しがない庶民の独り言

どこにでも居るしがない庶民です。趣味の旅行(訪問記)や地元神奈川ネタ、時事問題、社会問題など、完全不定期で投稿中。

【雑記】大雪は回避(2019.02.09)

51594645_2012596078859401_5384851715927310336_n

51526261_2012596118859397_4661668305197596672_n
(2枚共に2019年2月9日、横浜市西区・横浜駅東口付近にて撮影)

2月9日は事前の予報通り関東平野では雪が降りました。

関東南部平野でも5~10センチ、東京23区でも最大5センチの積雪の見込みと報じられていましたが、実際は地元横浜ではそれほどの積雪にはならず、場所によって芝生や車のボンネットなどがうっすら雪化粧する程度で大雪は回避されました。
しかし、9日19時時点で東京湾を挟んでお隣の千葉県千葉市と茨城県つくば市で2センチ、栃木県宇都宮市で1センチなど積雪した箇所も多いようで、また羽田・成田空港発着の航空便のダイヤが乱れたり、東京競馬が順延となるなど影響は多く出ているようです。

関東平野の雪の予報は台風予想よりも遥かに難しいと言われているそうで、今回のように予想よりも降雪量が少なかったり、完全に空振りすることもあれば、雪の予報など何一つ出ていないのに突然の大雪に見舞われることも過去に繰り返されてきました。

今は受験シーズンでもあると思います。やはり雪の可能性を少しでも感じさせられるような予報が出た場合、最悪のケースも考えながら早め早めの計画・行動を取る方が良さそうです。

【訪問記】旧宮之城線、入来駅跡付近をフラフラと(2019.02.05)

鹿児島滞在2日目は薩摩川内市内に足を運び、今回は旧入来町へ初めて訪れました。

51645315_2006814242770918_8916661387090984960_n


51330635_2006814332770909_315464802430353408_n

現在この地域に鉄道は通っていませんが、1987年1月までは国鉄宮之城線(川内-薩摩大口)が通っていたそうです。

あまり想像がつかないですが、鹿児島は当ブログでも過去に取り上げた旧南薩線や旧大隅線、旧志布志線など、今は路線バスとして運行されているものもかつては鉄道として運行されていた所が多いです。

もっとも筆者が生まれる前の話であり、鹿児島を訪れるようになったのも実は5~6年くらい前からと比較的最近なのでリアルには分かりませんが、もし鉄道として残っていればどのような雰囲気だったのか想像することがあります。

51730762_2006814212770921_1827718762967597056_n

この山と民家と畑の光景、筆者は好きだったりします。
昔、小学生のころまでだったでしょうか、母方の祖父の地元である群馬に帰省していた頃を思い出します。
今はその祖父も横浜に住んでおり、帰省する機会が無くなってしまいました。

51325149_2006814302770912_6539389403842740224_n
入来には温泉もあります。今回は鹿児島市内に戻る前、湯之山館さんにお世話になり、一風呂浴びてきました。

51281523_2006814099437599_1400360540533948416_n


51407869_2006814162770926_6252838286889320448_n

700年の歴史がある温泉だそうで、薩摩のお殿様や大久保利通も利用していたそうです。
入浴料は大人270円と気軽に利用出来る日帰り温泉でした。
お世話になりましたm(_ _)m

【訪問記】今年初めて"第2の故郷"へ(2019.02.04~02.06)

今年初めて筆者の"第2の故郷"である鹿児島を訪れてきました。

筆者は鹿児島に居住した経験はありませんが実父は鹿児島市の出身で、上京するまで住んでいた当時の話をよく聞いたものです。

筆者が生まれるはるか前に鹿児島の家は処分してしまったそうなので、筆者が子どもの頃、家族で鹿児島へ帰省するという経験はありませんでした。

51545765_2008162305969445_4684789230843461632_n

51316403_2008163065969369_7501874412187025408_n

滞在中は天候に恵まれました。雲一つない快晴の時間帯もあり、桜島が雄大でした。
桜島を見ると、何故かホッとしてしまいます。
2月4日は、雲一つない桜島をバックに、2020年鹿児島国体開催に関する動画の撮影が行われていました(写真2枚目)。

51281557_2008162029302806_485314893377961984_n

51287876_2008162172636125_2253052299163205632_n

51185582_2008162232636119_9057783253544468480_n

51393291_2008162265969449_5536064955935096832_n

鹿児島滞在中、2度ほど桜島フェリーで桜島に渡り、いつもお世話になっている古里温泉・桜島シーサイドホテル。
錦江湾を一望出来る露天風呂に浸かり、何も考えずゆっくり過ごすのが筆者にとっては至福のひと時です。でも、時間が経つのもあっという間でした・・・。

プライバシーポリシーと免責事項