しがない庶民の独り言

どこにでも居るしがない庶民です。趣味の旅行(訪問記)や地元神奈川ネタ、時事問題、社会問題など、完全不定期で投稿中。

【訪問記】JR気仙沼線・大船渡線の不通区間廃止へ【2015.06.06】

今月12日、JR東日本はJR気仙沼線の柳津~気仙沼間、及び大船渡線の気仙沼~盛間の廃止を国交省に届け出たことを発表しました。

いずれも2011年3月11日に発生した東北地方太平洋沖地震(東日本大震災)で被災し、不通となっていた区間です。

本記事では、東日本大震災の発生から4年3か月後、2015年6月6日にJR気仙沼線沿線を訪問した時のことについて触れてみたいと思います。

9641017_2159584375_78large


9641017_2159582142_128large


9641017_2159582136_142large


9641017_2159582129_142large

JR気仙沼線柳津駅の様子です。
先述の通り、同駅から気仙沼駅の間は、2011年3月11日の東日本大震災で生じた大津波によって被災し、鉄道としては不通となっていました。
現在この区間は、2012年8月からはBRT(バス高速輸送システム)として運行されています。

尚、2015年6月27日からは、気仙沼線BRTの15往復分のうちの10往復が柳津駅から前谷地駅まで延伸されたようです。

9641017_2159584372_245large

uanaidu

柳津駅から気仙沼駅方面を覗いてみます。
この先の停止信号、そして線路を塞ぐ倒れた樹木は震災の爪痕を色濃く感じさせるものでした。
現実的に厳しいことは分かっていましたが、線路が再び繋がればと思っていたところでの廃止届出発表でした。

9641017_2159582120_208large

9641017_2159582110_43large

9641017_2159582125_105large

9641017_2159582104_46large

9641017_2159582092_28large

この日は気仙沼線BRTに乗車し、志津川地区へ向かいました。

この志津川地区は、東日本大震災による大津波で極めて甚大な被害が発生した地域の1つです。
写真3枚目の仮設商店街の南三陸さんさん商店街と気仙沼線BRTの志津川駅がある以外、殆ど何もありませんでした。

11214027_773078642811157_6582774681089746350_n

3階建ての南三陸町防災対策庁舎も大津波に建物が丸ごと巻き込まれ、殆ど骨組みだけの無残な姿に。
こちらは震災遺構として保存が決まっているようです。

大津波襲来直前まで町民に対し庁舎から避難の呼びかけを行い、津波から逃げきれず、犠牲となった職員の方もいらっしゃいます。
これは"防災庁舎の悲劇"として震災関連の報道で触れられることがあります。

この光景を目にし、あの大津波がどれだけのものだったのか、想像しただけでも恐ろしく、改めて被災地の厳しい現状を実感した次第です。

(写真は全て2015年6月6日:宮城県登米市・南三陸町にて撮影)

【熊本訪問記】阿蘇山も噴火活動活発【2019.11.06】

南九州放浪、全ての予定が終わり、残念ながら帰路につくことになりました。

阿蘇熊本空港からの航空便に搭乗予定で阿蘇方面へ向かったのですが、この日は阿蘇山の噴火も見られました。

IMG_7201

74806855_2469066909878980_860371100024963072_o

IMG_7203

火口付近からは噴煙が絶えることなく上がっていました。
噴火は小規模なもので観光や航空機の運航などには特に支障ありませんでした。

南九州放浪中も鹿児島・桜島の爆発的噴火や薩摩硫黄島の噴火が報じられましたが、熊本・阿蘇山も火山活動が活発なようです。
筆者の地元神奈川にも箱根山がありますが、やはり日本は火山大国であることを実感します。

2014年9月の御岳山噴火から5年。

これをきっかけに時には過剰なのでは?と思うほど、国内の火山で噴火が起きるたびに大きくニュースで報道されるようになりました。
2015年に神奈川・箱根山でごく小規模な噴火が起きて警戒レベルが2から3に引き上げられた時も大騒ぎでした。

無論、活火山には注意が必要ですが、必要以上に恐れず、冷静に過ごしたいものです。

(写真は全て2019年11月6日:熊本県阿蘇市阿蘇熊本空港にて撮影)

【熊本訪問記】熊本城周辺を散策【2019.11.06】

山鹿温泉から熊本市へ戻ります。
この日搭乗予定の航空便の出発時間まで時間があったので、少し熊本城付近を散策してみることにしました。

IMG_7154

IMG_7156

IMG_7158


2016年4月の熊本地震で大きく被災した熊本城。
あの地震からおよそ3年半が経過しました。

今年の10月から原則、復旧工事が行われない日曜日・祝日限定で一部が特別公開されるようになったそうです。
この日は平日だったので特別公開はありませんでしたが、タイミングが合えば一度、見学してみたいところです。

kumamotozyo



IMG_7187


IMG_7183

IMG_7174


IMG_7185

熊本城復旧に関するプロジェクトや工事が進められています。
一方、地震により石垣や塀などが崩落したままの箇所も多く見られました。

今年も残り1か月半となりましたが、立て続けの台風や豪雨など多くの自然災害が国内で起きました。
無論、自然災害は避けられません。
しかし一度、何らかの災害で被災してしまうと復旧や復興には困難が伴い、また膨大な時間と金額がかかることを改めて実感します。

(写真は全て2019年11月6日:熊本県熊本市中央区・熊本城付近にて撮影)