しがない庶民の独り言

どこにでも居るしがない庶民です。趣味の旅行(訪問記)や地元神奈川ネタ、時事問題、社会問題など、完全不定期で投稿中。

【独り言】改めて災害時の備えを確認!

先週の台風15号関東直撃から明日で10日。
東電が発表している情報によると千葉県ではおよそ未だ3万6000軒が停電状態にあるようです。
関東地方に襲来する台風としては記録的な強さと言われています。
2010年代以降、これまで想定されていなかった大地震の頻発や、ゲリラ豪雨やゲリラ豪雪など気候の極端化が叫ばれる今日、台風15号の被害は教訓にしなければいけないと思います。

さて、筆者宅では改めて災害時の備えを確認です。
家具の固定、懐中電灯や電池、非常用充電器の用意、ラジオの準備など、色々取り組まなければいけないことが多岐に渡りますが、今回は非常用の飲料水をチェックしました。

DSC_0630



DSC_0629

台風15号では大規模停電と共に断水も発生しました。
断水により十分な水分補給が出来ず、熱中症を引き起こし犠牲となってしまった方もいらっしゃるようです。

非常用飲料水は1日3日分(1日3リットル)が目安と言われています。
今日18日の天気予報等によると、沖縄の南では熱帯低気圧が発達を開始し、台風17号になる可能性もあるとのこと。
もちろん台風が来なければ一番良いのですが、次の台風が来る前に非常用の飲料水は改めてチェックしておきたい所です。







【北海道訪問記】日本最北端、稚内へ初訪問【2017年10月】

前回に引き続き過去の話で恐縮です。
2017年10月に北海道を訪れる機会があり、以前から訪問を考えていた日本最北端の稚内へ初めて足を踏み入れました。

9641017_2268774246_225large


9641017_2268774244_44large

9641017_2268774242_41large
(2017年10月13日:北海道稚内市ノシャップ岬にて撮影)

せっかく稚内に来たのでノシャップ岬へ。
天候が良好であれば西に位置する離島の礼文島や利尻島が見えるそうですが、今回は天候が悪く見られませんでした。

9641017_2268774236_185large

9641017_2268774232_222large

9641017_2268774227_109large

9641017_2268774229_160large

IMG_7839

IMG_7840

wakanai
(2017年10月14日:北海道稚内市宗谷岬にて撮影)

翌日は宗谷岬を訪れ宗谷海峡を眺めてみます。
写真では殆ど分からず恐縮ですが、海の向こうには、かすかにロシア・サハリン島(樺太島)が見えました。

宗谷岬とその対岸に位置するクリリオン岬との間の距離は43キロしか無いそうです。

当日日中の気温は確か10度を少し超えるくらいで、冬の到来が間近であることを感じさせるような寒さ。
写真6枚目に写っている鳥が寒そうに羽を震えさせていたのが印象的でした。

9641017_2268777914_90large

9641017_2268775011_89large

9641017_2268775008_196large

9641017_2268775007_120large

この時の訪問は宗谷本線の未乗車区間であった士別~稚内間を制覇することも目的の1つでした。
稚内から南の終着駅となる鹿児島の枕崎駅までおよそ3100キロ・・・、日本も広大ですね。
鹿児島の枕崎(←2018年4月8日投稿記事に飛びます)も良い所です。

【北海道訪問記】"秘境"小幌駅を訪問【2015.08.04】

過去の話で恐縮ですが、今からおよそ4年前の2015年8月上旬を北海道へ旅行する機会がありました。

この旅行前に偶然、テレビ番組で、”秘境”小幌駅が2015年10月で廃止の可能性?と言う内容の報道を目にしていました。
もしかしたら最初で最後のチャンスになるかもしれないと思い、この機会に訪問してみることにしました。
尚、その後、豊浦町から同駅の維持費負担等の支援の表明もあり結果的に2015年10月の廃止は免れ、記事執筆時点でも存続しています。

9641017_2188619767_210large


9641017_2188619764_185large

9641017_2188619763_143large

9641017_2188619753_211large

両方向からトンネルに挟まれ、緑生い茂る木々の中に位置する小幌駅。
同駅へと通じる車道も歩道も存在せず、列車でしか行けないと言う、旅行前に目にしたテレビ番組で取り上げられていた通りの秘境駅でした。
外界に通じる道が無い、携帯電話の電波も通じなくはないものの非常に弱く、外界から遮断された空間と言っても過言ではない場所だと思います。


9641017_2188619751_17large

9641017_2188619750_180large

9641017_2188619749_107large

9641017_2188619759_219large

9641017_2188619757_18large

9641017_2188619755_120large
(写真は全て2015年8月4日:北海道虻田郡豊浦町JR小幌駅にて撮影)

Wikipedia等を参照すると、同駅周辺にかつては町営キャンプ場や海水浴場が設置されていて、海岸沿いにも民家が存在したようです。

現在は山菜採集目的や内浦湾での釣り目的での同駅利用者が稀に居るくらいで、2012年度の同駅での乗車人員の平均は0人とのこと。
ただ筆者が訪れた時は、先述のテレビ番組での報道から時間が経過していなかったこともあり鉄道ファンや家族連れの方が多く訪れていました。