しがない庶民の独り言

どこにでも居るしがない庶民です。趣味の旅行(訪問記)や地元神奈川ネタ、時事問題、社会問題など、完全不定期で投稿中。

【雑記】久々の梅雨らしい梅雨【2019.07.09】

DSC_0499

DSC_0500
(2019年7月9日:横浜市西区臨港パーク付近にて撮影)

今日9日の地元神奈川県は曇りベース。
昨年の関東地方は6月末で梅雨明けしたことを考えると今年は梅雨らしい梅雨という感じがします。

昨日8日、横浜地方気象台から日照不足と低温に関する神奈川県気象情報が発表されました。
神奈川県では6月28日頃から日照時間が平年の30パーセント以下と少ない状態が続いていて、今後2週間、日照不足と低温が続く見込みであり、農作物の管理等に注意を促す内容です。

今日9日の横浜の最高気温は21.7度。
これも昨夏の酷暑が信じられないくらいの低温で、涼しくて快適です。むしろ、涼しさを通り越して寒さすら感じるときがあります。

goo天気(※)で調べてみると昨年の7月9日の横浜の最高気温は31.2度だったようです。
昨年の今頃が酷暑に入る寸前の状態で、7月半ばから8月末にかけて最高気温33度~35度が当たり前の状態となり、36度37度の日も珍しくありませんでした。

※横浜の過去の天気(2018年7月)
https://weather.goo.ne.jp/past/670/20180700/

※横浜の過去の天気(2018年8月)
https://weather.goo.ne.jp/past/670/20180800/

今夏はどういう傾向になるのか、もちろん自然が相手なので分かりません。

ただ、仮に冷夏となると農作物がダメージを受け高騰したり、飲食料品や日用雑貨、家電などの需要が縮小してしまいます。
また、今年10月には消費税10%への増税も控えています。
個人消費の落ち込みと冷夏となれば冷害も重なり、経済への悪影響も懸念されるところです。

【訪問記】吉都線の起点、JR吉松駅へ【2017.04.23】

IMG_4716


IMG_4725

前回の記事で、先週発生した九州南部地方を中心とする豪雨災害の影響で、JR吉都線(吉松~都城)全線が不通となっていることについて触れました。

この吉都線は鹿児島県姶良郡湧水町にある吉松駅が起点となっていて、肥薩線(八代~隼人)とこの吉都線の2路線が乗り入れています。
吉松駅から吉都線で2駅先(都城方面)の京町温泉駅は宮崎県えびの市、肥薩線で2駅先(八代方面)の矢岳駅は熊本県人吉市になります。

IMG_4721

IMG_4720

IMG_4719

IMG_4724

湧水町は鉄道の町と言われています。
駅前広場にはC55形蒸気機関車52号機が静態保存されていて、町と鉄道との関わりを紹介する展示館があります。

IMG_4723

吉松駅から徒歩1分の場所にある「吉松駅前温泉」。
源泉かけ流しで、美人の湯として人気があるそうです。
入浴料は訪問時点で大人250円、小人100円でした。

鹿児島県の銭湯は殆どが温泉で、気軽に温泉を満喫出来るのが魅力です。

(写真は全て2017年4月23日:鹿児島県姶良郡湧水町・JR吉松駅にて撮影)

【時事】JR吉都線運休長期化か?

IMG_4711
(2017年4月23日:宮崎県小林市JR小林駅にて撮影)

先週、九州南部地方、特に鹿児島県で大きな被害をもたらした記録的な豪雨。
運休や減便があった公共交通は徐々に通常運転に戻りつつあるようですが、JR吉都線は小林~西小林間での土砂流出の影響で現在も都城~吉松の間の全線で運転見合わせとなっています。

JR九州の最新の発表によると、明日8日から土日・祝日も含め代行バスが運行される模様です。
ただ、バス代行輸送の期間は「当面の間」とされている所を考えると、運休長期化も考えられます。
沿線には高校も多数あったと記憶しています。代行バスが運行されるとはいえ、通学への影響は大きそうです。

IMG_3609

IMG_3612

IMG_3616

kiltuto
(2018年8月31日:宮崎県えびの市・京町温泉駅構内にて撮影)

JR吉都線はかなり前から過疎化による利用者激減、また大赤字路線であることから、路線の存続が危ぶまれています。
煽るつもりはありません。しかし、過去にも豪雨や大震災など、災害をきっかけにそのまま復旧することなく廃止(バスへ転換)された鉄道路線が多数あったことが思い出されます。

同線が今後どうなるのか、また復旧はいつになるのか、筆者には分かりません。
ただ、通学客や高齢者の通院などに欠かせない貴重な足となっているはずです。
どうにか復旧してもらいたいものです。
また、改めまして今回の豪雨で被災された方にはお見舞い申し上げます。