しがない庶民の独り言

どこにでも居るしがない庶民です。趣味の旅行(訪問記)や地元神奈川ネタ、時事問題、社会問題など、完全不定期で投稿中。

【暮らし】台風19号襲来から1年

これまで静岡・関東地方に襲来したものとしては"歴代最強"。
2019年台風19号襲来から丸1年が経過しました。

IMG_6647

台風19は東日本から西日本の広範囲に大きな爪痕を残しました。

本ブログでも複数回取り上げた多摩川の氾濫や千曲川の氾濫。
神奈川・箱根での記録的な豪雨など、被害の内容も多岐にわたりました。

千曲川の氾濫で長野県長野市にある北陸新幹線の車両基地が水没し新幹線車両も浸水した事例。
神奈川・箱根登山鉄道では沿線各所での土砂崩れや宮ノ下~小涌谷の陸橋が崩落。
およそ9か月間箱根湯本~強羅間で不通となってしまった事例が思い出されるところです。

政府は2019年9月の台風15号(令和元年房総半島台風)による被害と共に激甚災害に指定。
気象庁は台風19号を「令和元年東日本台風」と命名しています。

IMG_6631

IMG_6596

台風19号襲来からおよそ2週間後に撮影した多摩川・兵庫島公園付近の様子です。

あちらこちらに流された樹木が散乱したままで、ウォーキングコースも泥だらけ。

普通に歩くのも難しい、危険な状態でした。

IMG_6590

かなり大きく頑丈そうな木々も最強クラスの台風では簡単にへし折られ、流されてしまうことが分かります。

IMG_6627

IMG_6625

河川敷にある野球場やサッカー場も大きく浸水。

サッカーゴールが押し上げられたり、設置されていた場所から完全に流されて、サッカー場から離れたところに倒れ、樹木が巻き付いているものもありました。

サッカーゴール、かなり重みがあると思われます。

それも簡単に流されてしまっている様子を見返してみると、いかに台風19号が凶暴で、暴風被害や水害が恐ろしいものであるかということを痛感します。

台風19号に匹敵するような凶暴な台風、二度と来ないことを祈るばかりです。

(2019年10月26日:東京都世田谷区・二子玉川駅付近の多摩川散策路にて撮影)

【独り言】劇団や寮の新型コロナクラスター急増。

劇団や寮の新型コロナクラスターが急増しているとのこと。
しかし、だから何?という印象です。

IMG_20201012_214020
(2020年10月12日:FNNプライムオンライン記事より)

無症状や軽傷で毎日毎日懲りずに目くじら立てて大騒ぎ。
コロナは不治の病でも難病でもなく"風邪"。
1日に何百人、何千人陽性反応が出ようが大した問題ではありません。
また、どんな方法をとっても"ゼロリスク"にはなりません。

不治の病でも難病でもないのに政府はいつまでも指定感染症(2類相当)からの除外を渋ります。
ここが最大の問題であり、批判されるべきなのです。

2類相当の扱いとなると検査で陽性となれば無症状であっても原則隔離となります。

その結果、病院数や病床数が不足したり、自粛警察やコロナ自警団が湧いてきて風評被害が起きるのは当然です。

10月12日、台風19号(令和元年東日本台風)襲来から1年を迎えました。
もしあの時点でコロナ騒動が起きていて、指定感染症とされていたらどうなっていたことでしょう?

"密を避ける"などという理由で避難所の受入人数が制限され、避難指示や勧告が出ているのに避難不能というケースもあり得ます。

実際、今年9月に西九州に接近し、長崎・五島列島に直撃したた台風9号・10号でこのような事例が取り上げられ、問題視されたことは記憶に新しい所です。

こういった所からも新型コロナの指定感染症継続の弊害を強く感じます。

政府は新型コロナの指定感染症からの除外、いつやるの?

【雑記】台風14号は生まれ故郷へUターン?

台風14号は生まれ故郷へUターン?

先週前半、10月10日・11日ころの静岡・関東平野直撃の進路予想も出ていた日もありました。
実際は予想よりも進路がかなり南に逸れ、伊豆諸島南部付近を通過。

首都圏への台風直撃という最悪のケースは避けられました。

しかし台風のスピードが遅く、台風由来の暖湿気で秋雨前線の活動も活発化したのでしょう。
本降りの雨が10月7日午後から10日夜にかけて降り続きました。

IMG_20201011_103710
(2020年10月11日:横浜市内にて撮影)

およそ4日間続いた本降りの雨もようやく止みました。
まだ雲が多いですが青空が見える時間帯も。

2014-00 (1)
(2020年10月11日:気象庁公式ホームページ台風情報より引用)

記事執筆時点で台風14号は八丈島の南南東130kmの海上を東進。
暴風域は消滅しましたが、静岡県伊豆半島の一部、神奈川県三浦半島の南端、千葉県房総半島南部、そして伊豆諸島が台風14号の強風域に入っています。

また、10日は伊豆諸島の三宅島と御蔵島に大雨特別警報が発表されました。

11日に入り特別警報は解除されましたが、長く降り続いた雨で地盤が緩んでいる地域もあろうかと思われます。
注意することは多岐にわたりますが、中でも土砂崩れのリスクが高まることが予想されます。

台風14号は11日夜、生まれ故郷の日本の南海上へUターン?するように南進し、12日朝には熱帯低気圧に降格する予想です。
そのまま消滅するのか、南海上で復活台風となり、再度日本列島に何らかの影響を与えるのか、まだはっきりしていません。



日本列島は10月に入り肌寒い日も増えてきましたが、まだまだ台風シーズン。
気疲れしてしまうところですが、災害の備えを怠ってはいけません。

プライバシーポリシーと免責事項