しがない庶民の独り言

どこにでも居るしがない庶民です。趣味の旅行(訪問記)や地元神奈川ネタ、時事問題、社会問題など、完全不定期で投稿中。

【地域情報】"秋の大九州味と枝めぐり"開催中(2020.10.23)

そごう横浜店8階会場にて、"秋の大九州味と枝めぐり"が開催されています。
この催物は、そごう横浜店開店35周年を記念してのものです。

期間は10月20日(火)~10月26日(月)までの1週間。
そごう横浜8階の催会場で行われます。

DSC_2187

DSC_2183

DSC_2185

DSC_2186

九州各県と沖縄県の食品や飲料、工芸品を扱った店舗が出店されています。
イートインコーナーも設けられており、会場で食べることも出来ます。

このような催物を見学すると、ついあれもこれも買いたくなったり食べたくなったりするものです。
筆者は悩んだ末、お茶を買うことにしました。

IMG_20201023_191553
鹿児島県南九州市の知覧茶「ゆたかみどり深蒸し茶」。

さつまいもや黒牛、さつま揚げ、きびなごなど、鹿児島は美味しい特産品がたくさんありますが、お茶もその1つ。

鹿児島空港のある霧島市や、南九州市などいわゆる"南薩"の方を訪れると至る所に茶畑が広がっています。

IMG_5116
(※2017年5月14日:鹿児島県南九州市頴娃町にて撮影)

お茶の生産も非常に盛んで、2019年は国内で2位の28500トンが生産されたとのこと。

2019年の国内1位は静岡県(29500トン生産)、3位は三重県(5910トン生産)だそうなので、1位静岡と2位鹿児島が僅差、2位鹿児島と3位三重は大差となっていることが分かります。
(※2020年6月25日公表のe-stat作物統計参照)

10月も終わりが近づき、特に朝晩は地元でも冷え込む日が増えてきました。
温かいお茶でほっこり温まりたいものです。

少し話が逸れてしまいましたが、"秋の大九州味と枝めぐり"では他にも九州各県・沖縄の特産品や特産物がたくさんあります。
お時間のある方は是非行かれてみてください。

(写真は特記を除き2020年10月23日:横浜市西区横浜そごう店にて撮影)

【訪問記】令和2年7月豪雨の爪痕色濃く(2020.10.17)

各地に甚大な被害をもたらした令和2年7月豪雨から3か月半。

特に熊本県南部の球磨地方では豪雨により球磨川が氾濫し甚大な被害が発生。
今もその爪痕が色濃く残っています。

豪雨で被災された皆様、改めましてお見舞い申し上げます。

DSC_2149
(2020年10月17日:高速バス車内・熊本県八代市坂本町付近にて撮影)

高速バスの車内から確認できた球磨川の河川敷の光景です。

豪雨によるものでしょう。
土砂崩れが起き、崩れた部分がブルーシートで覆われているのが分かります。

周囲にある木々も倒れていたり傾いたりしているものがあります。
恐らく氾濫した水に飲み込まれたのでしょう。
一見、頑丈そうに見える木々も氾濫した水にはいとも簡単に流されてしまいます。
水害は非常に怖いものです。

球磨川の氾濫で橋梁も流出し、線路冠水、車両水没などが発生。
くま川鉄道の全線、そしてJR肥薩線の八代~吉松間が今も不通となっており、依然、復旧の見通しは立っていません。

くま川鉄道は沿線の高校生の貴重な通学の足。
JR肥薩線は肥後と薩摩を結ぶ線の1つ。

肥後と薩摩を結ぶ線では、肥薩おれんじ鉄道も豪雨で被災し、記事執筆時点で八代~佐敷間が不通となっています(11月1日復旧予定)。

くま川鉄道とJR肥薩線。
果たして今後、どのような方向となっていくのでしょうか・・・。

【訪問記】熊本駅周辺の再開発工事進む(2020.10.16)

熊本では桜町市街地再開発により2019年9月、バスターミナルやホテル、飲食店、雑貨店、映画館、熊本城ホールなどが入る複合施設、SAKURA MACHI Kumamotoが開業。

本ブログでもその様子を取り上げましたが、街の様子はそれ以前とは一変し、とても華やかなものとなっています。

そして現在は熊本駅周辺の再開発工事が進んでいます。

IMG_0799

こちらは熊本白川ビルの光景です。
2020年冬に開業予定とのことで、1~3階にはビックカメラが入り、高層階はオフィスフロアとなるようです。

IMG_0801

こちらは熊本駅ビルです。
建物の右上に表記が出ていますが、JR九州の商業施設「アミュプラザくまもと」が開業予定。

1階~8階部分辺りまでは商業施設や飲食店が入り、それより上の階にはチャペルやホテル「THE BLOSSOM」が入る予定とのこと。

最近はどの街も再開発で高層複合ビルが建設されるのがトレンドですね。

また写真左下のクレーン車が入っている部分の周辺には水景施設も出来るようです。
熊本は「水の国くまもと」。そして「水道水の100%が地下水」と言われるくらい、水の宝庫としても有名です。

IMG_0797

桜町市街地に続き、熊本駅周辺も再開発工事でどのような街並みとなるのでしょうか。
今から楽しみです。

(2020年10月16日:熊本県熊本市西区・熊本駅白川口周辺にて撮影)

プライバシーポリシーと免責事項