68754101_2326050890847250_3338596517198954496_n

69238918_2326050954180577_6783201752205230080_n

68751851_2326051024180570_4583399342341095424_n

先週でお盆も終わりました。
お盆期間中は帰省先や行楽地で過ごし、日常に戻られた方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。

神奈川県では厳しい残暑が続くものの、秋の気配を感じます。

お盆明けの先週8月19日・20日は猛暑日手前の厳しい暑さでしたが、それ以降、横浜の最高気温は30度前後で推移しています。
気象庁のアメダスと天気予報によると昨日25日は最高気温31.4度、そして今日26日は29.5度と30度を下回りました。
明日27日も最高気温29度の予想。
これくらいの気温に落ち着けば、エアコン無しでも何とか凌げそうです。

余談ですが昨年の今日(2018年8月26日)は横浜の最高気温は35.7度、その翌日も35.6度を記録していたようです。
昨年の災害級の猛暑などと言われましたが、これを経験出来たのは今夏に生きているような気もします。
もちろん、もう経験したくない暑さであったことは言うまでもありません。

今年はこのくらいの気温で季節が進んで行ってほしい所ですが、週間予報によると明々後日29日から猛暑日手前の最高気温予想が続いています。
まだまだ猛暑に対する備えは必須です。

(※写真は全て2019年8月24日:横浜市中区大桟橋&山下公園付近にて撮影)