しがない庶民の独り言

どこにでも居るしがない庶民です。趣味の旅行(訪問記)や地元神奈川ネタ、時事問題、社会問題など、完全不定期で投稿中。

【時事】"令和元年房総半島台風"から1年

2019年台風15号関東襲来から今週9日、1年を迎えます。
気象庁はこの台風を「令和元年房総半島台風」と命名しています。

IMG_6230

IMG_6241
(2019年9月10日:横浜市中区みなとみらい地区にて撮影)

この台風が関東に上陸したのが9月9日の明け方5時ごろでした。
伊豆諸島の神津島付近から北上し、相模湾、三浦半島付近を通過。
東京湾に侵入し、千葉県に上陸するという経路でした。

上陸時の台風15号は「強い勢力」で、中心付近の最大風速は40m/sと判定されていました。
これは関東に襲来する台風としては過去最強クラスで、筆者も地元で吹き荒れる経験のない暴風に困惑したことを思い出します。

「今まで大丈夫だったから今回も大丈夫だろう」というような固定観念は悪だと痛感させるものでした。

写真でお分かり頂けるかと思いますが、暴風となると一見、頑丈そうな木々も簡単になぎ倒されてしまうものです。

また、送電塔と電柱が倒壊、損傷するなどの被害もあり、千葉県を中心に関東の広範囲で停電が発生しました。

完全復旧までに2週間以上を要したと記憶しています。
停電で通信網が遮断された地域の状況の正確な把握が行えなかったことも報じられていました。
我々人間は電気が使えなくなると、何も出来なくなってしまうということです。

他にも建物破損や断水、通信障害、交通マヒ、観光船シーバスの沈没・漂流などあらゆることが起きました。

最近の関東襲来台風の中では、やはり多摩川の氾濫や北陸新幹線基地の水没など甚大な被害が生じた2019年台風19号(令和元年東日本台風)が記憶に残りますが、台風15号も凶暴でした。

【雑記】空の"綿飴"は嵐のサイン!(2020.09.07)

空の"綿飴"は嵐のサイン!
綿飴=入道雲のことを指しています。

IMG_0498

9月7日午後の横浜・みなとみらい地区にある臨港パーク付近の様子です。
台風10号も日本列島から遠ざかりつつあり、平穏が戻ってきたかに見えます。

しかし東京湾、ベイブリッジの方に目を向けてみると・・・。

IMG_0505

IMG_0499

上空には綿飴のようなモクモクとした背の高い入道雲が湧いてきています。

IMG_0506

好天で空気が澄んでいるときはベイブリッジの向こうの船舶や房総半島が微かに見えることもあるのですが、この日は殆ど何も見えませんでした。

ベイブリッジの向こう、入道雲の下ではゲリラ豪雨になっていたかもしれません。

IMG_0512

鶴見方面を見ても綿飴のような入道雲が見られます。
青空の所もありますが、局地的に豪雨になっていることを伺わせます。

この綿飴は突然現れます。
現れてから空が暗くなり、豪雨となるまではあっという間です。

IMG_0492

IMG_0495

夏と秋の空気がぶつかり合う8月や9月は特に"ゲリラ豪雨"の可能性が高まります。
7日の神奈川県は全域で竜巻注意情報も発表されるほど不安定な天候でした。

この記事をご覧の皆様、空の"綿飴"は嵐のサインです。
空の様子に気を付けましょう。

(写真はすべて2020年9月7日:神奈川県横浜市西区みなとみらい地区にて撮影)

【暮らし】入道雲は嵐のサイン!ゲリラ豪雨に警戒!

九州を中心に大きな被害をもたらした台風10号。
被災された皆様には心よりお見舞い申し上げます。

台風は徐々に日本から離れ、韓国・釜山付近に到達しようとしています。
しかし暴風域・強風域ともに大きく、まだしばらくは警戒が必要です。

2010-00 (3)
(2020年9月7日:気象庁公式サイト台風情報より引用)

台風10号の中心は予想通り、九州西方沖から長崎・五島列島、そして対馬周辺を直撃しました。
これらの地域では先週、台風9号も通過したばかりですが、甚大な被害が懸念されます。

また台風から離れている地域でも、暖湿気によるゲリラ豪雨に警戒が必要です。

DSC_2120

DSC_2119
(2020年9月7日:横浜市内にて撮影)

つい先ほど筆者宅のベランダから撮影したものです。
不気味な入道雲が絶えることなく南から北へ流れています。
前回の日記でも触れましたが、入道雲は嵐のサインです。

202009071020-00

202009071025-00
(2020年9月7日:気象庁サイトレーダー・ナウキャストより引用)

レーダーを見てみると、台風本体から離れているはずの四国~関東地方にかけて積乱雲が至る所にあることが分かります。

帯状のいわゆる線状降水帯のようなものも見られます。
長時間続くのか、短時間で収まるものなのかは分かりませんが、いずれにしてもゲリラ豪雨が起きると浸水や河川の氾濫の恐れもあります。

空の様子、そして入道雲が無いか注意し、安全最優先の行動を心がけましょう。

プライバシーポリシーと免責事項