しがない庶民の独り言

どこにでも居るしがない庶民です。趣味の旅行(訪問記)や地元神奈川ネタ、時事問題、社会問題など、完全不定期で投稿中。

【時事】台風12号は静岡・関東へ"上陸"か?厳重警戒!

台風12号は静岡・関東へ"上陸"か?

9月21日、日本の南の海上で台風12号が発生しました。
翌9月22日は風速30m以上の暴風域も形成されています。

秋雨前線と重なり、広い範囲で大雨の恐れがあると報じられています。

IMG_20200922_174321
(2020年9月22日:神奈川県横浜市内にて撮影)

筆者の地元神奈川県も灰色の不気味な雲に覆われてきました。
時折、雨もパラパラと降って来ます。

2012-00 (2)
(2020年9月22日:気象庁公式ホームページ台風情報より引用)

wp1420 (3)
(2020年9月22日:JTWCより引用)

日本の気象庁も米軍台風情報(JTWC)でも24日夜から25日明け方にかけて静岡県・伊豆半島を掠め、東京湾に入り込み、関東平野に直撃する予想となっています。

進路としては2019年の台風15号(令和元年房総半島台風)にかなり近いような印象があります。

東京湾に入り込み、特に台風の東側に入った千葉県で長時間の大規模停電を引き起こしたのは記憶に新しい所です。

先般、九州に接近した台風9号や10号では新型コロナ騒動で避難所の定員が減らされ、避難できない方が多くいらっしゃいました。

しかしこんなこと、本来はあってはならないことです。

"風邪"の新型コロナと台風、どちらが危険で命に関わるか?
過去の記事で再三にわたり述べてきましたので、この記事ではあえて言いません。

台風12号が関東に最接近すると見られる9月24日まであと僅かしかありませんが、避難する方も避難者を受け入れる方も、"安全最優先"が求められます。

今回、そもそも日本の南の海上の熱帯低気圧は台風へは発達しないと予想されていました。
それが予想以上に発達し台風12号へ昇格。
台風昇格後も暴風域は出来ない予想とされていましたが、実際には暴風域も形成。

予想進路も当初、三河湾から愛知県や三重県付近に上陸し、東海・北陸地方を横断。
日本海へ抜ける予想となっていました。

やはり自然が相手。何が起きるか分かりません。
上述の事前予想から大きく外れており、台風12号が予想されている以上に発達する可能性もゼロではないでしょう。

まだ進路や勢力の予想が変わる可能性もありますが、いずれにしても広範囲で豪雨や強風のリスクが高くなりそうです。

【雑記】綺麗な秋の夕暮れ(2020.09.21)

世間一般でいうシルバーウィークは本日9月22日が最終日。

今月は残暑の日もありますが、先週の後半頃から急に涼しくなってきました。
夜は長そでを着て寝ないと肌寒さを感じることもあります。

人間、体を冷やすのはよくありません。
抵抗力も下がり"風邪"を引きやすくなります。
自律神経もおかしくなり、倦怠感の原因にもなってしまいます。

IMG_0751

IMG_0756

IMG_0758

IMG_0759

こちらは地元付近から見られる"秋の夕暮れ"です。
住宅地の向こうには神奈川県西部山地が見られ、月もきれいでした。
また、冬の晴れて空気が澄んでいる日は富士山の山頂付近が見られることもあります。

富士山を拝められる穴場的なところ?かもしれません。

IMG_7844
(※この写真のみ2020年2月23日:横浜市瀬谷区三ツ境歩道橋の上にて撮影)

秋の夕暮れや月が綺麗で癒されそうですが、台風前の静けさ?という気がしないでもありません。
シルバウィーク終了後、気になるのは台風12号の動向。
最新の情報に注意が必要です。

(2020年9月21日:横浜市瀬谷区三ツ境報道橋にて撮影)

【時事】台風12号、静岡・関東襲来か?

9月21日、日本の南の海上で台風12号が発生しました。
明後日23日から25日にかけて日本列島にかなり接近。

秋雨前線と重なり西日本~東日本の広い範囲で大雨の恐れがあると報じられています。

2012-00
(2020年9月21日:気象庁公式ホームページ台風情報より引用)

当初、暴風域は伴わず三河湾から愛知県や三重県付近に上陸し、東海・北陸地方を横断。
日本海へ抜ける予想となっていました。

しかし記事執筆時点では予想が大きく変わり、暴風域ができる予想に。
そして進路も24日21時ごろに静岡県・伊豆半島を通過し、関東に直撃する予想となっています。

wp1420

(2020年9月21日:JTWCより引用)

こちらは米軍の予想です。

記事執筆時点では9月24日朝までの予想しか出ていませんが、台風の中心が静岡・駿豆湾にやってくる可能性を感じさせる進路予想です。

まだ進路や勢力の予想が変わる可能性も考えられますが、いずれにしても国内の広範囲で豪雨や強風のリスクが高くなりそうです。

台風12号が最も接近すると見られる9月24日まであと2日しかありませんが、十分な備えと安全最優先の行動が求められます。

2019年の台風15号(令和元年房総半島台風)から今月で1年。
そして来月は2019年台風19号(令和元年東日本台風)の襲来から1年を迎えます。
どちらも激甚災害に指定されるほど、甚大な被害をもたらしました。

この時を教訓に、台風12号の最新情報に留意する必要があります。

プライバシーポリシーと免責事項