しがない庶民の独り言

どこにでも居るしがない庶民です。趣味の旅行(訪問記)や地元神奈川ネタ、時事問題、社会問題など、完全不定期で投稿中。

2020年12月

【独り言】来夏へ延期の東京五輪は本当に開催可能か?

来夏へ延期の東京五輪は本当に開催可能か?
ここに来てイギリスや南アフリカ起源の新型コロナウイルス変異種の出現も。

IMG_1833
(2020年11月14日:北海道札幌市中央区旧北海道庁付近にて撮影)

コロナ騒動により東京五輪はひとまず2021年への延期が今年の3月に決定済みです。

政府として"五輪中止"という事態を何としても避けるため、安倍首相(当時)が「最後のオプション」としてIOCのバッハ会長に"1年延期"を電話で提案したとされています。

また11月15日から18日にかけてIOCバッハ会長が来日。
大会組織委員会との会議や菅首相・小池都知事との会談などが行われ、11月16日にIOCバッハ会長らによる記者会見が行われました。

この日の記者会見で五輪開催可否について何らかの表明が行われるのではないか?という予想の声もありましたが、開催するとも中止するとも明言せず。

その後も中止説や中止論が飛び交いながら、現在に至ります。
2020年も今日12月31日でおしまいです。

日本において新型コロナは"風邪"程度。
インフルエンザなどと同様、高齢者や持病がある方は注意が必要ですが、不治の病でも難病でもないことは明らかです。

ただし全世界となると話は別。
衛生環境や医療水準なども国それぞれでしょう。

五輪に繋がる予選会も十分に行えず、それどころか再ロックダウンに入った国も出てきました。
加えて、冒頭にも記しましたが、感染力が強いとされる変異種の出現。

日本も12月28日から来年1月末まで、全世界の新規の外国人入国を停止するとしています(一部ビジネス渡航を除く)。

多くの国で厳しい外出制限やロックダウン、飲食店・学校の閉鎖が行われています。
五輪選考のための予選を行える状況ではないでしょう。

コロナ騒動前のように世界中を自由に往来できる見込みも全く立っていません。

21年夏に延期となった東京どころか、22年冬の北京五輪の選手選考に関係する大会にも影響が生じてきそうです。

五輪開催に関する決定権はあくまでIOC。
IOCには直ちに決定を下し、その内容を公式に発表してもらいたいところです。

現実として行き過ぎた商業主義。そして政治化された五輪。

大原則であるはずの公平性、そしてフェアプレーの精神に基づいたスポーツ大会に戻せるか。
今はそれが問われていると思います。

※2020年内の更新は本記事を持ちまして終了いたします。本年もご覧いただきありがとうございました。

【独り言】年末年始は#おそとで過ごそう!

2020年もあと1日。年末年始は#おそとで過ごそう!
そしてゆったり#旅をしよう!

そしてどこかの首長は訳の分からない横文字とカタカナを巧みに使い、ありとあらゆる物を自粛・中止させる一方、東京五輪は開催協調。

まさに五輪のために欲しがりません勝つまでは!という姿勢。

他の行事、催し物の足枷と化している東京五輪こそ中止だ中止!

IMG_20201230_220709
(2020年12月30日:THE PAGEオンライン配信記事より)

繰り返される小池都知事の不要不急の臨時会見。
そろそろ飽きてきた気もしますが・・・。

本当に新型コロナが危険なウイルスであると思っているのなら、当然、開催都市として"五輪返上"。
五輪こそどうぞ諦めていただきたいものです。

12月30日の臨時会見で2つの未知(変異株の感染者とコロナ禍において初めての冬)などと発言していました。

膨大な人数が国内外を往来する五輪など論外です。
世界からやって来た無症状者が街を歩き回り感染を拡大させることなど小学生でも分かることです。

結局、小池都知事からすれば東京五輪開催時の都知事でいたいというレガシーのための自粛要請であるのは明らかです。
逆の表現をすれば、五輪中止時の都知事という汚点をつけたくないということ。

五輪開催時の首相というレガシーを残したかった安倍前首相と一緒です。

「ステイホーム」「おうち時間」。その他の時短休業要請。
こんなことは飲食業や旅行業、観光業、旅客運輸業などへの公的営業妨害とも言えます。

小池都知事の言うことを黙って聞いていたら庶民の生活や学校生活。
皆様の仕事や営んでいる事業など、ありとあらゆるものが完全に破壊されてしまいます。

小池都知事の会見の内容はすべて"無視"。
"昔の日常"に戻ることが、庶民が出来る数少ない反発方法の1つであります。

【暮らし】2日早い!?年越し"担々麺"

2020年も残りあと2日です。
筆者は2日早い!?"年越しそば"ではなく、年越し"担々麺"を地元で頂きました。

DSC_2337
(2020年12月29日:横浜市西区南幸・マリモ様にて)

寒い冬はラーメンがおいしい季節でもあります。
筆者がよくお世話になっているのは、横浜モアーズの向かい側、狸小路商店街の入口にあるマリモ様。

横浜はとんこつの家系ラーメンばかりですが、その中で札幌の醤油ラーメンをベースにしたお店です。
筆者は写真の坦々麺をよく頂いています。

これから冬が深まるにつれ、ラーメンが恋しくなることも多くなりそうです。

※関連記事※
【雑記】ラーメンのおいしい季節到来(2019.10.15)
http://shiganaishomin.com/archives/21561409.html

【独り言】年末は冬の大嵐?国交省が大雪に対する緊急発表(2020.12.28)

12月28日、国交省が大雪に対する緊急発表。
年末は冬の大嵐?となりそうです。

000_telop_aftomorrow
(2020年12月28日:気象庁公式サイト天気予報より引用)

気象庁などの発表によると明後日12月30日から翌年1月1日にかけ冬型の気圧配置が強化。
北日本から西日本の日本海側を中心に大雪・大荒れとなる恐れがあるとのこと。
今回は山地だけでなく平地でも積雪となる可能性があるとしています。

気象庁が12月28日23時に発表した12月30日の予報によると、新潟と松江は暴風雪。
大阪や福岡も雨のち雪。
鹿児島も雪の予報となっているようです。

国交省は12月28日、12月30日から翌年1月1日ごろにかけての期間を対象に、大雪に対する緊急発表を行っています。

・不要不急の外出を控えること
・大雪による立ち往生に警戒すること
・やむを得ず自動車を運転する場合、早めに冬タイヤを装着し、チェーンを携行すること。
・公共交通についても大規模かつ長時間にわたる遅延や運休発生の恐れがあること

といった内容が発表されています。

最新の気象情報や交通情報に十分留意し、厳重な警戒を。
そして安全最優先の行動を取る必要がありそうです。

【独り言】小池都政では令和版"学徒動員"開始か?

小池都政では令和版"学徒動員"開始か?

小中学生に医療従事者へ感謝の年賀状プラン!
こんなのは小池都知事による小中学生の"私物化"です。

IMG_20201223_220836
(2020年12月21日:東スポweb記事より)

小中学生に医療従事者へ感謝の手紙を送ることを強要するそうです。
兵隊さん、ありがとう!ということでしょうか。
もっとも都内の小中学生も暇ではないでしょう。

今年もあと1週間を切りましたが、特に小中高生の皆さんは3月以降、学校のあらゆる行事や大会などを奪われてしまったと思います。

数えればきりがありませんが、例えば卒業式や入学式。

3月4月の桜が咲く季節は節目の季節です。

小池都知事や大阪の吉村知事など、春先に9月入学・9月始業を盛んに唱える首長が存在しました。
しかし桜の季節は節目の季節。
4月入学や4月始業は日本の慣例・習慣であり、日本にはそぐわないものです。

修学旅行や遠足などの課外活動。部活動の大会や発表。

例えば中止になった夏のインターハイや吹奏楽のコンクール、第92回選抜高校野球大会第102回全国高校野球選手権大会など。

他にも多くのものが中止に追い込まれましたが、これらは10代の限られた時間でしかできないもの。
もう取り返しは尽きません。

この記事を小中高生の方がご覧になっているかは分かりませんが・・・、

学校などから年賀状やメッセージボードなどへの記入を強要されても、応じる必要は全くありません。

むしろ、

・「私たちは小池都知事の道具ではありません!」

・「何で五輪のために我慢しなきゃいけないの?」

・「自粛に疲れたと言ってる場合でないなら、小池都知事は五輪に浮かれている場合ではありません!」

・「五輪よりも学校生活の方が大事!」


などと言った内容をどんな方法でも構わないので主張するべきです。

今はSNS全盛期の時代。
ツイッターなどへこれらの内容を#(ハッシュタグ)をつけて発信すれば、誰かが見て広めてくれるかもしれません。。

小池都政は新型コロナウイルスや五輪の政治利用に続き、小中学生を私物化し政治利用。

もはややりたい放題の小池都政。
近隣他県も迷惑であり悪影響を及ぼす懸念があります。

この状況、我々庶民は抗わなければいけません。
小池都知事は言うまでもなく"選挙ファースト"

小池都知事の言うことを黙って聞いていたら庶民の生活も学校生活も何もかも完全に破壊されてしまいます。

小池都知事の自粛要請、時短要請などあらゆる要請はすべて"無視"。
"昔の日常"に戻ることが、庶民が出来る数少ない反発方法の1つでしょう。