1919-00
(2019年10月6日:気象庁サイト台風情報より引用)

台風15号の関東襲来から早いもので1か月。

関東地方に上陸するものとしては過去最強クラスと言われ、大規模停電や断水、倒木、ゴルフ場の鉄柱倒壊など大きな被害が各地で出ました。
現在も台風襲来前の日常生活に戻れていない方も多くいらっしゃるかと思います。

これ以上、台風や大雨などは勘弁してもらいたいところですが・・・。

気象庁の発表によると、6日午前3時頃、日本の遥か南、トラック諸島近海で台風19号が発生しました。

記事執筆時点の予想によると、台風19号は明々後日9日にはフィリピンの東に到達し、最大風速55mの猛烈な勢力まで発達するとされています。
この予想通りに発達すれば、今年発生した台風の中では最強となります。

少し先ですが台風19号が日本付近へ接近し、次の3連休前後の天候に影響を及ぼす可能性も示唆されています。
もちろん台風19号が日本へ来ないことを願いたいですが、今のうちに災害対策が出来ているか見直しておきたいところです。