しがない庶民の独り言

どこにでも居るしがない庶民です。趣味の旅行(訪問記)や地元神奈川ネタ、時事問題、社会問題など、完全不定期で投稿中。

2021年01月

「不安軽減」コントロール術のヒントは野鳥にあり?

「不安軽減」コントロール術のヒントは野鳥にあり?
長引くコロナ騒動は人間のメンタルにも重大な影響を与えています。

人間のメンタル、案外脆いものです。

IMG_3320

IMG_3322

IMG_3319

IMG_3324

昨年の春くらいからでしょうか。筆者は野鳥を観察するようになりました。
特に鳥類に詳しいわけではありませんが、普段通り飛び回っている野鳥を見ると何か癒されるのです。

IMG_3332

IMG_3334

ハトが日差しに当たりながら体を丸めていました。
雪の可能性があった先週末とは打って変わり、快晴の青空の下でしたが、真冬の寒さでした。
寒さを防ぎ、健康を維持するための日光浴が必要なのは人間と変わりません。

IMG_3331

珍しく?山下公園にムクドリが居ました。
赤レンガ倉庫付近の芝生広場では集団でよく見かけますが、山下公園ではあまり見ないような気がします。

IMG_3328

IMG_3330

こちらはカラス。
ポップコーンのようなものを口に加えていました。
加えたまま飛んで行ったので、その場で食べず、塒にストックしたのかもしれません。

現在、社会の空気が非常に殺伐としています。
特にコロナや政治に関し辛辣なことを書くこのブログもその原因を作っている1つかもしれません。

現実として、疲れやストレスを全く溜めないのは殆ど不可能です。

ただ、それを緩和するヒントは野鳥の動きにあると考えています。
いわゆる野鳥のような"普段通り"という行動。
情報過多に惑わされず、過剰反応しない。

鳥の世界でも今、鳥インフルエンザの大流行が報じられています。
それでも彼らは特に翻弄されることなく淡々と飛び回っています。
鳥は鳥たちで危機感を持っていたり人間にはわからないようなシグナルを出しているのかもしれませんが。

根拠がない!と言われればそれまでですが、この日、野鳥をずっと観察していて、筆者はそんな気がした次第です。

(2021年1月30日:横浜市中区山下公園にて撮影)

※関連記事※
【雑記】"コロナ疲れ"緩和のヒントは野鳥の動きにあり?(2020.03.03)
http://shiganaishomin.com/archives/23845456.html

緊急事態宣言延長?

緊急事態宣言延長?
では、東京五輪は絶望的ですね。
勝手にすれば。

IMG_20210129_225606
(2021年1月29日:毎日新聞オンライン記事にて)

IMG_20210129_222504
(KNG info2より)

緊急事態宣言、延長不可避の情勢 1カ月程度想定か 来週判断へ
https://news.yahoo.co.jp/articles/8d25aea4af3165ae14c0b66779eaa938d294460b

本当に医療提供体制の逼迫など新型コロナに対し危機感を抱いているのなら、分科会は是非、来週の諮問委員会で"東京五輪返上"を議題に挙げ、政府上役に上申するべきでしょう。

是非、政府上役や五輪組織委員に対し五輪関連行事の自粛要請。
五輪返上要請などの「強い措置」を行ってください。

神奈川・千葉・埼玉の知事も庶民に自粛を求める前に東京都や政府に対し"五輪返上"を要請して下さい。

命を最優先にするため五輪返上させたと言うことになれば、その人の評価はうなぎのぼりです。
コロナが本当にただの風邪でなく不治の病や難病ならばですね。

1月28日の記事で、筆者は政府や東京都こそたるんでいると書きました。

1月26日の国会で橋本五輪相の発言であった、東京五輪のための、医療スタッフ1万人に協力依頼という件。

そもそも年明けからの11府県を対象とした再度の緊急事態宣言の根拠は病床数の不足など医療の逼迫だったはずです。

庶民には一方的に外出や移動自粛、飲食店に休業や時短を求めながら、五輪に向けて政府は1万人の医療スタッフを確保するため、平然と協力を要請するという姿勢。

まさに新型コロナに関しては何の危機感も無く、ただ五輪中止阻止のために空騒ぎしているという証です。
金儲け、政治屋のレガシー、政府と都の面子のため。

ふざけるな!というのが庶民の総意です。

カラスは"おそと"でごはん?

カラスは"おそと"でごはん?
外食ランチ自粛要請には負けないぞ!

IMG_3267

IMG_3269

前回の記事でたくさんのユリカモメに迎えられて飛鳥IIが横浜・大さん橋フェリーターミナルに入港したことを掲載しました。

この日、誰かがユリカモメに与えたと思われるポップコーンを突然飛んできたカラス2匹が強奪。
美味しそうに食べていました。
「お前のものは俺のもの!」と言わんばかりです。

IMG_3264

IMG_3263

年明けに緊急事態宣言が再発令された辺りからでしょうか。
カラスを目撃する機会が明らかに増えました。

この1年、繁華街ではコロナ騒動による長期休業や時短営業でごみが減り、これまで繁華街のえさをあてにしていたカラスは死活問題となるはず。

減った餌を補うために住宅地や観光地まで行動範囲を広げて来ていても不思議ではありません。

コロナ騒動はカラスにとっても食糧逼迫という緊急事態を引き起こしてしているようです。

IMG_3268


IMG_3266

IMG_3274

カメラを向けても逃げようとしません。
結構、人に慣れているのかもしれません。

カラスと言うと朝早くからの鳴き声やエサ目当ての住宅地のゴミ集積所の荒らし。
巣作りのため、自宅のベランダや庭からの針金ハンガーの持ち去りなど、厄介者扱いされることの方が多いかと思います。

ただ間近で見ると結構かわいいような?気がしないでもありません。

あくまで筆者の感覚ですが、昔、自宅で文鳥を飼っていたことをふと思い出します。

(2021年1月25日:横浜市中区大さん橋フェリーターミナル付近にて撮影)

政府こそ気の緩み!?

政府こそ気の緩み!?
東京五輪のため、五輪相が医療スタッフ1万人に協力依頼。

政府や東京都こそたるんでいます。

西村担当相と尾身会長、今こそ出番ですよ。

西村担当相が念仏のように唱える「罰則」「強い措置」「気の緩み」。
最近は小池都知事の影響を受けたのか「おうちでごはん」という言葉も出来たようですが・・・。

西村担当相と尾身会長のコンビは、直ちに政府上役や五輪組織委員に対し五輪関連行事の自粛要請。
五輪返上要請などの「強い措置」を行ってください。

IMG_20210126_200215
(2021年1月26日:AFP=時事にて)

筆者は現在やり玉に挙がっている飲食店ではなく、五輪忖度の政府と東京都の姿勢に腹が立って仕方がありません。

五輪関連の広告や掲示が目に入るだけでも不愉快です。

さて、東京五輪のために医療スタッフ1万人に協力依頼というのは1月26日の国会で橋本五輪相の発言から出てきました。

この人は何様のつもりなのでしょう?

橋本五輪相と言えば、昨年4月28日、国会中継の一部を視聴する機会がありました。

その中で橋本五輪相が、五輪出場予定だった選手の不安やスポンサー企業との契約、強化費の減少、選手選考見直しなどについて触れる場面がありました。

はっきり書きますが、このようなことなど我々庶民からすれば贅沢な悩みです。

"コロナ恐慌"や"コロナ倒産"などという言葉を耳にするようになりました。

コロナ騒動による経済状況の悪化でどれだけの人が今日・明日の生活すらままならない状態になったことでしょうか。

それに五輪関連予算は国民の貴重な税金。
そういう自覚が全く感じられず、税金で賄われて当たり前という姿勢。
無神経極まりないですね。

緊急事態再宣言でも2度目の定額給付金や消費税ゼロなどと言った政策は何一つなし。
しかし五輪には数千億円、数兆円以上とも言われる金額を大盤振る舞い。

また、病床数の不足など医療の逼迫を理由に今年1月8日から11都府県へ再度の緊急事態宣言

庶民には外出や移動自粛、飲食店に休業や時短を求める一方、五輪に向けて政府は1万人の医療スタッフを確保するため、当然のように協力を要請。

アクセルとブレーキをかけるような動き。何かおかしいと思いません?

実は日本におけるコロナ騒動、ここに答えがあります。

昨年2月末からの政府による自粛要請、一斉休校要請等。

東京五輪中止恐れた国際世論へのアピールとIOCへのパフォーマンスに過ぎないのです。

日本において新型コロナは不治の病でも難病でもありません。
インフルエンザや肺炎、破傷風、狂犬病など他に恐ろしい感染症、多く存在します。
かつて不治の病とされていた結核も根絶はされていません。

結局、戦争以外で五輪中止となれば初の事例であり、政府や東京都の面目丸つぶれ。
日本国内においてのコロナ騒動は、それを回避したいという程度の話なのです。

分かりやすく言えば、五輪中止危機のための空騒ぎであり、緊急事態宣言なのです。

昨春の段階なら五輪中止阻止のためのPCR検査やコロナ陽性者の抑制。

昨夏~初冬にかけては社会経済活動と感染症対策を両立しているというパフォーマンスの段階。

そのためGoToキャンペーンを実施しながらイベント制限や指定感染症継続という、アクセルとブレーキを同時に踏むようなことを同時に行ってきたのでしょう。

いい加減、我々庶民は昨年年明けから続くコロナ騒動は政府と東京都による五輪開催死守のための空騒ぎであることに気付かなければいけません。

もし空騒ぎでないというのなら、政府や東京都は五輪など返上してしまいなさい。

世の中五輪に無関係な生活を送っている人の方がはるかに多いわけで、スポーツ=五輪でもありません。
五輪はもはや他の催物や行事の足枷でもあり、はっきり言って迷惑です。

たくさんのユリカモメに迎えられ飛鳥II入港

たくさんのユリカモメに迎えられ飛鳥II入港。
1月25日は豪華客船飛鳥IIの横浜港への入港日でした。

IMG_3203

先週末の長雨が上がり、雲1つ無い快晴の下での横浜港入港です。

IMG_3206

IMG_3212

入港が楽しみだったのでしょうか?
たくさんのユリカモメが飛鳥IIや作業船、客船ターミナルの周りを飛んでいました。

IMG_3248

飛鳥IIが着岸すると同時に、ユリカモメも岸壁に集まりました。

現在、人間社会でやり玉にあがる"密集"、"密接"のようにも見えますが、一方で微妙にソーシャルディスタンスを図っているようにも見えます。

IMG_3256

IMG_3209

IMG_3271

この日は雨上がりで比較的気温が高く、鳥たちも過ごしやすかったことでしょう。

豪華客船飛鳥II到着後はあちらこちらを気持ちよさそうに飛び回ったり歩き回ったりしていたのが印象的でした。

(2021年1月25日:横浜市中区大さん橋客船ターミナル付近にて撮影)