しがない庶民の独り言

どこにでも居るしがない庶民です。趣味の旅行(訪問記)や地元神奈川ネタ、時事問題、社会問題など、完全不定期で投稿中。

【雑記】週刊ベースボール創刊60周年記念別冊

先日、購入したい本があり、地元の本屋をウロウロしていたら、表題の雑誌が偶然目に入り、購入してしまいました。

雑誌自体、あまり購入することが無いのですが、表紙を見てあの時代が懐かしくなった次第です。

46506408_1898534300265580_5767940675353968640_n (1)

46505836_1898807540238256_6510062529627029504_n (1)

今から20年前の1998年、横浜(現DeNA)ベイスターズが1960年以来38年ぶりのリーグ優勝&日本一を達成した当時の試合や日本一パレードの写真、当時の横浜の左のエースだった野村弘樹氏やヘッドコーチで03~04年には監督もされた山下大輔氏などのインタビュー、DeNA初代監督を務めた中畑前監督のインタビュー、1960年の大洋優勝時の光景や大洋時代の選手監督の再録インタビュー、過去の戦績など、幅広く触れられており、昔からのファンから最近ファンになった方も興味を惹く内容です。

野球ファン、特にベイスターズファンの方は必見です。是非購入されてみては如何でしょうか。

余談ですが、当時は現在のようにペナントレースで3位に入れれば敗者復活、そして日本一の可能性があるクライマックスシリーズ(CS)と言う制度も概念も無く、1位にならなければ意味が無い時代。
今考えれば、ペナントレース1試合の1勝に、非常に重みがあったと思います。

今年のプロ野球は福岡ソフトバンクホークスが2位からの敗者復活で日本シリーズに進出し、そのまま広島を下し2年連続で日本一となりました。
来年の今頃は平成ではなく新しい元号となっていて、新しい元号の下で初めての日本一となる球団も決まっているはずですが、どうなっていることでしょうか。

【訪問記】北海道、ようやく雪の季節到来か(2018.11.12)

例年より初雪観測や積雪が大きく遅れている北海道。

早ければ10月のうちに稚内や旭川辺りでは初雪を記録しますが、この2地点は今月半ばの14日、札幌では今月20日に初雪を記録したとのこと。札幌の11月20日の初雪観測は128年前の1890年以来の遅さだそうで、スキー場などもオープン出来ず困っていたようですが、ようやく雪の季節到来でしょうか。

今夏~今秋にかけての度重なる記録的な強さ台風の襲来や、災害クラスと言われる酷暑なども考えると、やはり気候の極端化を感じずにはいられません。

IMG_4444


IMG_4432
(2枚共に2018年11月13日:北海道富良野市内にて撮影)
筆者訪問時は、平地ではまだ雪になりそうな気温ではありませんでした。

IMG_4461

IMG_4517

46121626_1890631584389185_12990373399887872_n

45827567_1888095337976143_2268581376192151552_n

46219243_1890464291072581_1004383234655518720_n
(2018年11月12日~14日:北海道札幌市内にて撮影)
札幌の市街地はまだまだ紅葉が綺麗でした。
例年であれば既に市街地も降雪したり、積雪していてもおかしくないような時期に紅葉を見られたのは筆者的には幸運(?)でした。

46206199_1890631477722529_3007460358358040576_n

46108129_1890631421055868_7508698982076383232_n

46193261_1890631344389209_722160023102291968_n
(2018年11月14日:北海道札幌市テレビ塔展望台にて撮影)

今回は久々にさっぽろテレビ塔の登ってみました。この日は地上では雨でしたが、展望台では雪が混じっているのが確認できました。
テレビ塔の高さは地上から147.2m、展望台は地上から90mの高さにあるそうですが、地上から少し上の地点でも雨・雪の境界になり得るというのは興味深い所でした。

【雑記】「千島列島」の範囲とは?物事の解釈は難しい

本日の記事も北方領土(北方四島)に関する話題です。

今、報道が増えている北方領土に関すること、特に第2次世界大戦後、ロシア(旧ソ連)に占領されてからのことは、社会科や歴史の授業ではあまり詳しく教えてくれなかったような気がします。

11月15日投稿の記事【訪問記】北海道庁旧本庁舎で北方領土について学ぶ【2018.11.14】にて、札幌にある北海道庁旧本庁舎(赤レンガ)を訪れ、その中に開設されている北方領土館を見学させて頂いたことを投稿しましたが、北海道の小中学校の授業で使用されている北方領土学習資料も展示されていて、無料で配布されていたので頂くことにしました。

46436813_1896044233847920_6767459623323566080_n

h

46445839_1896045473847796_3179297898177232896_n

h2

1855年の日露通好条約をはじめとした国際的な決まりや、北方四島の地名や生態系、1945年当時に住んでいた島民の人口、島民が居住していた時代の写真などが載っています。

国後・択捉の二島も1855年の日露通好条約以降、国境が択捉島と得撫島の中間になったことで日本領となりました。
1875年の樺太千島交換条約からは樺太がロシア領となる代わりに、得撫島から北の千島列島全て(カムチャッカ半島の南まで)が日本領と決まりました。
その後、1904年に日露戦争が起き、1905年のポーツマス条約で、樺太の南半分が日本の領土になりました。ここまでは中学生の頃だったと思いますが、授業で教わった記憶があります。

第2次世界大戦後、北方領土がロシア(旧ソ連)に占領され、1951年のサンフランシスコ平和条約で、日本は平和条約に調印し、樺太の南半分と千島列島を放棄したとありますが、歯舞群島と色丹島はそもそも千島列島から外れていますし、残る国後・択捉も、日本領から外れたり、ロシア領となる根拠や国際的な決まりは現在も過去も存在しません。

ただ、「千島列島」の範囲とは、何処から何処までなんだろう?と感じます。物事の解釈は難しいですね。

プライバシーポリシーと免責事項