しがない庶民の独り言

どこにでも居るしがない庶民です。趣味の旅行(訪問記)や地元神奈川ネタ、時事問題、社会問題など、完全不定期で投稿中。

【独り言】"政治決断"で新型コロナを指定感染症から除外せよ!

10月1日から東京もGoToキャンペーンの対象に加わることが9月25日、正式決定しました。
既に9月18日からは東京発着の旅行商品の発売が旅行会社などで開始されています。

IMG_20200925_220151
(画像はイメージです)

ネット上でも旅行商品の広告ページが次々と出てきます。

加えて、文化芸術やスポーツなどのイベントのチケットを購入することでその金額の2割相当の割引や区^分の発行を受けられるGoToイベントキャンペーンも10月中旬から開始の方向とのことです。

GoToトラベルキャンペーンもイベントキャンペーンも、躊躇せず実施してもらいたいと思います。
ただそれと同時に、

・新型コロナの指定感染症からの除外(もしくは2類相当から5類相当への降格)

・イベント制限の全面撤廃。


この2点をやらないと辻褄が合いません。

7月末から8月の夏休みの時期にかけて、新型コロナの陽性判明者が全国各地で激増したのは記憶に新しい所です。

この時、政府はGoToトラベルキャンペーンなどを使ったで旅行を推進。

一方、東京や沖縄など一部の都府県では緊急宣言事態下のような自粛要請、休業要請、時短要請を行うなど、政府と行政で方針が矛盾する事態になりました。

中には理由や経緯問わず、新型コロナのクラスター発生ならさらし首となる条例を作った県も現れました。

行政まで新型コロナの感染者や陽性反応者、クラスター発生施設への誹謗中傷に加担。
とんでもありません。

これらは新型コロナに乗じた権力闘争や選挙目当てのパフォーマンスなのかもしれませんが、そもそも新型コロナは風邪。
難病でも不治の病でもないのは明らかです。

風邪は対症療法、そして何よりも"自助"が基本。
マスクもフェイスシールドも薬も、風邪感染のリスクがゼロとなったり、風邪を治すものではありません。

軽傷や無症状でもSARSや結核、鳥インフルエンザのような、検査で陽性ならば原則隔離となる2類相当の扱いになっていること自体、ナンセンスなのです。

政府や厚労省は10月に入ってから政令改正で指定感染症の運用を見直し、重症者や重症リスクの高い人に特化したものにするとしています。

まだ指定感染症を継続させる気か?と思う所ですが、政府は"政治決断"でGoToキャンペーンを推奨するなら、それと同時に新型コロナの指定感染症解除も行うべきです。

【独り言】IOCも"欲しがりません勝つまでは!?"

IOCも"欲しがりません勝つまでは!?"

9月22日に発表されたIOCバッハ会長の「ワクチンが無くても東京五輪は安全に開催出来る」という旨の書簡が話題になっています。

この書簡の前には、IOC古参委員コーツ氏の「新型コロナに関係なく東京五輪は開催」という発言が報じされ、批判の声があがりました。

無題
(画像はイメージです。2020年9月13日撮影)

2021年夏にやるのか、やらないのか?
延期された東京五輪は予定として残っています。

早く決めてもらわないと、アスリートやその関係者、協賛企業関係者など、多くの人が困ります。

たとえば五輪の予定が残っていることで、東京ビックサイトや幕張メッセなども使用が大きく制限されています。

延期により制限がかかる期間も2021年11月までとなる見込みです。

コロナ騒動が無くてもコミックマーケットやライブ、コンサートの開催に支障が出ています。

音楽・エンタメ・展示会業界などは「五輪開催」「五輪延期」「新型コロナ」の三重苦でしょう。

同じスポーツでも、例えばプロ野球の2021年の日程編成にも悪影響を及ぼすはずです。

まず、五輪野球の会場や資材置場となるため、五輪前後の期間は横浜スタジアムと神宮球場が使えなくなります。

このことからDeNAは今季、東京ドームでの主催試合も組まれていたくらいでした。

また、2020年に五輪が通常開催されていれば、五輪期間中はシーズン中断となる予定でした。

2021年に延期された五輪をやるのかやらないのか宙ぶらりんのままでは、2021年公式戦の日程も組めないでしょう。

実際にはNPBは2021年は五輪開催、もしくは五輪中止となった場合のパターンを想定しているのかもしれませんが、いずれにしても雲をつかむような作業になりそうです。

それに上記2つの球場は、夏の全国高校野球選手権神奈川大会や東西東京大会でも使用されます。

神奈川や東京の高野連も難しい調整を余儀なくされそうです。

2021年は新型コロナやワクチンに関係なく東京五輪開催というのはIOCの総意なのか。

それとも開催国である日本、開催都市である東京。
そして世界各国の反応を探るためのいわゆる"観測気球"なのか。

開催可否などすべての権限を持つのはIOC。

責任をもって早急に決断を下し、公式に発表する義務があるはずです。

【独り言】何でもオンラインやテレワーク、本当に良いの?

横浜市西区のみなとみらい21地区にあるいちょう通り。
神奈川大学の「みなとみらいキャンパス」の建設工事が進んでいます。

IMG_0646
(2020年9月17日:横浜市西区みなとみらい21地区いちょう通りにて撮影)

2021年4月の開設が予定されているとのことです。

建設中のキャンパスを偶然見かけて、改めて思うことがあります。

何でもオンラインやテレワーク、本当に良いの?
教育機関なら新型コロナ騒動に乗じた"オンライン授業"。
特に大学で顕著のようです。

秋以降、文科省が対面授業の実施を呼びかけても8割程度の大学が対面授業とオンライン授業の併用にする方針と言われています。

教科書やテキストに載っていることなら、確かにオンライン授業である程度、賄えるのでしょう。
通信制の教育機関であれば、それを前提として入学しているので、全ての内容をオンライン授業で行っても全く問題ありません。

しかし通信制でもないところでオンライン授業ばかりに頼るのは如何なものか?
他者とのコミュニケーションやフィールドワークなどは、対面であったり外に出なければ出来ないことです。

大学に対し授業料を返せ!もしくは減額しろ!と言う声が学生やその保護者から出るのは当然です。

良い点でもあり悪い点でもありますが、日本人は全体主義。
個人で何かをするのが苦手で、まとまって繋がっていないと不安になる国民性であるとされています。

フェイス・トゥ・フェイスの関係の重視。
自分自身で現場や会いたい人の所へ出向き、話をするのが日本人のやり方です。

日本人の長年のやり方をすべて否定し、無理やりオンライン授業やテレワークを導入しようとしても国民性に合わず、上手く行かないでしょう。
これは春先に叫ばれた「9月入学」や「オールキャッシュレス」などにも同様のことが言えます。

もっとも大学側が対面授業を渋り、オンライン授業という方法に頼ること自体、新型コロナのクラスター発生を恐れ、さらし首にされたくない面があるはずです。

背景や経緯関係なく、クラスターが発生すればさらし首。
陽性ならば原則隔離となる新型コロナの指定感染症(2類相当)継続の弊害と言えます。

プライバシーポリシーと免責事項