しがない庶民の独り言

どこにでも居るしがない庶民です。趣味の旅行(訪問記)や地元神奈川ネタ、時事問題、社会問題など、完全不定期で投稿中。

感染防止対策をトコトン徹底?

感染防止対策をトコトン徹底?
ならば当然、五輪は返上ですね。小池都知事。

コロナの処方箋は#五輪中止
その前の聖火リレーも当然中止。

ステイホームやおうち時間ではありません。

IMG_20210223_213041
(2021年2月23日:FNNプライムオンライン配信記事にて)

新型コロナが本当に危険なものなら、五輪や聖火リレーの実施という考え自体とんでもない話であり、まさに"気の緩み"です。

東京都では都立公園の駐車場やテニスコート、野球場などを2月27日から閉鎖するそうですが、そんなことするくらいならもう五輪など止めてしまいなさい。
NTCも当然、封鎖です。

五輪の為に子供の遊び場を奪うなど論外です。

"五輪"という言葉や五輪関連のニュースが耳に入ったり、ロゴが目に入るだけで最近は不愉快ですね。

神奈川・千葉・埼玉の三県の知事、西村再生相も小池都知事に追従してばかり。
小池都知事を一蹴出来ない今の自民党も情けない。

小池都知事は訳の分からない横文字とカタカナを巧みに使い、ありとあらゆる物を自粛・中止させる一方、東京五輪は開催協調。

まさに五輪のために欲しがりません勝つまでは!という姿勢。

小池都知事は2月2日の臨時会見で今春卒業予定の学生向けに、

追い出しコンパなし!卒業旅行なし!謝恩会なし!

などと発言していました。

無論、これらは一生に一度です。
今春学校を卒業される方は是非、悔いのないように卒業旅行へ行きましょう!

ちなみに小池都知事は昨年12月の会見で、

この年末年始は帰省ナシ!会食絶対ナシ!

「お祝い事はどうぞ諦めてください」


などという発言もありました。

庶民からすれば「五輪こそどうぞ諦めてください!」です。
他の行事、催物の足枷と化している東京五輪こそ中止だ中止!

一方、新型コロナが日本において、不治の病でも難病でもないことは明らかになってきました。

インフルエンザや結核、破傷風、肺炎球菌など他にもはるかに恐ろしい感染症、たくさんありますね。

もはや風邪の一種に過ぎない新型コロナ、最初の陽性者が出てから1年以上経っても政府と東京都は目くじら立てて大騒ぎ。

その理由は間違いなく東京五輪を抱えていることです。
戦後初の五輪中止という汚点を回避するための空騒ぎなのです。
昨年2月25日夜からの動きを振り返れば、それは明らかです。

※2020年2月29日配信※
【独り言】突然の自粛・縮小要請、一斉休校要請。背景には東京五輪か?
http://shiganaishomin.com/archives/23727343.html

特に小池都知事からすれば東京五輪開催時の都知事というレガシーのための自粛要請なのでしょう。
逆の表現をすれば、五輪中止時の都知事という汚点をつけたくないということ。
ただその程度の話なのです。

五輪開催時の首相というレガシーを残したかった安倍前首相と一緒です。
安倍前首相は昨年9月に辞任しなければ、今度は戦後初の五輪中止時の首相と言う汚点がついてしまう可能性もあったことでしょう。

仮に中止に至らなくても世界の状況からして昨春頃に言及していた完全な形での東京五輪開催などほぼ不可能。

政治屋のレガシーや金儲けのためにその競技があるわけではありません。
五輪中止阻止という政府の面子、そして五輪開催時の首相や首長といった政治屋のレガシーのために庶民が付き合う必要はありません。

今は緊急事態宣言が一都三県で3月8日以降も再延長されるか注視したいところです。

ただ、どういう流れになろうと外出自粛要請や時短休業要請・命令などはすべて"無視"。
"昔の日常"に戻る
ことが、庶民が出来る数少ない反発方法の1つであります。

首都圏の飲食店に時短「命令」?

首都圏の飲食店に時短「命令」?
常に上から目線。経済再生相なのに「破壊」活動ばかり行う西村氏。

IMG_20210223_202911
(2021年2月23日:共同通信オンライン配信記事にて)

同氏からは「罰則」「気の緩み」「強い措置」「強制力」という類の言葉がよく出てきますね。

西村大臣といえば昨年末の国会の答弁でこんなことがありました。

上から目線で国民を叱りつけるような発言を繰り返す一方、昨年12月16日の国会で菅首相や二階幹事長の大人数での会食について問われた時は、

「5人以上の会食一律に駄目だと言っているわけではない」と苦し紛れな回答。
自粛を求めるなら相手が誰であろうが注意するべきですよね?

年明けの石破茂氏の福岡・博多での会食や先日、コロナ陽性が判明した石原伸晃氏の会食についてもコメントは無いようです。

緊急事態宣言下の今月も東京銀座や西麻布の高級店で飲み食いした与党議員や菅首相の長男が務める東北新社と総務省官僚の会食(高額接待)に関する報道がありました。
これらについても西村大臣からはやはりコメントはありません。

もっとも後者は国家公務員法違反や贈収賄罪の該当など新型コロナウイルスとは別の問題も生じてきそうですが、国民に自粛を強要しながら自分たちは優雅な生活。
モラルのかけらもありません。

話を元に戻しますが、新型コロナが本当にただの風邪でなく不治の病や難病であり、医療が逼迫し深刻な状況で緊急事態宣言延長不可避。

今月から優先接種が始まったワクチンも全国民に行き届く見通しもつかず、効果も未知数。

そのため自粛に応じない者や飲食店への時短「命令」といった強い措置が必要なら当然、五輪返上を主張するべきですよね?

もしそれが出来るならコンビの尾身会長と共に評価はうなぎ上りでしょう。
政府も東京都も五輪に浮かれている場合ではありません。

西村大臣と尾身会長は五輪開催ありきの政府や東京都、五輪組織委員などを一蹴する覚悟はあるのでしょうか?
無ければ弱いものに厳しく強いものに媚びるサラリーマンと一緒です。
我々は自粛要請など相手にする必要はありません。

2月23日は天皇誕生日。そして#富士山の日

2月23日は天皇誕生日。そして#富士山の日。
筆者の地元横浜市から見える富士山が綺麗でした。

IMG_3568
(2021年2月22日:横浜市瀬谷区・相鉄三ツ境駅付近にて撮影)

昨年2月23日の記事では昼間の写真を掲載しましたが、今年は夕暮れ時の写真にしてみました。
丹沢山地の向こうに富士山がはっきりと見えます。

この写真を撮影した日の昼間は最高気温が20度を超える暖かさでしたが、夕暮れは気温が下がり空気が澄んできます。
やはりまだまだ寒い時期であることを実感します。

暖かい桜の時期が待ち遠しいところですが、今月上旬に関東地方で春一番が吹いてから筆者は花粉症の症状が本格的に出て来ました。
この時期はどんな対策をしても鼻炎の症状が完全には止まらないので困ったものです。

さて本来であれば今日は天皇誕生日祝賀会が行われるはずでしたが、昨年に続き新型コロナ騒動の影響で中止。
その他の催物や行事も中止や延期、規模縮小の動きが全国各地で相次いでいます。

昨年の今頃に比べたら、新型コロナは不治の病や難病でもないということに気付いた方も増えてきた印象です。

しかし、まだまだ過剰反応をする人が多いのも事実。
日本国内でも一部の医師などコロナワクチンの優先接種が始まりましたが、ゼロコロナなどあり得ません。

ワクチンで全てコロナが解決するなら、インフルエンザも結核もゼロになるはずですよね?

我々庶民も緊急事態宣言やどこかの首長が念仏のように唱えるステイホーム、おうち時間など、全く無意味なことに気付かなければいけません。

プライバシーポリシーと免責事項