しがない庶民の独り言

どこにでも居るしがない庶民です。趣味の旅行(訪問記)や地元神奈川ネタ、時事問題、社会問題など、完全不定期で投稿中。

【訪問記】沖縄・本部町の"美ら海の湯"で一風呂♪(2019.01.14)

【沖縄で温泉へ】
沖縄で温泉と言うとピンと来られない方も多いかもしれません。
内地に比べれば数は確かに少ないですが、源泉かけ流しの温泉に入れる場所もあります。
今回はそのうちの1つである【ジュラ紀温泉・美ら海の湯】を訪れてみました。

50100574_1975147215937621_5919580727736795136_n

沖縄本島北部の本部町(本部半島)にある「ホテル オリオン モトブ リゾート&スパ」の中に入浴施設があります。
名称の通り、リゾートホテルとスパ(温泉)が併設されている形です。
記念公園(美ら海水族館などがある一帯)からも徒歩10分くらいなので、周辺を歩いて散策するのもお勧めです。
暑い季節であれば、海水浴などレジャーを楽しんでから入浴されるのも良いかと思います。

49913130_1975125659273110_3896789343368380416_n
那覇方面からのアクセス方法はいくつかありますが、公共交通利用であれば、路線バス117番(琉球バス交通・那覇バス・沖縄バス・東陽バス共同運行)か沖縄エアポートシャトルやんばる急行などでのアクセスが可能です。

最寄バス停は、起終点でもある「ホテル オリオン モトブ リゾート&スパ」となります。

余談ですが筆者は本部からの帰りに沖縄エアポートシャトルを初めて利用してみました。
IMG_4788

50211440_1975194599266216_8886765184895418368_n

沖縄エアポートシャトル利用の場合、那覇エリアから美ら海水族館エリアまで所要時間は概ね2時間半ほどで運賃は2,000円です。
尚、どの公共交通機関を利用されるにしても時刻表や運行経路などの詳細や最新情報は各社様の公式ホームページなどを参照して頂きたいと思います。

49914735_1975125429273133_2165432754416648192_n
美ら海の湯を利用するとお酒が吞めるそうです。

49810395_1975125389273137_8504347193849675776_n

50084417_1975125362606473_6900409653071446016_n

温泉は源泉かけ流しで、泉質はナトリウム・塩化物強塩温泉(高張性中性低温泉)とのことです。
飲用不可ですが潮の香りがして肌がツルツルになります。
入浴料金は外来で1回2,150円でした。


50080995_1975133412605668_1612995240258437120_n

風呂上りに一杯♪
大浴場(展望風呂)からのロケーションはこのような感じになります。海の向こうには伊江島が見えます。

※浴場内撮影禁止のため、イメージ画像です。

ホテルから記念公園(美ら海水族館方面周辺)まで、徒歩で散策してみました。
IMG_4763

49422708_1975194735932869_8347711901228072960_n

49854761_1975194769266199_2866655275807408128_n

50210453_1975194825932860_7290410026626187264_n

49831889_1975194862599523_4813300910107131904_n

夕陽が沈んでいく光景はいつ見ても幻想的です。

【御挨拶】謹賀新年(2019.01.01)

あけましておめでとうございます。旧年中はこのつまらないブログにお付き合いいただき、ありがとうございました。

今年は平成最後の年で、4月には新元号が発表されるとの報道もあります。今年はどんな年になるのでしょうか。
ここ数年、数十年に1度と言われる豪雨や豪雪、突然の地震など自然災害が毎年のように起きていますが、今年は平穏な1年であってほしいと思います。

長くなりましたが、本年もよろしくお願いいたします。
このブログをご覧頂いている皆様のご健康とご多幸をお祈り申し上げます。

2019年(平成31年) 元旦

【訪問記】SEGO!!BUSで鰻温泉へ!(2018.2.9)

一昨日12月16日は早いもので大河ドラマ・西郷どんの最終回の放送日。
ついこの間、年が明けて放送が始まったと思っていたのですが1年、あっという間です。

筆者は今年2月9日、筆者は西郷どんゆかりの地のひとつである鹿児島県指宿市の鰻温泉でリフレッシュしていました。
今回は鰻温泉地区までの足として、今年1月12日から運行が開始されたSEGO!!BUSを利用しました。

1日5往復で運賃は100円(現金のみ)、鰻温泉地区へはJR指宿駅もしくはJR山川駅からの乗車が可能です。



IMG_0830

IMG_0831

IMG_0833

IMG_0861

IMG_0834

IMG_0858

指宿市内の中でも鰻温泉地区は定期の路線バスが殆ど無く(※1)、これまで公共交通でのアクセスが非常に厳しい所でした。
しかし、このSEGO!!BUS運行開始によって1年限定(※2)ですが、公共交通でのアクセスが改善しました。

※1.定期の路線バスは2018年2月時点でイッシーバスが月・水・金に2往復乗り入れるのみのようです。

IMG_0836
(2018年2月9日:鹿児島県指宿市・鰻温泉停留所にて撮影。道路挟み向かい側には鰻地区公民館があります)

※2.SEGO!!BUSは2018年1月12日~2019年1月14日までの期間限定運行です。

路線バスから降りて、鰻温泉地区へ向かってみます。
数分歩くと温泉街に入り、硫黄の臭いが漂ってきます。
IMG_0854

IMG_0851

IMG_0852

今回は区営鰻温泉さんと民宿うなぎ湖畔さんの温泉に入浴させて頂きました。

IMG_0840

IMG_0841
区営鰻温泉の脇にはお休み処があります。

IMG_0849
民宿うなぎ湖畔さん。こちらは宿泊利用もしてみたいところです。

この鰻地区、西郷高森が愛し通ったとされる温泉地と言うこともあり、温泉街のほかにも西郷隆盛にまつわる展示物や資料などが多く見られます。

IMG_0843

また、この鰻地区自体、国道から中に入り込む地域にあり、先述の通り定期の路線バスも殆ど無く、アクセスが難しい地域であることから、秘境とも言えます。

温泉好きな方、また歴史が好きな方は訪れてみては如何でしょうか。
筆者もまた訪問して、今度はゆっくり宿泊してみたいところです。

プライバシーポリシーと免責事項