しがない庶民の独り言

どこにでも居るしがない庶民です。趣味の旅行(訪問記)や地元神奈川ネタ、時事問題、社会問題など、完全不定期で投稿中。

2020年06月

【独り言】東京54人、神奈川20人以上(2020.06.30)

2020年も今日6月30日で折り返し。
コロナのせいであっという間に過ぎ去ってしまった気がします。

今月半ばから首都圏や北海道で新型コロナ感染者が再び増加傾向にあるようです。

IMG_20200630_165700
(2020年6月30日:神奈川新聞20面より引用)

昨日6月29日は東京58人、埼玉13人、北海道11人。

今日6月30日は東京54人、神奈川は横浜市だけで20人以上(記事執筆時点)、北海道は13人の感染確認と発表されています。

首都圏の感染者の多くはクラスター発生源としてやり玉に挙がっている夜の街でウイルスをもらってきているようです。

毎日、夕方になると各都道府県の新型コロナ感染者が発表されます。
しかし、筆者からすればだから何?と思うのが正直なところ。

日本国内では感染しても8割が軽傷か無症状と言われています。

春先の緊急事態宣言や#stayhome、#おうち時間という言葉に象徴される異常な自粛政策。
ソーシャルディスタンス、新しい生活様式など全くもって不要。

必要なのは、

・新型コロナを指定感染症から外すこと。

・他の風邪と同様の扱いとし、一般の医療機関でも診察可能とすること。

・IOCに五輪中止を促すこと。
(←これについては別述予定)

この3点であるのは我々庶民から見ても明らかです。
何も大騒ぎする必要はありません。

今回のコロナ禍では本来、感染症対策に関し先陣を切らなければいけないはずの厚労省は一体、何をしているのか。
なぜか経済再生相の談話ばかり目立ちますね。

色々と批判もありましたが、2009年の新型インフルエンザ大流行時は舛添要一厚生相(当時)が先陣を切って動いていたことを思い出します。
緊急事態宣言や異常な自粛政策で社会や経済が止まるということはありませんでした。

逆に指定感染症から外れずマスコミと結託して煽るような報道を続ける理由も考えてみましょう。

まずは五輪中止を恐れ、WHOやIOC、国際世論にパフォーマンスを図るためか。
これは過去の記事でも何度か触れていますが、

2月25日のIOCコーツ委員の「5月にコロナが終息しなければ五輪中止」発言

2月26日の安倍首相による大規模イベントの自粛・中止・延期要請

2月27日の安倍首相による小中高校の全国一斉休校要請

という政府の動きを見ると間違いないでしょう。

それに加え、今は某議員夫妻の公選法違反(大規模買収事件)から国民の目を逸らさせる目的も想像できます。
実際、某議員夫妻が逮捕された6月18日から東京都の感染者数が増えているような・・・?

これはあくまで筆者個人の想像の域ですが、様々なことを思い浮かぶのが正直なところです。

【独り言】高温多湿の時期は真冬の寒さを思い出そう!

日本列島は梅雨真っただ中。

高温多湿のこの時期、加えて2月から続く"コロナ騒動"や異常な自粛政策などもあり、余計にイライラしがちです。

ストレス緩和のため、夏の暑い季節、あえて真冬の寒さを思い出すのも有効です。
寒冷地に行った時のことを思い出すのも良いでしょう。

10391693_913190552133298_1844367488409550644_n

1934563_913190572133296_9072779806660217920_n

1917833_913190588799961_9136494365795681392_n

12112510_913190612133292_679510953311432149_n

12801575_913190625466624_6305207536359097005_n

10737_913190638799956_8543756011258810501_n
(2016年3月20日:北海道上川郡層雲峡温泉街にて撮影)

初春に北海道上川郡層雲峡を訪れた時の写真です。
層雲峡氷瀑祭りが開催されている季節でした。

初春と言っても北海道では3月半ばはまだまだ雪の季節。
辺り一面も雪で真っ白。
日中の気温は0度に届かず終始氷点下といった状況。

神奈川県民の筆者にとっては、真冬を超える厳しい寒さであったことが思い出されるところです。

【独り言】梅雨らしい天気図

2020年6月28日、午前中は前日の天気予報通り地元横浜市は大雨でした。
特に10時~12時頃は滝のような雨で視界が非常に悪くなりました。

20062818
(2020年6月28日:気象庁ホームページ天気図より引用)

天気図を見ると前線が中国大陸から日本の南岸、三陸沖、日本のはるか東にかけて伸びています。
梅雨らしい天気図です。
発達気味の低気圧も前線上に連なっています。

近年、梅雨入りしても空梅雨の年の方が多かった気がしますが、昨年と今年の梅雨はよく降ります。
神奈川県の週間予報を見ても明日6月29日は晴れマークですが、それ以降は曇雨ベースです。
最高気温も来月初め頃から30度前後に達する予想。

高温多湿のこの時期。
やはり熱中症や食中毒、そして新型コロナ以外の夏風邪にも注意しなければいけません。

【独り言】6月28日午前中は関東地方も豪雨?

本日6月27日は西日本、特に九州で豪雨となっているようです。
記事執筆時点で鹿児島・宮崎・佐賀県内に土砂災害警戒情報が発表されています。

202006272200-00
(2020年6月27日:気象庁公式ホームページレーダー・ナウキャストより引用)

振り返ってみれば昨年は8月に佐賀県内で1時間に100mmを超える豪雨がありました。
これは観測史上初で、武雄市内などで甚大な水害が発生したのは記憶に新しい所です。

その前の年も西日本豪雨(平成30年7月豪雨)が発生。
被害は近畿地方から九州地方までの広範囲に及び250人を超える方が犠牲となりました。

近年、"何十年に一度"と言われる豪雨や台風が毎年のように襲来しています。
猛暑と同様、気候が日に日に極端になって来ていることを実感します。

今、九州にある積乱雲が東進して来るのか、明日6月28日午前中は関東地方も豪雨の予報が出ています。
嵐が過ぎ去るまでは不要不急の外出は控え、安全最優先で過ごすよう心掛けたいところです。

【雑記】防災用品を点検!

今月25日朝5時前、千葉県東方沖を震源とするM6.1、最大震度5弱(千葉県旭市)の強い地震がありました。
強い揺れを観測した地域を中心に怪我人の発生も報じられています。

群馬・長野県境にある浅間山も火山性地震が増加。
今月25日に噴火警戒が2に引き上げられています。

この前日には海外ですが、メキシコ南部でM7.7の大地震が発生。
震源が海底であったことから周辺海域では津波警報が発令。
遠く離れた日本でも若干の海面変動の可能性という予報が一時、発表されました。

やはり地震はいつ起きるか分かりません。
過去の日記でも何度か同じことを取り上げましたが、改めて防災用品を点検してみました。

DSC_1794

懐中電灯、実際に使う機会はなかなかありません。
しっかり点灯するか気になりましたが、無事、点灯しました。
これは乾電池式なので、乾電池の備えも忘れないようにしなければいけません。

DSC_1795

こちらは赤色の点滅ライト(誘導灯)です。
工事現場でよく使われているイメージがありますが、当初、どこで何の目的で買ったのか記憶にありません。

しかし、あの2011年3月11に発生した東北地方太平洋沖地震(東日本大震災)。

筆者宅でも停電が起きましたが、たまたま自宅にあったこの点滅ライトで停電が復旧するまで凌いだことを覚えています。

震災クラスの地震が起きないのが一番ですが日本は災害大国。
起きる前提で備えなければいけないと考えます。