しがない庶民の独り言

どこにでも居るしがない庶民です。趣味の旅行(訪問記)や地元神奈川ネタ、時事問題、社会問題など、完全不定期で投稿中。

【訪問記】"良い風呂"の日に温泉へ。横浜・綱島(2020.11.26)

11月26日は"良い風呂"の日。
疲れが溜まっていたこともあり、良い風呂の日に温泉へ行くことにしました。

DSC_2260


DSC_2264

横浜市港北区樽町にある綱島源泉湯けむりの庄様へ。
神奈川最大級の日帰り温泉・岩盤浴施設です。

東急東横線綱島駅から徒歩18分。

綱島駅方向から鶴見川(大綱橋)を渡り、大綱橋交差点を左に曲がり県道140号線(川崎町田線)を鶴見方向にひたすら進むと見えてきます。
横浜市営バス・川崎鶴見臨港バスの「樽野谷」バス停前です。

DSC_2265

綱島駅駐車場と湯けむりの庄様を結ぶシャトルバスも運行されています。
先述の通り綱島駅から徒歩18分の場所ですので、シャトルバスの利用もお勧めです。


DSC_2261
DSC_2262

温泉はナトリウム炭酸水素塩冷鉱泉で、入浴すると肌がツルツルになります。
温泉の色は黒褐色(黒に近い茶色)です。

大浴場には多くの種類のお風呂があるのですが、筆者は露天岩風呂とうたた寝湯にゆっくり浸かりながら過ごすのが好きです。

DSC_2263

湯けむりの庄様温泉だけでなくフィットネスクラブも入っています。
筆者は"亀理論"を基本に生活していますが、身体を動かした後に入浴するのも良いでしょう。

IMG_2259

大綱橋から見た鶴見川の光景。写真右側が綱島駅方面です。
現在はマンションが多く建っており、住宅街となっています。

綱島の温泉入浴施設は筆者が知る限り、2020年11月時点ではこの記事で触れた「湯けむりの庄様」1軒のみです。

しかし綱島は東海道新幹線が開業する1960年代まで、神奈川県を代表する温泉郷であり、一番多い時期で70~80軒の温泉旅館が存在したと言われています。

マンションが建っている川沿いにも複数の温泉旅館が存在したようです。

筆者が生まれるはるか前の話であり、正直なところ全然イメージが湧かないところなのですが、今でも地下深くに豊富な温泉が眠っているのでしょうか。

(2020年11月26日:横浜市港北区樽町付近にて撮影)

【独り言】福岡ソフトバンク4年連続の日本一(2020.11.25)

プロ野球は福岡ソフトバンクホークス4年連続の日本一。
まさに鬼のような強さでした。

IMG_20201125_234240
(2020年11月25日:福岡ソフトバンクホークス公式サイトより)

11月25日、PayPayドームで日本シリーズ第4戦(ソフトバンク-巨人)が行われました。
4-1でソフトバンクが勝利し、2019年に引き続き無傷の4連勝で日本シリーズ4連覇を達成。

日本シリーズ4連覇はV9時代の巨人(1965年~1973年)以来2球団目。
パリーグでは初めてとのことです。

日本シリーズも2013年から2020年まで8年連続でパリーグ球団が制覇。

そのうちの6回はソフトバンク(2014年・2015年・2017年・2018年・2019年・2020年)が制覇。
残りの2回は楽天(2013年)と日本ハム(2016年)が制覇していますが、パリーグが圧倒しています。

一方セリーグでは不名誉な記録を更新しています。

・日本シリーズは2013年から2020年まで8連敗。

・2013年の第7戦(楽天対巨人)からパリーグ本拠地球場で19連敗。

・DH制採用試合で21連敗。

・同一球団(巨人)が史上初の2年連続4連敗ストレート負け。

筆者は基本的にアンチ巨人なのですが、このままではセリーグの在り方が問われてしまいます。

何故毎年、セリーグは交流戦(←2020年は中止でしたが)や日本シリーズでパリーグに圧倒されてしまうのか?
不思議で仕方がありません。

【暮らし】新型コロナ検査拒否なら罰則?都民ファ条例案

新型コロナ検査拒否、事業者がクラスターを発生させたら罰則?

IMG_20201124_225930
(2020年11月24日:時事通信社オンライン配信記事にて)

条例案が可決され、実際に施行されたとしましょう。

行政まで新型コロナの感染者や陽性反応者、クラスター発生施設への"私刑"に加担することになります。

例えば仮に学校や個人経営の小さな飲食店でコロナのクラスターが発生し、公表されたとします。
そうなればあっという間に風評被害が広まります。

前者なら誹謗中傷の嵐です。
今年の夏、とある高校の部活動で大規模クラスターが発生し、炎上したのは記憶に新しい所です。

後者なら高い確率で"永久休業"に追い込まれるでしょう。

世の中、案外狭いものです。

お店の経営者はもちろん、そのお店の利用客までもが特定され、"村八分"に遭うケースも考えられます。
人口の少ない地域ほどそのリスクは高くなるはずです。

こういう点からも、筆者は新型コロナの感染者や陽性者、クラスター発生施設などの詳細公表など不要と考えるわけです。

「コロナは大した病気ではない。ただの風邪だ!」

検査拒否者の主張、ごもっともです。

プライバシーポリシーと免責事項