2019年10月12日~13日。
特に静岡県と関東地方に甚大な被害をもたらした台風19号の襲来から早いもので半年が経ちました。



本ブログでは東京都・神奈川県の境目を流れる多摩川、東急二子玉川駅周辺の河川敷の台風19号襲来後の被災状況を3記事(※)掲載しました。

半年たった今、どうなっているのでしょうか??
現在の状況の一部です。

IMG_8423

台風による暴風や大雨で流出した樹木や家財道具は一見、片付けられているように見えます。

IMG_8383

IMG_8376

IMG_8382

IMG_8381

兵庫島の丘の上に入れるようになっていました。
まだ立ち入り禁止で復旧工事中の場所もあり台風襲来前の状態とまでは行きませんが、徐々に復旧が進んでいます。

IMG_8380

野鳥がいつも通り?のんびり過ごしたり飛び回ったりしていました。

IMG_8407

IMG_8418

多摩川河川敷の野球場。
台風による大雨で多摩川が氾濫し写真のスコアボードの上の方まで浸水した様子がニュース番組やネットの記事などで配信されていたのは衝撃的でした。

2019年12月1日の訪問時点では流された木や、傾いて草が巻き付いたスコアボードがそのままの状態でしたが、それは片付けられていました。
奥のサッカー場も含め復旧工事が進められています。

しかし、復旧工事が進められているところもあれば、まだまだ台風19号の爪痕が色濃く残っているところも・・・。

IMG_8398

IMG_8369

IMG_8393

大雨や暴風でなぎ倒され流出し、そのままの状態となっている樹木があちらこちらで見られます。

IMG_8387

河川敷の兵庫島公園災害復旧工事のお知らせの掲示。
この掲示を見ると復旧工事期間は2020年(令和2年)5月下旬までの予定とのことです。

台風や地震など、一度大きな災害が起きると復旧までには気が遠くなるような長い時間。
そして膨大な費用が生じることを改めて痛感します。

(写真はすべて2020年4月17日:東京都世田谷区東急二子玉川駅周辺の多摩川河川敷にて撮影)

※2019年12月2日※
【訪問記】台風19号襲来から1か月半、未だ爪痕色濃く【2019.12.01】
http://shiganaishomin.com/archives/22355120.html

※2019年10月27日※
【訪問記】台風19号の爪痕、生々しく(その2)【2019.10.26】
http://shiganaishomin.com/archives/21756918.html

※2019年10月26日※
【訪問記】台風19号の爪痕、生々しく【2019.10.26】
http://shiganaishomin.com/archives/21753132.html