DSC_0698

(2019年10月13日:横浜市緑区・JR横浜線中山駅にて)

"今年最強"台風19号、広範囲で甚大な被害が発生しております。
首都圏の鉄道にも未だ大きな影響が出ています。

台風19号は12日19時ごろ、静岡県の伊豆半島に上陸しました。
その後は北東進し、神奈川県小田原市付近、東京都多摩地方、埼玉県、茨城県方面へ襲来しました。
結果的に今回の台風19号は、先月襲来したの台風15号(※)と比べ、西よりのコースを取ったことになります。

※台風15号は東京湾に入り込み千葉県千葉市付近へ上陸し、その後は北東進しました。

今回の台風19号襲来により、記事執筆時点で11県で33人が犠牲となり、19人が行方不明となっているとの報道もあります。
水没し孤立状態となっている地域も相当数あり、被害の全容はつかめていないようです。

12日のNHK総合では、ほぼ1日中、台風19号関連のニュースが放送されていました。
その中で普段、災害が起こらないと思われている場所でも最大級の警戒をするように呼びかけていました。
実際、箱根での総雨量1000mmを超える異常な降水、箱根登山鉄道の線路崩落、多摩川など河川の氾濫や川崎・高津区のマンション水没、武蔵小杉駅の水没など、大きな被害が発生してしまいました。
現時点で明らかになっていること以外にも、各地で発生した被害がこれから続々と明らかになってくると思われます。

今回の台風19号では、普段災害が起こらない、もしくは起きにくいと思われている地域でも、災害とは無縁でないと言うことを実感しました。
今後の教訓にしなければいけません。

最後になりましたが、被災された皆様には心よりお見舞い申し上げます。