DSC_1420

本ブログではこれまで政治の話題には極力触れないようにして来ました。
やはりデリケートであり、人それぞれ立場や考えがあるからです。

ただ、堪忍袋の緒が切れそうなのは事実。

特に2月末からの新型コロナウイルス、これに関連した明らかな五輪目当ての対応。

AP通信の取材を通じて新型コロナウイルスの感染が5月末までに終息しなかった場合、東京五輪の延期や中止に言及したことが2月25日、日本でも報じられてました。

それから突然の自粛要請や一斉休校要請等の政府の対応。

2月25日以前まで政府としては、自粛を要請するものではないとしていました。

東京五輪中止を恐れた政府のIOCへのパフォーマンス、そして後手後手とされる政府批判を払拭するためのものであることは明らかです。

今、急ピッチで野党までを巻き込み、「インフル特措法」が改正されようとしていますが、これもその狙いの一つと取ることも出来ます。

自粛要請や一斉休校要請により、あらゆるものが中止、自粛、無観客など規模縮小となりました。

この要請がいつまで続き、いつ緩和されるのか、先が全く読めません。

大相撲の開幕も無観客。

第92回選抜高校野球(春のセンバツ)も無観客試合を前提に準備を進めるという発表が3月4日にあったものの、未だ予断を許さない状況であり、開催危機に陥っています。

プロ野球も開幕延期となるのか、3月20日の開幕からしばらく無観客で開催するのか、今後の予定は不透明です。

しかし一方、五輪に関係する行事は決行予定・もしくは決行されています。

3月1日の東京マラソンも一般参加の枠は中止になるなど規模は縮小されたものの、7万人が沿道に集まりました。

主催者は観戦自粛を呼びかけただけで何も効果なし。

名古屋や琵琶湖のマラソンも恐らく決行されるのでしょう。

聖火リレーも今の所、決行予定です。

五輪の為なら何でも許されるのでしょうか?
腸が煮えくり返る日々が続きます。

2月29日に東京事変のコンサートが強行されたことや、3月4日に春のセンバツ高校野球を無観客開催前提で準備を進めることに不満を持っている方も多いようです。

様々な声が交錯していますが、このような方は東京五輪の開催に関してはどう思われているのでしょうか。

(写真は2020年3月2日:北海道札幌市中央区にて撮影。)