2020年のプロ野球。開幕には割り切りと覚悟必要?



予定では3月20日(金)に開幕しているはずでしたが、新型コロナ騒動で延期となっています。
NPBからは新しい開幕日はまだ発表されていません。
開幕は6月以降という話もありますが果たして・・・?

DSC_1580

DSC_1581

DSC_1578

DSC_1579

3月22日時点でも横浜スタジアム周辺の催物ご案内の掲示板には何も掲示されておらず、チケット売り場も閉鎖されたままです。
チケット払い戻し専用窓口のみ開いている状態です。

開幕が待ち遠しい方も多いかと思います。
しかし今回、NPBは開幕日の決定に関してはかなり慎重になっていると思われます。

9年前の2011年3月11日に東北地方太平洋沖地震(東日本大震災)が発生しました。
この年は3月25日開幕予定でしたが、震災後、パ・リーグは4月12日に開幕延期を発表。
一方、セ・リーグは予定通り3月25日に開幕させようとして世間から糾弾されました。

結局、セ・リーグも4月12日に開幕を延期しましたが、この当時のトラウマもあるはずです。

新型コロナウイルス騒動で横並びの自粛ムードや同調圧力が広まる今日、開幕日の決定については慎重にならざる得ないのがNPBの本音と考えることが出来ます。
プロ野球12球団のうち6球団は3密空間に該当する可能性があるドーム球場を本拠としている事情も関係しているのかもしれません。

ただ、自粛論者・中止論者からの批判を恐れ、決断の先延ばしを繰り返していたらいつまで経っても開幕できません。

1週間や1か月で状況が好転するとは考えにくく、新型コロナウイルスもそれ以外のウイルスも完璧に予防する方法は無いでしょう。

プロ野球は観る方としては楽しみの1つでありますが、催行する方としては"仕事"。
このままではいずれ経営面での問題が生じてくるはずです。

2020年3月22日、さいたまスーパーアリーナで予定通りK-1が催行されました。
政府や埼玉県が何度か自粛を要請したものの、それを拒否して催行したと報じられています。

K-1、観る方とすれば"興業"であり、催行する方としては重要な"仕事"でしょう。
割り切りと覚悟をもって仕事をしたということです。

"仕事"として主催する方も、時には割り切りと覚悟も必要ではないでしょうか?

(写真は全て2020年3月22日:横浜市中区横浜公園・JR関内駅付近にて撮影)