しがない庶民の独り言

どこにでも居るしがない庶民です。趣味の旅行(訪問記)や地元神奈川ネタ、時事問題、社会問題など、完全不定期で投稿中。

【時事】ANA、21年春卒業予定者の採用活動中止

7月10日、ANAから21年春卒業予定者の採用活動中止が発表されました。

DSC_1142
(2020年2月4日:鹿児島県霧島市溝辺・鹿児島空港にて撮影)

理由は新型コロナウイルスの世界的な感染拡大による事業環境の悪化。
そして影響の長期化が懸念されるためとしています。
今年5月に採用活動の一時中断が発表されていましたが、中断前に内定を出した600人の採用は取り消さないとのこと。

今年の春先の異常な自粛政策。特に東京都。
テレビやインターネット上などで宗教のように唱えられていた「ステイホーム」「おうち時間」の結果です。

春先、経済活動や企業活動を含め、何でも"STOPさせることしか出来なかった"政治。
リストラ・倒産・就職難の嵐は新型コロナウイルスそのものよりも恐ろしいものになるでしょう。

仕事はボランティアではありません。
ANAの採用活動中止はあくまで一例です。
航空業界や旅行業界だけでなく、あらゆる業界でこういった動きが波及する可能性も視野に入れなければいけません。

2021年卒業予定者の就職活動は空前の売り手市場から一転、超氷河期。
これまで経験のない未曽有の厳しい就活を強いられそうです。

この状況を打破するために我々庶民は何が出来るか?

まず、"コロナヒステリー"から脱却することです。
新型コロナは不治の病でも難病でもなく"風邪"。
多くが自然治癒するものであり、健康な方が恐れる必要などありません。

次に「ステイホーム」や「おうち時間」を止め、外に出よう!
健康のために日光を浴び、そして物を買ったりサービスを受けたりし経済を動かそう!
7月22日からGoToキャンペーンが始まりますが、これらを活用して旅に出るのも良いでしょう。

身近なところから経済を回し、リストラ・倒産・就職難の嵐を回避しよう!

【時事】ブラジルのボルソナロ大統領が"風邪"に感染

ブラジルのボルソナロ大統領が"風邪"に感染!
新型コロナは「ただの風邪」。

IMG_20200709_173220
(2020年7月9日:神奈川新聞3面より引用)

ブラジルのボルソナロ大統領が7月7日、自身が新型コロナウイルスに感染したことを明らかに。
日本でも大きく報道されました。

ボルソナロ大統領は新型コロナウイルス"COVID19"が確認された当初から、

・コロナはただの風邪かインフルエンザみたいなもの

・自身のアスリート経験からすれば感染しても心配ない

・経済が機能しなければ自殺など別の要因で死ぬ人が出てくる


などと主張し、感染症対策ではなく経済重視の姿勢。
感染症対策として隔離政策や商業活動の制限などを主張した保健相2人を短期間で更迭。
当然、国内外からボルソナロ大統領のこの姿勢を、"コロナ軽視"などと批判する声が挙がっています。

ただ筆者はこの姿勢、全て間違っているとは思えません。
「失業問題もあり、経済を回していかなければいけない」という考えにはむしろ賛同しています。

もっとも衛生環境や医療水準などは国それぞれ。
どのような感染症も、医療後進国などでは感染症対策を軽視すれば、甚大な被害をもたらすことになるでしょう。

しかし日本において新型コロナウイルスは不治の病でも難病でもなく、"風邪"。
当然、風邪で経済や社会を止めたり、学校を休校する必要もありません。

いわゆる"STOPさせることしか出来ない"政治で日本では倒産、失業、就職難の大嵐となってしまいました。
絶対にあってはならないことですが、経済的な困窮が理由による自殺者が出たり、犯罪に走る人が出てきてもおかしくはありません。

これらを回避するにも経済を回すのは必要必急であります。

7月9日、記事執筆時点で東京は224人、大阪30人、神奈川25人の新型コロナウイルス陽性者が確認されたそうですが、だから何?。

政府は予定通り7月10日からイベント開催を緩和する方向だそうですが、緩和ではなく直ちにイベント制限など撤廃せよ!

音楽業界やエンタメ業界、イベント業界などは「コロナ」「五輪開催」「五輪延期」の三重苦で死活問題でしょう。

東京ビックサイトや幕張メッセが長期に渡り使用制限がかかり会場確保も出来ず、コロナでライブやコンサートなども開催出来ないとなると収入は殆どゼロ。
これらの業界は自らの仕事や業界を守るためにも、もっと声を上げるべきではないでしょうか。

逆にこの状況の中、三密不可避で世界中から人が往来する五輪だけは開催ありきなのは、どう考えても不自然ですね。

あくまで五輪開催可否の権限はIOCですが、「新しい生活様式」「新しい日常」「新しい旅のエチケット」など完全定着なら五輪中止一択です。

【訪問記】久々の霧島・硫黄谷温泉へ(2020.07.03)

健康のため、そして経済を回すため#外に出よう!

前々回、こんなタイトルで日記を投稿しました。
筆者はどこへ行ったのでしょうか??

今回の日記はその答えです。

DSC_1803

DSC_1804

DSC_1805

DSC_1809

2月以来、およそ5か月ぶりに鹿児島県にお邪魔しました。
今回は悪天候だったこともあり、久々に霧島の温泉の日帰り入浴でゆっくり過ごす時間を作ってみました。

霧島市牧園町にある硫黄谷温泉の霧島ホテル
4~5年ぶりにお世話になりました。

14の源泉から溢れ出る豊富な湯量。
明礬泉や硫黄泉、黄金風呂など、たくさんの種類のお風呂があるのですが、やはりかけ流しの大浴場が一番のんびりできます。

IMG_20200703_172916

※この画像はイメージです。浴場内撮影禁止のつき、この入浴券画像で大浴場のイメージをお願いします。

かけ流しの大浴場でゆっくりするのもOK。
たくさんある種類のお風呂を楽しむのもOKです。
筆者は前者。骨の髄まで温泉に浸からせていただきました。

この温泉、一度行くとまた行きたくなってしまいます。
また訪問する機会を作らなければいけません。

(写真はすべて2020年7月3日:鹿児島県霧島市牧園町付近にて撮影)

プライバシーポリシーと免責事項