9月8日~9日の台風15号の関東直撃から初めての週末。明後日16日で1週間となります。
この1週間、台風15号による混乱でいつもよりもあっという間に過ぎてしまった気がします。

千葉県では記事執筆時点で未だ15万軒近くが停電状態にあるようです。
停電の全面復旧には2週間以上を要すると東電からは発表されています。
当初の予想よりも大幅に全面復旧が遅れるのは、倒木により現場に入れなかったり、倒木や暴風で電柱が大きく損傷したことが影響しているとのこと。

今回の台風では確かに地元やその近くでも相当な数の木が倒れてたり傾いていました。
窓ガラスが割れていたり、民家の屋根瓦が飛ばされていたり、手すりが風によって曲げられているような光景も見られました。

IMG_6243

IMG_6239

IMG_6238

IMG_6236

IMG_6227
(写真は全て2019年9月10日:横浜市内みなとみらい地区にて撮影)

過去の日記で山下公園の倒木の光景を掲載しましたが、まだまだ市内で倒れた木がそのままの状態になっている所や傾いている木が多くみられます。
今後の台風や降雨などによる二次災害には警戒したいところです。

DSC_0606
(2019年9月10日:横浜市中区桜木町駅付近にて撮影)
ワシントンホテルの入り口ですが、階段の手すりの先端が完全に曲がっています。
台風15号の暴風の威力は相当なものであったことを改めて実感させられます。

さて、日本の南海上には台風の卵がたくさんあるようです。
19091609
(2019年9月14日:気象庁ホームページ天気図より)

これは明後日9月16日午前9時の予想天気図です。
日本の南に台風の卵(LとTD)が5つほど予想されていて、うちTD(熱帯低気圧)1つが発達しながら関東地方にかなり接近する予想となっています。

今の所、台風16号になるかどうかまでは分からないようですが、台風に満たない熱帯低気圧でも決して侮れません。
特に被害が大きかった地域に追い打ちをかけるようなことにならないか懸念されるところです。