の桜もそろそろ終わり?

DSC_0047
(2019年4月9日:横浜市緑区十日市場付近にて撮影)

DSC_0059

DSC_0060
(2枚共に2019年4月9日:横浜市西区戸部付近にて撮影)

地元神奈川では桜が見ごろを迎えています。
先週の末頃でしょうか、横浜でもソメイヨシノの満開が発表され、花見をされている方が多くいらっしゃいました。
やはり桜の景色、毎年この季節にやって来ますが風情を感じます。

ただ明日4月10日は発達した南岸低気圧が通過し雨の予報。
風も強まりそうなので花散らしとなり、平成最後の桜もそろそろ終わり?となってしまいそうです。
しかも明日は関東の山地や内陸部では雪や霙の可能性もあるようです。

さすがにこの季節、横浜や川崎、東京23区で雪になることは無いでしょうが、横浜の予想最高気温も7度と1桁台のようですので、真冬に逆戻り。
風邪を引かないように気を付けなければいけません。

【訪問記】えびの地区を訪問(2018.08.31)

※この日記は過去に投稿した記事を加筆・修正のうえ、再掲したものです。

この日が宮崎最終日だったのですが、これまで未訪問だったえびの方面に足を運んでみることにしました。

IMG_3635

IMG_3605
えびの市は霧島連山が近いこともあってか温泉も多いようです。写真は京町温泉郷ですが、入浴施設の存在する場所にはバス停のような物が設置されていて、分かりやすくなっています。

JR吉都線、京町温泉駅を見学してみます。
IMG_3603

IMG_3609

IMG_3610

IMG_3613

IMG_3615

IMG_3616

IMG_3619

IMG_3612

ちょうど良い時間に吉都線の吉松方面行きの列車が京町温泉駅に来ることが分かったので、撮影してみることにしました。
IMG_362927

IMG_3630
やはり同駅での乗降客は僅かで、他に鉄道ファンと思われる方が数人いたのみでした。
上下線ともに停車する列車は1日10本にも満たないようで、改めて公共交通を取り巻く環境の厳しさを実感しましたが、一方で下から6枚目の写真にあるように、朝は高校生や病院へ向かう高齢者などの重要な足となっていることも認識した次第であります。

これからは高齢化で、車を運転出来なくなる高齢者が急激に増えて来るはずです。
近年、急増する高齢運転者の重大事故で、高齢者の運転免許返納の推進が叫ばれていますが、これが思うように進まない一因として、公共交通の手薄さが背景にあることは明白です。公共交通、このままで良いの?と改めて感じた訪問でした。

プライバシーポリシーと免責事項