しがない庶民の独り言

どこにでも居るしがない庶民です。趣味の旅行(訪問記)や地元神奈川ネタ、時事問題、社会問題など、完全不定期で投稿中。

【独り言】桜の季節は節目の季節

4月上旬の桜の季節は節目の季節。
入学、就職、転勤、転職、退職など様々です。



IMG_8114
(2020年3月30日:横浜市中区桜木町駅付近にて撮影)

2020年は記録的暖冬の影響だったのか地元横浜市では3月下旬に桜が満開に。
しかし3月29日には季節外れの積雪1cmとなりました。
4月も最低気温が一桁になる日が多く、気候の異常さを実感します。

さて、コロナ禍で学校が長期休校を余儀なくされる中、突然、学校の9月入学制導入の話が出てきました。

DSC_1646
(2020年4月29日:神奈川新聞16面にて)

学校の長期休校により学力差が生じることが背景にあるようです。
アメリカなど海外では当たり前だから日本も合わせるべきという考えもあるそうですが・・・。

筆者は日本の慣習には合わないと思います。

冒頭でも触れましたが、4月上旬ごろの桜の季節は節目の季節。
これは日本の慣習として長らく続いてきました。

もし9月入学制を導入するなら、高校や大学入試、就職などありとあらゆる制度や慣習を変えなければなりません。

4月始業は社会の慣例。

文科省や学校だけで済む話ではなく、次の年から一気に変えるというのは非現実的でしょう。
それに戦後長らく続いてきた今の制度を一時の勢いで、それもたった1~2か月の議論で変えて良いのでしょうか?

そもそも海外の猿真似である9月入学制の話など今、議論するべきものではないでしょう。
暇なときに議論すればいい話。
今はいかに学校を平常に戻すことを考えるべきであります。

【独り言】休業要請応じない施設名の公表。公的営業妨害では?

新型コロナウイルス感染拡大防止のための緊急事態宣言。延長の公算大。
そして外出自粛要請と休業要請。後者はリストラや倒産、就職難として反映か?



DSC_1647

DSC_1648

(2020年4月27日:神奈川県川崎市川崎区・JR川崎駅北改札付近にて撮影)

川崎駅付近も非常に閑散としており、シャッターが閉じているお店ばかり。
やはり営業しないことには収入にならず、立ち行かないでしょう。

誰が見ても政府や行政からの休業要請と横並びの自粛論が弊害が顕著になってきていると感じます。

今回のコロナ禍で廃業に追い込まれる会社や個人事業主の方、相当な数が出るのは想像に難くありません。
経済はリーマンショックを超える厳しさになるという試算もあるようです。

感染症対策を緩めてはいけませんが、一方、経済もある程度再開させることも考えないといけません。
学校の早期再開も望まれます。

学校と言えば宮城県知事の鶴の一声で9月入学制の導入の声が突然あがり始めてきています。
これは平時に議論すれば十分。
まずは児童・生徒の心身を考え、直ちに学校を再開させることを考えなければいけません。

さて、ここからが本題です。
行政からの休業要請に応じない施設。
特にパチンコ店がやり玉にあがり、各都道府県で施設名の公表が始まっています。

IMG_20200423_223023
(2020年4月23日:日刊スポーツ21面より)

IMG_20200430_074406
(2020年4月29日:神奈川新聞17面にて)

筆者はパチンコなどギャンブルはやりません。
世間でも不要不急の娯楽、クラスター発生箇所の最たるものという認識でしょう。

しかし経営サイドからすれば生計を立てていくための重要な収入源。
営業しなければ死活問題になるという考え方も出来ます。

また、あくまで休業の「要請」であり、「命令」ではありません。
日本では最も強いものでも休業「指示」です。
「命令」し、応じないものを罰したり営業許可を取り消せすことは現状、できません。 

それで一方的に政府や行政が休業「要請」を行い、応じない事業者名を公表する。
これは公的営業妨害のような気もするのですが。

実際に休業補償や協力金も払われるのかも不透明な状況。
要請された方としては、自粛(休業)と補償はセットだろ!というのが言い分でしょう。

今はパチンコ店がやり玉に挙がっていますが、それだけではありません。

他の業種や個人で普段されている事業などが実は休業要請対象業種に含まれていて、「要請」に応じないという理由で晒される可能性も今後、ゼロではないでしょう。

しかし横並びの自粛論を浸透させ、法律以上に縛ろうとする対応。
これは隣組の考えそのものであり称賛されるのは危険ではないでしょうか。
筆者はそのように感じます。

【訪問記】2019年台風19号被災。完全復旧までは相当な時間か(2020.04.27)

本ブログでは東京都・神奈川県の境目を流れる多摩川、東急二子玉川駅周辺の河川敷の台風19号襲来後の被災状況をこれまで5記事(※)掲載しました。

今回は神奈川県川崎市川崎区・大師通り周辺の河川敷の様子を取り上げたいと思います。



IMG_8691

堤防を守る工事が実施されています。
台風19号では多摩川で大規模な氾濫と周辺の浸水被害が発生しました。
2020年も襲来するかもしれない?巨大台風やその備え。
個人でも出来る限りのことはしておかなければいけません。

IMG_8685

IMG_8684

多摩川の向こう、東京都・大田区側を捉えたものです。
台風により流出した樹木や災害ごみなどが未だ散乱したままです。

被災したグラウンドなどの復旧工事は進んでいる印象ですが、まだまだ完全復旧までは相当な時間がかかることを感じさせられます。

ましてや新型コロナ騒動や、コロナ感染拡大防止のため政府から現在発令されている緊急事態宣言。
5月6日までが期限ですが、どうやら延長の公算が高くなってきているようです。

個人や企業活動への強い自粛要請・休業要請が続けば、横並びの自粛ムード、休業ムードが土木業者や建設会社にも蔓延し、復旧工事や堤防強化工事などを中断せざる得なくなるかもしれません。

IMG_8695

IMG_8693
多摩川の野鳥は台風19号の被害やコロナ禍に翻弄されることなく飛び回っていました。

(写真はすべて2020年4月27日:神奈川県川崎市川崎区・大師通り周辺の多摩川河川敷で撮影)

※2020年4月26日※
【訪問記】台風19号襲来から半年。未だ爪痕色濃く【2020.04.24】
http://shiganaishomin.com/archives/24527477.html

※2020年4月17日※
【訪問記】台風19号襲来から半年。今の多摩川河川敷は・・・【2020.04.17】
http://shiganaishomin.com/archives/24425452.html

※2019年12月2日※
【訪問記】台風19号襲来から1か月半、未だ爪痕色濃く【2019.12.01】
http://shiganaishomin.com/archives/22355120.html

※2019年10月27日※
【訪問記】台風19号の爪痕、生々しく(その2)【2019.10.26】
http://shiganaishomin.com/archives/21756918.html

※2019年10月26日※
【訪問記】台風19号の爪痕、生々しく【2019.10.26】
http://shiganaishomin.com/archives/21753132.html


プライバシーポリシーと免責事項