しがない庶民の独り言

どこにでも居るしがない庶民です。趣味の旅行(訪問記)や地元神奈川ネタ、時事問題、社会問題など、完全不定期で投稿中。

2020年08月

【独り言】安倍首相辞任表明(2020.08.28)

8月28日、安倍首相が辞任を表明。
理由は持病の潰瘍性大腸炎の悪化による体調不良とのこと。

2012年12月から8年近くに渡って続いた安倍政権は突然、終止符が打たれることになりました。

IMG_20200829_231608
(2020年8月29日:スポーツニッポン1面にて)

早くも後任候補の方の名前が何名も浮上してきています。

誰が首相でも、今、新型コロナ関連でやらなければいけないことは何か。

まず日本国内では風邪の一種に過ぎない新型コロナウイルスCOVID19の指定感染症からの除外。
それが駄目なら2類相当からの降格。

2類相当としていることで全数調査・感染経路追跡の対象や無症状でも原則隔離となり、病床数の逼迫や保健所・医療機関の負担増大につながるわけです。

また、自粛警察やコロナ自警団などといった犯罪者を生み出し、感染者や陽性反応者、そしてクラスター発生施設への誹謗中傷の原因にもなっています。

政府や厚労省は引き続き新型コロナの指定感染症を継続し、軽症者・無症状者は宿泊施設や自宅での療養が徹底されるよう、政令改正で対応すると8月28日に発表しています。

頑なに指定感染症を継続させる理由は何なのか?

新型コロナよりも怖い感染症や病気。たくさん存在します。
ワクチンがあるはずの季節性インフルエンザや肺炎球菌なども、リスクゼロにはなりません。

筆者は世間から何かとやり玉に挙がっているGoToキャンペーンには反対していません。
ただ継続するのであれば、

・新型コロナの指定感染症除外(それが駄目なら5類相当への降格)
・GoToキャンペーンの東京追加
・イベント制限の全面撤廃

この3つを早急に行うべきでしょう。そうでなければ辻褄が合いません。

実際、政府はGoToキャンペーンなどを活用した旅行を推奨。

一方、東京都や沖縄県などでは今月から来月初めにかけて、新型コロナウイルスの陽性反応者急増を理由に緊急宣言中のような自粛・休業を要請するなど、対応が矛盾しています。

これも指定感染症(2類相当)の扱いとしている弊害です。

安倍首相は次の総裁が決定するまでは首相を続投すると発言しています。

総裁選は9月15日が有力視されているようです。
退任となる最後の日まで新型コロナの指定感染症からの除外。
もしくは2類相当からの降格を強く促し、次の首相に引き継ぐべきではないでしょうか。

【独り言】ようやく?新型コロナ「2類相当」見直しか。

ようやく?新型コロナ「2類相当」見直しか。
我々庶民は政府の正式発表を待つしかありませんが、早急な見直しが必要ではないでしょうか。

IMG_20200827_220448


IMG_20200827_220606
(2020年8月26日:産経新聞1面にて)

新型コロナは現在、2類相当の扱いになっています。
そうなると、PCR検査や抗原検査などで陽性反応が出れば、その人はたとえ無症状であっても原則隔離されてしまいます。

これは嫌がらせでも何でもなく、感染症法に基づくものです。
問題は本当に2類相当の扱いにするほど危険なものなのか?ということ。

新型コロナは不治の病でも難病でもなく"風邪"であることは明らかです。
殆どの人は自然に治癒してしまうものでしょう。

7月から国内で新型コロナの陽性反応者が激増し第2波と言われています。
これは特に第2波でも何でもなく春の続き。
単にPCR検査や抗原検査の数を増やしたからです。

東京都の新型コロナウイルス感染症対策サイトで3月からの検査人数を見直してみれば、それはお分かりいただけるはず。

新型コロナが指定感染症(2類相当)となってからしばらくは中国・武漢に滞在歴がある方とか濃厚接触者。
37.5度以上の熱が4日以上続くとか、検査対象となる方は非常に限られていました。

筆者は今のような無症状者へのやみくもな検査は医療資源の無駄遣いになると考えています。

しかし初期段階で大量のPCR検査や抗原検査を実施していれば、新型コロナが不治の病でも難病でもなく"風邪"あることをもっと早く証明できたのかも?とも感じます。

政府や東京都が"五輪中止"を恐れ、新型コロナの陽性者数や感染者数を数字上少なくするために初期段階で大量の検査に消極的だったと指摘されることが多いですが、その通りでしょう。
2月26日以降の政府の動きを見直してみると、それは明らかです。

ここに来て新型コロナの2類相当の見直し、そしてGoToキャンペーンの東京追加検討の話も出てきました。

これは政府がIOCや国際世論へどれだけパフォーマンスを行っても、五輪開催は不可能であると悟り、五輪開催ありきの体制から方向転換した可能性があります。

IOCから既に水面下で"五輪中止"の勧告が来ているのかもしれません。

現時点では開催不透明な五輪。インバウンドも期待できず。
となると当面はGoToキャンペーンの東京追加などで内需を刺激し、経済を回していくしかありません。

新型コロナも「2類相当」見直しではなく、指定感染症から完全に除外し、全数検査も中止するべきでしょう。

上述の通り「2類相当」の扱いになっていることで無症状で原則隔離となり医療機関が逼迫したり、風評被害が起きるのではないでしょうか。

本当に悪いのはウイルスそのものではなく、指定感染症「2類相当」扱いだと考えます。

【雑記】野鳥も熱中症対策?日陰に"密集"(2020.08.26)

野鳥も熱中症対策?日陰に"密集"
立秋過ぎても厳しい残暑のトンネルが見えません。

IMG_0003

IMG_0012


IMG_0005

横浜市中区山下公園の様子です。
観光地、そして野鳥スポットとしても有名ですが、野鳥たちも暑さに堪えたのか、芝生や木々の日陰の部分に集まっていました。

日陰の芝生の部分には鳩や雀、ムクドリといった複数の種類の野鳥が見られました。

人間社会でいう"三密"の状態にも見えますが、特に鳥同士が喧嘩することもなく、むしろ適度にソーシャルディスタンスを確保している?ように見えました。

野鳥に新型コロナ(COVID19)は関係ないかもしれません。
むしろ我々人間も発症する熱中症や鳥インフルエンザの方が怖いはず。

しかし今はこの暑さが危険であるか、熱中症にならないためにどうすれば良いか?ということを本能で知っているからこそ、日陰に集まったり水浴びするのでしょう。

野鳥たちは非常に気持ちよさそうに過ごしていたのが印象的でした。

IMG_0032

IMG_0027

厳しい残暑が続く一方、入道雲を目にする機会が多くなりました。
8月は1年の中で圧倒的に雷が多い時期と言われています。

実際、8月26日も大気の状態が不安定で、夕立の所もあるようです。

陽が落ちる時間も早くなってきました。
季節は秋に向かっていることは間違いありません。

(写真はすべて2020年8月29日:横浜市中区山下公園内にて撮影)

【独り言】新型コロナのクラスター発生ならさらし首?

新型コロナのクラスター発生ならさらし首?
鳥取県で成立した新型コロナクラスター対策条例。

IMG_20200826_195852
(2020年8月26日:iza記事より)

今年9月1日から施行予定。
内容としては5人以上のクラスターが発生し、感染拡大の恐れがあれば知事は独自に該当施設と対策状況を公表とするとのこと。

この条例を称賛する声もあるそうですが、とんでもありません。
こんなことをして何になるのでしょう?

行政まで新型コロナの感染者や陽性反応者、クラスター発生施設への誹謗中傷に加担しているといっても過言ではありません。

仮に個人経営の小さな飲食店や商店でコロナのクラスターが発生し、公表されたとします。
そうなれば風評被害が瞬く間に広まり、そのお店は高い確率で"永久休業"に追い込まれるでしょう。

せいぜい数万~数十万の休業協力金が運よく払われたとしてもその程度のものは焼け石に水。

お店の経営者はもちろんですが、そのお店の利用客で感染した人などもすぐに特定され、いわゆる"村八分"に遭い、遠方への転居を余儀なくされるケースも考えられます。

世の中、案外狭いもの。
人口の少ない地域ほどそのリスクは高くなるはずです。

筆者はそもそも新型コロナの感染者や陽性者、クラスター発生施設の詳細公表は不要と考えています。

根拠は、まず新型コロナは"風邪"に過ぎないこと。
そして公表は、誹謗中傷やプライバシー侵害の原因となるからです。

行政が感染者や陽性者の詳細を公表したり、第3者が詳細を詮索したり誹謗中傷しても何の解決にもなりません。
そんなことで感染リスクがゼロになったり、有効なワクチンや薬が生まれるのか?
ただの八つ当たりですよね。

我々は"知る権利"もありますが、当人の"プライバシーを守る義務"もあるはずです。

どこの誰が罹ったって良いではありませんか。風邪なんだから。
感染したり陽性反応が出たら、謝罪しなければいけない風潮もおかしいですね。

むしろ自粛警察やコロナ自警団による誹謗中傷こそ犯罪です。
こういった人たちこそ厳しく処罰するべきであります。

誹謗中傷している当人がもし感染したら、どう弁明するのか聞いてみたいところですね。

【独り言】新型コロナの"指定感染症"からの除外。いつやるの?今でしょ!

新型コロナの"指定感染症除外"いつやるの?今でしょ!

新型コロナの存在でインフルエンザ検査治療に支障も?
このまま指定感染症(2類相当)が継続すれば十分にあり得る話です。

IMG_20200824_220958
(2020年8月24日:朝日新聞オンライン記事より)

8月も残り1週間を切りました。
あと2か月足らずで季節性インフルエンザの流行が始まります。

ところが2020~2021年シーズンは新型コロナの存在で、例年通りの検査や治療を受けられない可能性があります。

例えばインフルエンザの迅速検査が受けられないケース。
それから高熱により町医者から門前払いされて診断が遅れ、発症から48時間以内にタミフルなどの治療薬を入手・服用できないといったケースが考えられます。

今年の春、実は筆者はこんなことがありました。

ある日の夜、急に38度を超える熱が出て、酷い悪寒を感じ、関節も痛くなりました。

インフルエンザかなと思い、総合病院の夜間の救急外来を受診しました。

しかし今シーズンは新型コロナの感染予防の観点から、インフルエンザの迅速検査を行わないことにしていると説明されました。

患者が万が一、新型コロナに感染していた場合、検査キットを使うことで粘膜を刺激し、誘発された咳やくしゃみで医療従事者の飛沫感染のリスクが高まるというのが理由でした。
確かに診察する方からすれば感染、そしてその医療機関で風評被害が起きるリスクを懸念するでしょう。

結局、この時はインフルエンザだったのか別のものだったのか、高熱の原因が分からないままでしたが、2~3日で治りました。

ちなみに筆者も昔ですが、インフルエンザを経験したことがあります。
感染時の症状は非常につらいものです。

今振り返ってみれば、昨年末から年明けごろにかけては筆者の周りでもインフルエンザが蔓延していました。

インフルエンザの検査が抑えられるようになったのは、新型コロナが指定感染症(2類相当)となった1月下旬か2月上旬くらいからでしょうか。

2019~2020年シーズンはインフルエンザの感染者数が過去5年で最も少なかったそうですが、上述の理由でインフルエンザの検査が全国的に抑制された結果とも言えるでしょう。

風評被害や病床数逼迫の抑止、インフルエンザなど他の病気の妨げにならないためにも、新型コロナCOVID19の指定感染症からの除外。
早急に実施するべきではないでしょうか。

指定感染症(2類相当)であることから、無症状か軽微な症状でも原則隔離となってしまうわけです。

隔離用のホテルや病床数も逼迫するのは当然。
全数調査の行わなければならず、保健所の業務も過多となるでしょう。
非常に馬鹿げていますが、感染症法に基づき、そうならざる得ないのです、

日本国内のインフルエンザの死亡者数は年間でおよそ1万人とされています。

新型コロナの日本国内の死亡者数は、今年1月に指定感染症となってから記事執筆時点で約1200人。
どちらが危険か、答えは明白です。

過去の病気と思われがちな結核も日本では1年間でおよそ1万8千人の方が発症し、1900人が死亡するとされています。

リスクゼロ、感染者ゼロはあり得ず、新型コロナCOVID19で大騒ぎするのがいかに馬鹿げているか。

指定感染症から除外しない政府、そして面白おかしく煽るような報道を行うマスコミ。
特にワイドショーやモーニングショーの罪は非常に重い。
これらは諸悪の根源であり、社会経済活動を蝕んでいるといっても過言ではありません。