しがない庶民の独り言

どこにでも居るしがない庶民です。趣味の旅行(訪問記)や地元神奈川ネタ、時事問題、社会問題など、完全不定期で投稿中。

【独り言】人命と経済は社会の両輪である。

新型コロナウイルスに関し海外から帰国後、感染が判明した人を糾弾する声やライブ、イベントの通常開催を糾弾する声が頻繁に聞かれます。



「こんな時期に旅行や娯楽などけしからん」

「皆、頑張って我慢(自粛)している」


はっきり言って何の解決にもなりません。
殺伐とした風潮の中での八つ当たりそのものです。

改めてこのような横並びの自粛論や中止論、同調圧力の弊害を感じます。

IMG_20200328_225625
(画像はイメージです。)

最近だと3月22日のさいたまスーパーアリーナでのK-1通常開催について批判の声が多く出ているようです。
筆者からすれば、これこそ横並びの自粛論、同調圧力の最たる例。
横並びの自粛論や同調圧力で100パーセントの予防法やワクチンが出来るわけでもありません。

健常者であれば新型コロナウイルス自体よりも、横並びの自粛論や同調圧力の拡大により経済が停滞することで雇用を失い生活に困窮し、命に関わる事態に陥るリスクの方がよほど高いでしょう。

この春卒業予定の学生の就職内定取り消しも出て来ているようです。
2021年度卒業予定者の就職活動は空前の売り手市場から一転、超氷河期になる可能性が濃厚です。

自粛論者や中止論者の方の声で「経済をすべて止めてでも感染抑止を優先すべき」というものまで聞こえます。
もっともらしい声ですが、上述の現実やリスクから目を背けていると思います。

人命と経済は社会の両輪であり、どちらか片方が疎かになって良いというものではないというのが筆者の考えであります。

本ブログでは政府や行政からの長期にわたる外出や営業、イベントの自粛要請。
不安を煽るマスコミの過剰報道。
国民のマスクや消毒液、食品の買い占めに象徴されるような過剰反応には苦言を呈します。

【独り言】新型コロナ、行政の記者会見って必要なの?

国内で新型コロナウイルス騒動が起きてからそろそろ3か月。

経済状況の悪化やセンバツ中止、プロ野球開幕延期など暗いニュースばかり。
また横並びの自粛論や同調圧力が蔓延し殺伐とした世の中です。



DSC_1560


さて最近、ふと思ったのは、新たな感染者が確認された時の行政の記者会見って必要なの?ということ。
もちろん行政機関が秘密主義を貫き、感染の隠蔽を図ったり、表面上の感染者数を少なくするような裏工作は許されません。

しかし、感染者が確認された時、行政がそのたびに記者会見することで、逆に不安をあおり、風評被害を生じさせているのではないでしょうか。

景気の"気"は気持ちの"気"。

横並びの自粛論が蔓延し、経済が停滞してしまいます。
これは過去の記事でも散々書いた通りです。

一方、"気持ち"が乱され、庶民は冷静な判断が出来なくなります。
マスクや消毒用品など、飲料水などの買い占めが起き、需要に供給が追い付かなくなるのはその典型です。

行政は記者会見を開き庶民の不安をあおるくらいなら、プレスリリースで発表するだけで良いのでは?
正直はそう感じています。

いずれにしても一連の騒動が早く終息に向かい、自粛論や自粛ムードが一掃されることを願ってやみません。

(画像はイメージです。)

【独り言】2020年のプロ野球開幕は6月以降?

2020年のプロ野球。開幕目標は6月以降?
予定では3月20日(金)に開幕しているはずでしたが、新型コロナ騒動で延期となっています。




DSC_1582

開幕が待ち遠しい方も多いかと思います。
しかし今回、NPBは開幕日の決定に関してはかなり慎重になっていると思われます。

9年前の2011年3月11日に東北地方太平洋沖地震(東日本大震災)が発生しました。
この年は3月25日開幕予定でしたが、震災後、パ・リーグは4月12日に開幕延期を発表。
一方、セ・リーグは予定通り3月25日に開幕させようとして世間からバッシングされました。

結局、セ・リーグも4月12日に開幕を延期しましたが、この当時のトラウマもあるはずです。

新型コロナウイルス騒動で横並びの自粛ムードや同調圧力が広まる今日、開幕日の決定については慎重にならざる得ないのがNPBの本音と考えることが出来ます。

ただ、自粛論者・中止論者からの批判を極度に恐れたり、専門家の意見を全て聞き入れ、決断の先延ばしを繰り返していたらいつまで経っても開幕できません。

1週間や1か月で状況が好転するとは考えにくく、そもそも新型コロナウイルスもそれ以外のウイルスも完璧に予防する方法など無いでしょう。

プロ野球は観る方としては楽しみの1つですが、催行する方や選手としては"仕事"。
いずれ経営面での問題が生じてくるはずです。

2020年3月22日、さいたまスーパーアリーナで予定通りK-1が催行されました。
政府や埼玉県が何度か自粛を要請したものの、それを拒否して催行したと報じられています。
K-1は観る方とすれば楽しみの1つですが、催行者や選手としては重要な"仕事"でしょう。

同日のK-1に関しては「強行」や「決行」、そして「自粛要請無視」などと悪者のように報じるものが散見されますが筆者は「予定通りの催行」を支持しています。

仕事をしなければ収入になりません。

繰り返しになりますが、主催する方も、時には割り切りと覚悟も必要ではないでしょうか。

でないとプロ野球もJリーグも、ライブやコンサート、イベントなど何も出来ず、球団経営に問題が生じたりイベント会社が倒産して職を失い、経済的に困窮する人が大勢出て来るわけです。

人命が第一なのは言うまでもありません。一方、経済も同じくらい重要であり、人命と経済は社会の両輪。
筆者はそう考えています。

(写真は2020年3月22日:横浜市中区JR関内駅付近にて撮影)

プライバシーポリシーと免責事項