しがない庶民の独り言

どこにでも居るしがない庶民です。趣味の旅行(訪問記)や地元神奈川ネタ、時事問題、社会問題など、完全不定期で投稿中。

【独り言】新型コロナウイルス、風評被害も懸念

IMG_7892

yokohama

(2020年2月23日:横浜市中区・大桟橋付近にて撮影。)

新型コロナウィルスの感染源となってしまったクルーズ船。
2月23日現在も大黒ふ頭・客船ターミナルに停泊しています。

この大黒ふ頭・客船ターミナルは本ブログでも過去に取り上げたことがありますが、2019年4月に供用開始となったばかりです。
あと1か月ほどで供用開始から1年となります。

横浜の海の新たな玄関口として注目されるはずでした。
しかし新型コロナウィルスの感染源として注目されてしまい、現在も大きく報じられているのが現状です。

このような事態が起きた時、懸念されるのは二次被害(風評被害)です。

連日繰り返されるマスコミの視聴率稼ぎの野次馬報道、SNSなどネット上での不正確な情報、誤った情報の拡散。

学校や職場、地域でいじめが起きたり、個人タクシーの営業に支障が出るなどの事例を耳にします。
マスコミの野次馬報道がマスクや消毒液を品薄にさせたりしています。
感染者が出た地域の医療機関などにマスコミ押し寄せ、現場を混乱させるリスクも考えられます。

全国各地で予定されていたイベントが中止・縮小されるのも主催者側からすればやむを得ません。
一人でも感染者が出れば、すぐマスコミに面白おかしく取り上げられてしまいます。
マスコミはそれが仕事なのでしょうが、風評被害を生じさせ、経済に悪影響を与えることにもなります。

新型コロナウイルス感染症。果たして終息はいつ?

感染自体もですが、同時に我々は野次馬報道や誤った情報、不正確な情報に翻弄されないよう気を付けないといけません。

【雑記】2.23は天皇誕生日。そして"富士山"の日【2020.02.23】

2月23日は天皇誕生日。

本来であれば皇居で天皇誕生日の一般参賀が行われるはずでしたが、新型コロナウイルスの感染拡大で中止に。
その他のスポーツ大会やイベントも中止や延期、規模縮小の動きが全国各地で相次いでいます。

連日繰り返される報道の影響もあるのでしょう。
今、あらゆるものを中止せよ、自粛せよという風潮になっています。
先が見通せませんが、中止や自粛の風潮が長引けば長引くほど経済に深刻な影響を及ぼしてしまいます。

早く終息してもらいたいものです。

さて、同日は天皇誕生日であると同時に"富士山"の日でもあります。
筆者の地元横浜市から見える富士山が綺麗でした。

IMG_7846

IMG_7843

IMG_7848

IMG_7850

丹沢山地の向こうに富士山がはっきりと見えます。
今冬は記録的な暖冬ですが、空気が澄んでいて雪に覆われている富士山を見るとやはり寒い時期であることを実感します。

早く暖かくなってもらいたいですが、22日に関東地方で春一番が吹いてから花粉症の症状が本格的に出て来ました。
マスクの品薄により花粉症の症状を抑えられないのも困ったものです。

(2020年2月23日:横浜市瀬谷区・相鉄三ツ境駅付近にて撮影)

【独り言】どうなる?2020年夏の東京五輪。

caec770d-s
(2019年8月19日:東京都南区JR新橋駅SL広場にて撮影。画像はイメージです)

新型コロナウイルスの感染者数が日本国内でも日に日に増えて来ております。

日本国内でクルーズ船から下船した乗客や船内の出入りした厚労省職員のウイルス検査漏れが報じられています。
このことについては特に国外から厳しい声があがっているようです。

また、各スポーツ紙によるとサッカーU23南アフリカ代表が新型コロナウイルスの影響を踏まえ日本遠征拒否の姿勢を見せている模様です。
3月27日に予定されている親善試合が中止となる可能性も浮上しています。

さて、2020年夏の東京五輪はどうなるのでしょう?
開催の可否などに関してはIOCが強い権限を持っています。
日本政府が決めるものではありません。

昨年10月、IOCの鶴の一声でマラソンの開催地が突然、東京から札幌へ変更することが発表されました。
理由は猛暑回避というものでした。
結果としてIOCから東京の夏の気候はマラソンを行うには不適切であると判断されてしまったわけです。

現時点でIOCは五輪中止や開催地の変更、無観客などは検討していないとされています。

過去の五輪は、戦争以外の理由で中止や延期になったことは一度も無いそうです。
感染症拡大で中止になった事例もありません。
一部で囁かれているような五輪中止や返上は今のところ、現実的ではありません。

ただ、サッカーU23南アフリカ代表のように、新型コロナウイルスを危惧した海外の選手団の来日拒否(ボイコット)はあり得るでしょう。
ボイコットの数が多くなり、思い描いた盛り上がりとは裏腹に、非常に閑散とした東京五輪となる可能性は否定出来ません。

有効な薬も無く、対処の使用が無い新型ウイルスが蔓延している国へなど行きたがらない、行かせたくないと考えるのは当然です。

それにスポーツ選手はドーピングの関係で迂闊に薬を服用出来ませんし、極限まで体脂肪を落としている人も多いでしょう。
結果、低体温化・免疫力の低下を起こし感染症を引き起こしやすくなり、悪化するリスクも高くなるはずです。
選手村で新型コロナウイルスが蔓延し、集団感染を発生させ、それが更に飛び火するリスクも考えられます。

新型コロナウイルスは日本国内であれば健常者が感染しても致死率は極めて低く、殆ど命に関わるものでは無いとされています。

しかし海外と日本では医療水準や衛生水準、物事の解釈も異なってくるはずです。

今、海外からはかなり厳しい目で見られているということは間違いありません。
日本政府は何としても開催を目指すでしょうが、開催ありきではなく様々なシナリオを想定しなければいけないのではないでしょうか。


プライバシーポリシーと免責事項