しがない庶民の独り言

どこにでも居るしがない庶民です。趣味の旅行(訪問記)や地元神奈川ネタ、時事問題、社会問題など、完全不定期で投稿中。

【雑記】2019年から12月23日は・・・?

2019年も残りおよそ1週間。世間ではクリスマスムードです。

さて2019年12月23日(月)、1つ注意しなければいけないことがあります。
これまでと異なることが1つ。それは何でしょうか?



IMG_20191222_192519
(画像はイメージです)

答えですが、2019年から12月23日(月)は平日になるということです。
長い間、毎年12月23日は天皇誕生日で祝日でした。
しかし2019年5月1日の新天皇即位により元号が"平成"から"令和"となり、天皇誕生日の祝日は2月23日へ変更となりました。

この時期、これまで3連休と言う方も多かったと思います。
2019年から12月23日は、祝日と間違えて会社や学校等を休まないように注意する必要がありそうです。

【独り言】22日も曇り雨ベース【2019.12.22】

15886d66-s

DSC_1035

(2019年12月22日:横浜市西区横浜駅西口・東口付近にて撮影)

21日に引き続き22日も地元神奈川県は曇り雨ベース。
相変わらず梅雨や秋雨のような天候であります。



22日午後は15時過ぎくらいからでしょうか、天気予報よりも早い時間帯から雨が降り始めました。
気のせいかもしれませんが、雨が降り始めてから急に寒くなった気がします。

特に1月や2月の雪が降る前の体にグッと来る寒さに近い感覚です。

いわゆる冬の南岸低気圧による降水。
22日、和歌山・高野山など西日本の標高の高い所では雪になっている所もあるようです。

神奈川や東京では箱根、多摩西部などの高地も含め、22日~23日は雪の予報は出ていませんが、過去に予報に全く無い大雪で痛い目にあったことが何度もありました。
これから3月くらいまで、降水機会の度に雨か雪か、注意しなければいけない季節となりそうです。

【独り言】梅雨・秋雨のような師走【2019.12.17】

DSC_1023

DSC_1022

DSC_1021

DSC_1020

DSC_1019

2019年もあと10日ほどとなりました。
本来なら関東平野では真冬に向かい、寒い乾燥晴れの日が多くなる季節。

しかし今年は様子が異なり、梅雨・秋雨のような師走です。



地元・神奈川県では今年9月に台風15号、10月に台風19号の襲来がありましたが、その前後も雨が多く、今年は"雨"がトレンド。
そんな感じがしてしまいます。
本当に、ここまで雨が降る所だったっけ?と思ってしまうくらいです。

週間予報を見ると地元・神奈川は今月24日と28日以外は曇りや雨マークとなっています。
スッキリしない日が続くまま、年越しとなってしまうのでしょうか。
最後の最後まで2019年の天候不順を象徴しているような気がします。

(写真は全て2019年12月17日:横浜市中区大桟橋にて撮影)

プライバシーポリシーと免責事項