IMG_6251
(2019年9月10日:横浜市中区大桟橋入口付近にて撮影)

関東地方を直撃するものとしては最強クラスと言われた台風15号。
通過後は台風一過となり、関東平野では非常に厳しい残暑となっております。
今日10日の横浜の最高気温は34.2度と猛暑日寸前の暑さでした。

IMG_6259

IMG_6263

DSC_0614

DSC_0613

(2019年9月10日:横浜市中区山下公園にて撮影)

地元横浜市でも台風15号の爪痕があちらこちらで見られます。
身近な所では写真のような倒木、窓ガラスの破損、工事現場の足場崩壊、自動販売機や自動車の横転、停電などあらゆる形で被害が出ています。
台風15号が東京湾を通過した夜中は今まで経験したことの無い暴風雨。
長い間横浜市に住んでいて、初めて本当に台風が怖いと感じさせるものでした。

ただ逆に地元ではこれくらいで済んで良かったと思うところもあります。
東京湾を挟んで向かい側の千葉県内では、場所によってはあの東日本大震災よりも酷いインフラ麻痺状態にあるようです。
ツイッター上では停電、断水、交通寸断、通信網遮断、物資不足など次々と悲惨な状況が上がって来ています。

東京電力によると今日10日22:29時点で、関東地方では533700軒が停電状態であり、そのうち517900軒が千葉県で発生していると発表されています。
電気が使えないとなると、やはり深刻な問題やリスクも出て来ます。

例えば医療機関では停電のため、治療のための機器が使えず、時に患者の生命に関わるような事態に発展することも考えられます。
残暑が厳しい時期、健康な人でも停電でエアコンが使えず、熱中症になるリスクが高まります。
実際、熱中症や停電で吸引治療が出来なくなったことによる呼吸不全で亡くなってしまった方もいらっしゃるようです。

台風15号が関東地方を通過して明日朝で2日目を迎えますが、被害が徐々に明らかになって来ているもののまだ全容がつかめていません。
先ほどから内閣改造のニュースが色々な所で流れていますが、本来、優先されるべきこと、そして今、優先されなければいけないことは何だろう?と考えさせられます。