しがない庶民の独り言

どこにでも居るしがない庶民です。趣味の旅行(訪問記)や地元神奈川ネタ、時事問題、社会問題など、完全不定期で投稿中。

【独り言】桜の季節は節目の季節。4月始業は日本の慣習。

4月上旬の桜の季節は節目の季節。4月始業は日本の慣習。
入学、就職、転勤、転職、退職、引っ越しなど様々なことがあります。



IMG_8122
(2020年3月30日:横浜市中区みなとみらい地区にて撮影。画像はイメージです。)

さて、コロナ禍で学校が長期休校を余儀なくされる中、突然、学校の9月入学制導入の話が浮上。
賛成論・反対論ともに飛び交っています。

賛成派の意見としては、学校の長期休校により学力差が生じるからだそうです。
アメリカなど海外では当たり前だから日本も合わせるべきという考えもあるそうですが・・・。

筆者は反対です。海外がどうであろうと、日本の慣習には合わないからです。

冒頭でも触れましたが、4月上旬ごろの桜の季節は節目の季節。
4月始業は日本の慣習。これは日本の慣習として長らく続いてきました。

もし9月入学制を導入するなら、高校や大学入試、就職などありとあらゆる社会の制度や慣習を変えなければなりません。

これまでの慣習や国民性を無視したものを無理やり取り入れようとしても、上手く行かないでしょう。

文科省や学校だけで済む話ではなく、次の年から一気に変えるというのは非現実的でしょう。

それに戦後長らく続いてきた今の制度を一時の勢いで、それもたった1~2か月の議論で変えて良いのでしょうか?筆者は疑問です。

そもそも9月入学制の話や、ツイッターでトレンド入りした検察庁法改正案、五輪の予算の話など今、国会で議論するべきことなのでしょうか?

これらは暇なときにでも議論すればいい話。
まずは経済や学校を平常に戻すことが優先されるべきです。

コロナ禍で児童・生徒は貴重な学校生活を奪われています。

庶民は経済状況の急激な悪化で職を失ったり廃業を余儀なくされたりして、今日明日の生活すら見通しの立たない方がたくさんいるわけです。

はっきり言って国会中継を見ていると、全然真剣さが感じられません。

どの人も、このコロナ禍を自身の政治活動のためにどう利用するか、ということしか頭に無さそうです。

【独り言】プロ野球は6.19開幕目指し120試合制?

新型コロナウイルス感染拡大の影響で無期限開幕延期となっているプロ野球。
5月10日のスポーツ報知でも、最短で6月19日の開幕を示唆する記事が出ています。



IMG_20200510_180137
(5月10日:スポーツ報知28面にて)

今年のプロ野球はすでにセ・パ交流戦18試合の中止が決定しています。
同記事によると、5月31日の緊急宣言解除を前提として、

・24回戦総当たりで調整し11月5日まで公式戦実施(上位3球団によるCSは中止?)

・7月19日と20日のオールスター中止?

・五輪開催中、中断予定であった7月24日~8月9日の間の公式戦実施

・日本シリーズは11月21日開幕


以上のような方式でNPBが6月19日の開幕を目指していることが示唆されています。
120試合制となれば1953年(昭和28年)のパリーグ以来、67年ぶりとのことです。

5月9日の日刊スポーツに続き、5月10日のスポーツ報知でも6月19日開幕示唆の記事。

野球協約に定められている公式戦120試合(本拠地開催最低60試合)を消化するためには6月19日開幕がデッドラインということでしょう。

以下、筆者私見です。

この際、CSと交流戦を廃止したらどうでしょうか?

導入当初はプロ野球再編問題や参入当初の楽天など、極端に勝率の低い球団があり、ドル箱と言われていた巨人戦の地上波全国中継もまだ残っていたので実施する意義はあったと思います。

しかし今はどうでしょう?

時代は変わり、巨人戦の地上波による全国中継も殆ど無くなってしまいました。
放映権料による収入は期待出来ません。
交流戦そのものもマンネリ化してきている印象があります。

CSも役割は終えたような気がします。
極端に勝率の低い球団も無くなり、CSによってオリックスを除く11球団が日本シリーズに出場しました。

逆に3位に入れれば敗者復活の可能性があるCSの存在で、観る方としても公式戦1試合の経過や結果に一喜一憂することが少なくなりました。
プロ野球中継の視聴率低迷と激減は、観る方からしてもここに要因があるはずです。

贔屓のチームが優勝できなくても最悪3位に入れれば良いやと思ってしまう方、結構多いのではないでしょうか。

年月の経過によって観戦者が求めるものも変わってくるはずです。
それがかつてへの回帰ということもあるでしょう。

・CSを廃止し、かつてのように両リーグのリーグ優勝(1位)球団同士が日本シリーズで対戦する。

・リーグを跨ぐ交流戦もこの際止め、昔のようにリーグ内で130~135試合の総当たりとする。


そうすれば予備日も削減でき、4月の第2週の週末に開幕しても、10月の末に全日程を終えられます。

公式戦1試合の重みも増し、観戦者もその日の結果に一喜一憂する効果も期待できるのではないでしょうか。

※関連記事※
【独り言】プロ野球開幕は6.19?
【独り言】プロ野球CS、本当にこれで良いの?

【独り言】長引く休業要請。もはや永久休業か強行営業の二択か?

新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言。外出自粛や臨時休業要請。
5月31日まで延長されましたが、長引く休業要請や外出自粛要請はもはや限界でず。



DSC_1669

DSC_1668

DSC_1666

DSC_1665

(2020年5月5日:横浜市中区桜木町駅付近・同市西区横浜そごう前にて撮影)

どこを向いてもシャッターが下りていたり休館・休業の掲示ばかり。
すでに手遅れな面がありますが、これ以上休業を続けたら倒産する所も大量に出てくるはずです。

経営サイドからすれば、現実にはこのまま永久休業(廃業)するか、強行営業するかの二択でしょう。
天からお金が降ってくるわけでも無く、休業協力金など支払われても微々たるもの。
営業できなければ収入ゼロで死活問題です。

後者の場合、風評被害や今話題になっている"自粛警察"の低劣ないたずら、誹謗中傷などに屈してはいけません。
"自粛警察"というのは犯罪です。警察でも何でもありません。

話を戻しますが、やはりどんな形であれ、働いて収入を得ないと生きて行かれません。

自粛や休業要請を続け、リーマンショック時やそれをはるかに上回るようなリストラ、倒産、就職氷河期を起こして良いのでしょうか?

コロナ禍による内定取り消しやANAの採用活動中断の話など、2021年卒業予定者の就職活動は極めて厳しいものになりそうです。
空前の売り手市場から一転、殆ど経験のない未曽有の氷河期、超買い手市場になるのは間違いありません。

筆者はウイルス性の風邪の一種に過ぎない新型コロナウイルスよりもこちらの方がはるかに問題であり、自粛や休業要請の行きつく果てであると考えています。

※関連記事※
緊急事態宣言延長決定的。5.7以降は"強行突破"の覚悟必要か?
健康のために#外に出よう

プライバシーポリシーと免責事項