しがない庶民の独り言

どこにでも居るしがない庶民です。趣味の旅行(訪問記)や地元神奈川ネタ、時事問題、社会問題など、完全不定期で投稿中。

【独り言】どうなる?2020年春の選抜高校野球。

IMG_7968


IMG_7970

IMG_7967
(2020年2月28日:横浜市中区・横浜スタジアム付近にて撮影)

横浜スタジアムでは座席増築工事が行われています。
これは2020年夏の東京五輪で野球の競技会場として使われることによるもので、予定では3月から供用開始となっています。

プロ野球のオープン戦でのお披露目されるはずでしたが、新型コロナウイルス感染症の拡大で、オープン戦は全て無観客での開催が決定しています。
公式戦は予定通り開幕するのか、無観客となるのか、それとも延期となるのか?先が全く見えません。

他にも色々なスポーツ大会やコンサート、イベントが中止や自粛、延期、無観客での実施などに追い込まれています。

今、気になっているのは3月19日開幕予定の第92回選抜高校野球大会の開催についてです。
高野連は3月4日の会議で方向性を出すとしています。

あくまで私見ですが、何とか開催してもらいたいところであります。

まず甲子園に行けるチャンスというのは、なかなかありません。

今回も初出場の高校が何校かあるようですが、中止となれば昨秋の地区大会を勝ち上がって来た努力が水の泡になってしまいます。

それに高校の部活動と言うのは15歳~18歳までの間の限られた時間でしか出来ないものです。
野球に限らずどの部活動でも同様でしょう。

野球以外の競技やコンクールなどが続々と中止や延期となっているようですが、何でも中止や自粛、延期の風潮に流されるのではなく、教育的配慮が必要ではないでしょうか。

もちろん、実施出来る方法を考えたうえで無観客での実施や規模縮小となるのは致し方ありません。

一方、現状、東京マラソンや聖火リレーなど、東京五輪に関係する大会は決行予定です。

東京五輪のために国内のイベントやスポーツ大会など、あらゆるものが犠牲になるのは釈然としません。

厳しいことを言えば、選抜高校野球など国内の大会やイベントで新型コロナウイルスが蔓延し危険と言うのなら、世界中から人が出入りする五輪などもっと危険なはずです。

マスコミも是非、この点についてもっと触れるべきではないでしょうか?

(3月4日追記)
3月4日、高野連会見では無観客試合を前提に準備進めると発表。
最終決定は3月11日の臨時理事会で判断。

【独り言】突然の自粛・縮小要請、一斉休校要請。背景には東京五輪か?

IMG_7976
(画像はイメージです)

新型コロナウイルス関連の情報が錯綜しています。
誤った情報に踊らされたのか、地元のスーパーでも、マスクの次はティッシュやトイレットペーパーが完売となっていて驚きました。

このような時は、やはり野次馬報道やデマ、不正確な情報にはより一層、気を付けないといけません。

さて、政府は新型コロナウイルス感染拡大に際し、一昨日26日にイベントやスポーツ大会の中止や自粛、縮小を要請。

また、具合が悪いからと言ってむやみに医療機関を受診しない(症状軽症者は自宅待機をする)よう呼びかけました。

翌27日の夜には全国の公立小中高で一斉休校を要請。

これに関連し、保護者が有給休暇を取れるよう企業に呼びかけるなど世の中が混乱しています。

この2日間で続いたイベント、スポーツ大会の自粛・縮小、延期の要請や一斉休校の要請。

背景にはやはり東京五輪?

そう考えることは想像に難くありません。

IOCの公式見解ではないとされていますが、IOCの古参委員が5月までに新型コロナが終息しない場合、東京五輪中止や延期に言及したことをAP通信が報じ、25日の夜に日本国内でもそのニュースが流れました。

この時点までは政府として、イベントなどの自粛を要請するものではないと発表していました。

その後、急に政府の動きが慌ただしくなり、28日までに各イベントやスポーツの自粛・縮小、延期、一斉休校要請に至っています。

安倍首相は国民の命を守ることを最優先にやるべき対策を躊躇なく実行すると述べています。

しかし、それならば国内完結のイベントやスポーツ大会よりも世界中から人が出入りする東京五輪の方がよほど危険ではないでしょうか?

仮にこの1~2週間で日本国内で感染拡大を防げたとしても、外国で大流行が続いている可能性があります。

そのような中、世界中から人が出入りすれば日本国内で再感染→再流行の可能性もあります。

選手村で新型コロナウイルスの集団感染が発生するリスクも考えられます。

現状では、スポーツ大会やイベントを中止や自粛、延期に追い込みながら、東京五輪に関連する(東京マラソン・名古屋マラソン・琵琶湖マラソン)や聖火リレーなどの行事は決行予定。

正直、国民の命を最優先という考えは微塵にも感じられません。

むしろ政府は東京五輪中止を恐れ、IOCへのパフォーマンスに走っているのでしょう。

東京五輪開幕日まであと5か月を切りましたが、この頃にはどうなっているのでしょうか。

【訪問記】居酒屋てっちゃんにて(2020.02.06)

DSC_1279

DSC_1278

DSC_1274

DSC_1273

奄美市名瀬の市街地にある居酒屋てっちゃん様にて。

このお店で初めて鶏飯丼を頂きました。
鶏飯は定番の奄美料理の1つですが、メニューにもある通り、お店でトッピングして初めての方にも食べやすいように出していただけます。

DSC_1277

DSC_1275

DSC_1276

このお店、著名人の方やプロスポーツチームのキャンプで来島している選手も来られるようです。
店内には横浜DeNAベイスターズの選手のユニフォームが飾られています。

現在、横浜DeNAベイスターズは沖縄で春季キャンプ中ですが、秋季は前身の横浜時代の2010年から2019年まで奄美大島でキャンプが行われていました
尚、2020年から秋季キャンプは奄美大島からは撤退し、二軍の本拠地である横須賀で行われると球団から公式発表されています。

DSC_1219


IMG_7654
(2020年2月6日・8日:鹿児島・奄美市内にて撮影)

奄美大島の島バスではベイスターズのラッピング車も運行されています。
上述の通り、残念ながら2020年より秋季キャンプは奄美から撤退となります。
このバスの動向が気になってしまう所です。

プライバシーポリシーと免責事項