しがない庶民の独り言

どこにでも居るしがない庶民です。趣味の旅行(訪問記)や地元神奈川ネタ、時事問題、社会問題など、完全不定期で投稿中。

2021年01月

公的営業妨害を止めなさい!

公的営業妨害を止めなさい!
政府と東京都は襟を正せ!

筆者は1月14日の記事外出自粛や移動自粛などの要請には一切応じないことを宣言しました。

理由は政府と東京都は非常に傲慢であり、真剣身が全く感じられないからです。

昨年の年明けから続くコロナ騒動。
日本国内においては不治の病でも難病でもありません。

ではなぜここまで騒動が長期化しているのか?

理由は簡単で、最近様々な情報が錯綜している東京五輪2020プラス1が絡んでいます。
政府と東京都による東京五輪中止阻止のための空騒ぎということです。

戦争以外で五輪中止となれば初の事例であり、政府や東京都の面目丸つぶれ。
日本国内においてのコロナ騒動は、それを回避したいという話なのです。

昨年2月25日のIOCディックバウンド氏による「5月までにコロナが終息しなければ五輪中止」という旨の発言。

その翌日以降、安倍首相(当時)による自粛要請や全国一斉休校要請が行われ、騒動が本格化したことを考えれば、背景に五輪があるのは明白です。

※関連記事※
【独り言】突然の自粛・縮小要請、一斉休校要請。背景には東京五輪か?
http://shiganaishomin.com/archives/23727343.html

IMG_20210125_205804

IMG_20210125_205829

特に最近は、西村担当相やコンビの尾身氏のコメントを聞くと闘志が湧いてくる今日この頃です。

西村担当相、今度はコンビの尾身分科会長と共に動画配信ですか?

経済"再生相"でありながら次々と経済社会活動を妨害し破壊する西村担当相。

年末年始のGoTo停止の混乱や再度の緊急事態宣言発令か否かの混乱。

諸悪の根源は1月7日の記事で少し触れましたが、西村担当相(+尾身分科会会長)小池都知事のラインです。

これらの人物がマスコミと結託し、あらゆる社会経済活動を妨害しています。

西村担当相といえば昨年末の国会の答弁でこんなことがありました。

上から目線で国民を叱りつけるような発言を繰り返す一方、昨年12月16日の国会で菅首相や二階幹事長の大人数での会食について問われた時は、

「5人以上の会食一律に駄目だと言っているわけではない」と苦し紛れな回答。
自粛を求めるなら相手が誰であろうが注意するべきですよね?

年明けの石破茂氏の福岡・博多での会食や先日、コロナ陽性が判明した石原伸晃氏の会食についてもコメントは無いようです。

新型コロナがただの風邪でなく本当に不治の病や難病であり、医療が逼迫し深刻な状況で緊急事態宣言延長不可避。

自粛に応じない者や飲食店への罰則、強い措置が必要なレベルと言うのなら当然、五輪返上を主張するべきですよね?

もしそれが出来るなら評価はうなぎ上りでしょう。
政府も東京都も五輪に浮かれている場合ではありません。


人気ブログランキング

ようやく富士山が真っ白に

ようやく富士山が真っ白に。
1月25日午後、横浜・うみぞらデッキからの光景です。

1月23日~24日は南岸低気圧の影響により、関東平野や静岡県で降水が長く続きました。

IMG_3159

今冬は太平洋側の少雨により富士山に雪が無い状態が続いていましたが、この2日間の降水でようやく冬らしい真っ白な姿となりました。

IMG_3156

2日間降り続いた雨が上がり、空気の澄んだ晴れとなった1月25日。
関東西部山地の姿も見えました。
山の頂上付近が白くなっている所もあり、今回の長雨は標高の高い所では雪として降ったようです。

IMG_3152

続いて横浜駅東口側を覗いてみます。
空気が澄み、真っ青な東京湾、そしてベイブリッジのはるか向こうの船舶の姿も何隻か確認することが出来ました。

IMG_3162

昨夏にオープンしたJR横浜タワー。
その12階屋上にあるうみぞらデッキも、今は横浜市民や訪問客の憩いの場所となっています。

うみぞらデッキから見られる光景を季節や時期ごとに記録してみるのも面白いかもしれません。

このブログでも定期的?に取り上げていますので、もし興味のある方は過去の記事を探してみてください。

(2021年1月25日:横浜市西区JR横浜タワー内にて撮影)

本降りの週末

今回の土日はずっと雨。
いつ以来でしょうか、地元横浜では本降りの週末となりました。

IMG_3151
(2021年1月23日:横浜市中区山手町・港の見える丘公園にて撮影)

今日は午後になり一旦止んだ時間帯もありました。
しかし夕方から再びポツポツと雨が降り出し、現在、筆者宅周辺では傘が必要なくらい降っています。

長く続く冷たい雨。
気持ちが萎えるものですが、懸念されていた大雪にならなかったことは幸いでした。

次は水曜日と木曜日に雨の予報が出ているようですが、果たしてどうなることでしょうか。

久々に本降りの雨

昨年末以来、およそ1か月ぶりくらいでしょうか。
地元横浜市では久々に本降りの雨となりました。

現在もしとしとと雨が降り続いていますが、久々に雨音を聞いたような気がします。

IMG_3128


正月明けの1月5日以来、およそ2週間半ぶりに"うみぞらデッキ"を訪問してみました。
JR横浜駅西口の新駅ビル、JR横浜タワーの12階にある屋上庭園です。

IMG_3141

ガラス越しに景色を楽しむことが出来ます。

横浜駅東口側は晴天で空気が澄んでいる日は真っ青な東京湾が綺麗です。
そしてベイブリッジよりもさらに先の船舶の姿や対岸の房総半島も見えます。

この日は残念ながらこの記事のタイトル通り本降りの雨。
視界も非常に悪くベイブリッジが辛うじて見えるくらいでした。

IMG_3133

こちらは横浜駅西口側の景色。
晴天で空気が澄んでいれば関東西部山地、そして画像中央部辺りには富士山の姿も確認することが出来ます。

しかしやはりこの本降りの雨。これらの山は全く見えませんでした。

yacho

冷たい雨が降る中、野鳥が飛んできました。
餌を探しているのでしょうか。

さて、今日1月23日は本降りの雨でしたが、問題は明日24日。
横浜地方気象台の発表などによると現在降っている雨が雪に変わり、24日は県西部で大雪の恐れがあるそうです。

記事執筆時点で横浜や川崎など県東部は雨優勢(雨か雪)の予報となっていますが、予想より地上気温が低くなった場合、東部でも大雪となる恐れがあるとのこと。

仮に雪となり積雪となった場合、交通麻痺などが起きる可能性もあります。
やむを得ず外出しなければならない場合、余裕を持った行動を取り、焦らないようにしたいものです。

(写真は2021年1月23日:横浜市西区JR横浜タワー内にて撮影)

待望のお湿りは雪に?

待望のお湿りは雪に?
関東平野の今度の土日、雨から雪となれば注意が必要です。

DSC_2441
(2021年1月22日:横浜市中区みなとみらい21地区女神橋にて撮影)

写真は昨年末に一部開業したみなとみらい1丁目と新港を結ぶ歩行者専用の女神橋から捉えたものです。
ランドマークの脇に落ちていく夕陽がとても綺麗でした。

年明けから寒い乾燥晴れ日が続いた横浜市ですが、今日22日の最高気温は13.9度。
最近にしては温かく心地良い日でした。

心地良い日が続けばいいのですが、残念ながらそう甘くはないようです。

明日23日は朝から雨が降り出し、早ければ夜の初めごろに雪に変わるところがあり、降水・降雪は24日まで続く。
神奈川県では西部山地だけでなく、東部の平地も含め大雪となるところがある見込みと横浜地方気象台から発表されています。

IMG_20210122_211355
(2021年1月22日:気象庁公式サイト気象情報より引用)

関東平野は雪に慣れていません。
2~3センチの積雪でも交通マヒを起こすことがあります。

まずは安全を最優先に。
やむを得ず外出しなければならない場合、余裕を持った行動を取るよう心がけたいものです。