しがない庶民の独り言

どこにでも居るしがない庶民です。趣味の旅行(訪問記)や地元神奈川ネタ、時事問題、社会問題など、完全不定期で投稿中。

【独り言】乗務員不足による路線バスの廃止・縮小問題


enoden2

IMG_4727
(横浜市内を走る江ノ電バス。2019年12月8日:横浜市中区・西区内にて撮影。)

近年、あらゆる業界で"人手不足"となっています。
"人手不足倒産"という言葉も耳にするようになりました。

そのような中、公共交通、特に路線バスでは乗務員不足による減便や廃止、縮小されるという事態が全国各地で起きています。

地域の足を奪うことにもなる路線バスの廃止や縮小。
今や社会問題となり、NHK NEWS WEBではこの問題を取り上げる特設サイトが開設されています。

DSC_0984

江ノ電バスで運行されている横浜駅東口~大船駅間・栗木間を結ぶ路線が今月15日(日)をもって廃止になると言う旨の告知です。

この告知を見ても、廃止理由をやはり「今般の乗務員不足」としています。
乗務員不足で業務が回らなくなり、路線廃止という苦渋の決断をせざる得ない状況となったことは想像に難くありません。

運輸業、特に乗務員(ドライバー)は現状、まだまだ人ありきの仕事であるというところです。
運行するにも乗務員が必要です。
その乗務員が足りなくなれば、路線廃止や縮小など、間違いなくどこかに歪みが出て来ます。

本記事で取り上げている乗務員不足や、過疎化による人口減少など不採算を理由とした公共交通の縮小や廃止、いつ、どの地域でも起こり得ることです。

近年、AI化や2020年代以降の自動運転車の普及促進などと言われるようになりました。
バスでも自動運転の実験が行われるようになって来ました。

しかし当然ではありますが、自動運転は少なくとも今日や明日、実用化し全国の隅々まで波及出来るものではありません。
少なくとも現時点では、AI化や自動運転といった言葉だけが独り歩きしている、そのような感じがします。


【雑記】横浜、初雪観測の翌日は快晴【2019.12.08】

IMG_4707

IMG_4722

IMG_4710

IMG_4717

12月8日の横浜市は最高気温12.8度の快晴。

前日12月7日は未明に初雪(霙)を観測するほどの寒さ。
日中の気温も4~5度台の冷雨でしたので、前日に比べると少し暖かさを感じました。
ただ、やはり寒いことに変わりはありません。

IMG_4721

快晴の日にダラダラ過ごすのも勿体ないので、みなとみらい地区を少し歩いてみました。
日曜日で快晴、師走ということも重なり、かなり人出が多かったような気がします。

IMG_4709

みなとみらい地区を歩いていたら斜めになっている大木が目に入りました。
これは今年10月の台風19号か、もしくは今年9月の台風15号の暴風で傾いてしまったようです。
この頑丈そうな大木でも傾いてしまうとは・・・。

今年の台風15号や19号の爪痕がまだまだ残っていることを痛感します。

(写真は全て2019年12月8日:横浜市中区みなとみらい地区にて撮影)

【時事】横浜で昨年度より50日早い初雪【2019.12.07】

201912071000-00

(2019年12月7日:気象庁公式サイトアメダスより引用)

12月7日はこの冬一番の寒さとなりました。関東南部では低気圧の影響で午前中を中心に冷雨。

既にニュースで報じられていますが、地元・横浜では同日夜中3時半頃に霙が観測されました。
夜中の出来事だったので寝ていた筆者は気付きませんでしたが、朝、目が覚めた時も相当寒かったのは間違いありません。

霙は雪に分類されるので、横浜では平年(12月13日)より6日早く、昨年度より50日早い初雪となりました。
しかし横浜の初雪の平年日、こんなに早かったっけ?と思ってしまったのも事実。

少し気になったので調べてみたら、今年2月から関東・甲信地方の気象台では東京を除き、職員による目視観測が廃止され、測器による自動観測となり、平年値が修正されていたことを知りました。
今後、多くの気象台で測器による自動観測となるようです。
時代の流れでしょうか、こういうところでも機械化が進められていきます。

平年値が12月13日となった横浜の初雪ですが、実際には年明けの1月中旬以降が殆どです。

2016年は11月24日に初雪を観測し、雪化粧しましたがこれは極めて稀なケース。
正月後の1月中旬~下旬頃(遅いと2月上旬)の南岸低気圧の通過で初雪となり、そのまま積雪になる年が多いです。

積雪は1年に1~2回あるか無いかですが、2~3センチの積雪でも混乱してしまいます。
これから真冬を迎えますが、少なくとも3月中旬あたりまでは雪害への備えも考えておかなければいけません。


プライバシーポリシーと免責事項