しがない庶民の独り言

どこにでも居るしがない庶民です。趣味の旅行(訪問記)や地元神奈川ネタ、時事問題、社会問題など、完全不定期で投稿中。

【訪問記】台風19号被災後初めての秋(2020.09.20)

2019年10月、静岡・関東地方への台風19号襲来からまもなく1年。
台風19号被災後初めての秋を迎えました。

厳しい残暑となる日もある一方、鈴虫の声も聞こえてくるようになるなど、確実に秋が深まってきています。

筆者は9月20日、東京都と神奈川県の境を流れる多摩川を訪れてみました。

IMG_0730

IMG_0702

台風19号による豪雨で多摩川は氾濫。

周辺が大きく浸水し、河川敷にあったはずの野球場やサッカー場も壊滅状態。
犠牲者も出るなど深刻な被害が発生しました。

IMG_0705

IMG_0704

IMG_0727

IMG_0719

懸命の復旧工事により、台風被災前の状態を取り戻しつつあります。
野球場やサッカー場の再整備も進んでいます。

キャッチボールやマラソンなどをする方も多くいらっしゃいました。
また、少年野球やサッカーのチームの試合や練習も行われるなど、河川敷に活気が戻って来ました。

一方、細かいところに目を向けてみると、まだまだ台風の爪痕が残っています。

IMG_0707

暴風や豪雨で流出したと思われる木々がそのままとなっています。

太くて頑丈そうに見える木々でも台風の暴風では簡単に根元からへし折られてしまうことが分かります。

IMG_0721

IMG_0724

こちらは野球場として使われていたエリアです。

台風襲来時はこの辺りも多摩川の氾濫で完全に浸水。
スコアボードも半分以上が水に浸かっているところが当日のニュースの映像などで放映されてました。

台風襲来後も長期に渡り、流された木々や、樹木が巻き付いたスコアボードがそのままの状態となっていました。

現在、木々や樹木は片付けられていますが、グラウンドがあったはずのところは草が生い茂った状態です。
野球の活動で使われていたり、グラウンドが再整備されている様子はありません。

もっとも他に再整備されているグラウンドも複数あり、少年野球団の活動などに問題は無いのかもしれませんが、こういう光景は虚しさを覚えるものです。

(2020年9月20日:東急二子玉川駅・二子新地駅周辺の多摩川河川敷にて撮影)

【独り言】病気から身を守るのは"あなたの体"

横浜の市街地を散歩していたら、このような看板を出した薬局を見つけました。

IMG_20200917_163139

(2020年9月16日:横浜市中区関内付近にて撮影)

・病気から身を守るのは"あなたの体"。
・"体力強力"が予防への近道

まさにその通りです。
マスクや薬、フェイスシールドはウイルスから身を守ったり治すものではありません。

新型コロナは風邪。
風邪は自助、対症療法が基本です。

マスクやうがい薬、消毒液などの買い占めや高値での販売。
サイゼリアの「しゃべれるくん」に代表されるような商品の開発・販売。

自粛警察やマスク警察、コロナ自警団に代表される"コロナ脳"。
そして上述のような新型コロナに便乗した金儲けが至る所で横行するなど腹が立つことばかりです。

しかし新しい生活様式によるおかしな日常の中、正しいことを掲げている人や事業所もまだまだ多くいらっしゃるということです。

菅首相は悪しき前例主義や既得権益を打破し、客観的に見ておかしいところは直していかなければいけないと9月16日の就任会見で述べられていました。

また政府や厚労省は政令を改正し、10月から入院措置は65歳以上の高齢者や持病がある方など重症リスクの高い人に絞るなど、指定感染症の運用を見直すとしています。

10月からは東京発着もGoToキャンペーンの対象となります。

東京も対象とし、GoToキャンペーンを続けならば指定感染症除外とイベント制限の全面撤廃を行うべき。
そうでなければ辻褄が合いません。

他にもおかしなこと、数えきれないくらいありますね。

【独り言】この秋はGoToキャンペーンで#旅に出よう

いよいよ10月1日から東京もGoToキャンペーンの対象に。
9月18日からは東京発着の旅行商品の発売が旅行会社などで始まりました。

ネット上でも旅行商品の広告ページが次々と出てきます。

IMG_20200918_215115

IMG_20200918_215221
(画像はイメージです)

この秋は是非、GoToキャンペーンなどを使い#旅に出よう!
StayhomeではなくLet's  go outside!

我々一人一人の外出や旅行が経済を回します。
身近なところから#経済を回そう!

さて今週は大きな出来事がありました。
9月16日、歴代最長となった安倍内閣総辞職。そして菅内閣発足。

筆者は菅首相の就任会見を視聴していました。
その中で気になったのはGoToトラベル事業について、

・7月のスタート以来、1300万人が利用した。

・利用者の感染者数は10人に留まっている。

・今後も躊躇なく対策を講じていきたい。

ということを述べられていました。

筆者はGoToキャンペーン自体は躊躇せず実施してもらいたいと思います。
ただそれと同時に、

・新型コロナの指定感染症からの除外(もしくは2類相当から5類相当への降格)。

・イベント制限の全面撤廃。


この2点をやらないと辻褄が合いません。

7月末から8月の夏休みの時期にかけて、新型コロナの陽性判明者が全国各地で激増したのは記憶に新しい所です。

この時、政府はGoToトラベルなどで旅行を推進。

一方、東京や沖縄など一部の都府県では緊急宣言事態下のような自粛要請、休業要請、時短要請を行うなど、政府と行政で方針が矛盾する事態になりました。

新型コロナに乗じた権力闘争なのかもしれませんが、そもそも新型コロナは風邪。
難病でも不治の病でもないのは明らかです。

風邪は対症療法、そして"自助"が基本。
マスクもフェイスシールドも薬も、風邪感染のリスクがゼロとなったり、風邪を治すものではありません。

軽傷や無症状でもSARSや結核のような原則隔離となる2類相当の扱いになっていること自体、ナンセンスなのです。

10月1日のGoToトラベル対象東京追加と同時に上述の2点。
そして新型コロナそのものを過度に恐れる必要はないという旨の安心宣言を行うべきです。

逆にこの程度のことすら危険で駄目だというのなら、2021年に延期された五輪開催など到底、不可能です。

プライバシーポリシーと免責事項