2019年10月12日~13日。
特に静岡県と関東地方に甚大な被害をもたらした台風19号の襲来から早いもので半年が経ちました。



本ブログでは東京都・神奈川県の境目を流れる多摩川、東急二子玉川駅周辺の河川敷の台風19号襲来後の被災状況をこれまで4記事(※)掲載しました。

今回は東急多摩川駅付近から丸子橋付近、神奈川県川崎市・丸子橋地区の河川敷の様子を取り上げたいと思います。

IMG_8599

快晴の青空。そして真っ青な川。
適度な日光浴やウォーキングにはもってこいの天候でした。

無題

無題2

丸子橋ゴルフ練習場付近では野鳥がいつも通り?のんびり過ごしたり飛び回ったりしていました。
新型コロナ騒動で殺伐とした世の中。
こういう光景はやはり癒されるものです。

台風19号による暴風や大雨で流出した樹木や家財道具は一見、片付けられているように見えます。
しかし、その爪痕も色濃く残っています。

IMG_8585

IMG_8590

IMG_8596

被災したグラウンドや河川敷の復旧工事が進められていますが、流出・散乱した樹木など災害ごみが至る所で散見されます。

台風や地震など、一度大きな災害が起きるとそう簡単に完全復旧は出来ないことを痛感します。
気が遠くなるような長い時間と膨大な費用が生じることは想像に難くありません。

ましてや新型コロナ騒動や、コロナ感染拡大防止のため政府から現在発令されている緊急事態宣言。

個人や企業活動への強い自粛要請・休業要請が続けば、横並びの自粛ムード、休業ムードが土木業者や建設会社にも蔓延し、復旧工事を中断せざる得ない場合も出てくるかもしれません。

(写真はすべて2020年4月24日:神奈川県川崎市の丸子橋地区・多摩川河川敷で撮影)

※2020年4月17日※
【訪問記】台風19号襲来から半年。今の多摩川河川敷は・・・【2020.04.17】
http://shiganaishomin.com/archives/24425452.html

※2019年12月2日※
【訪問記】台風19号襲来から1か月半、未だ爪痕色濃く【2019.12.01】
http://shiganaishomin.com/archives/22355120.html

※2019年10月27日※
【訪問記】台風19号の爪痕、生々しく(その2)【2019.10.26】
http://shiganaishomin.com/archives/21756918.html

※2019年10月26日※
【訪問記】台風19号の爪痕、生々しく【2019.10.26】
http://shiganaishomin.com/archives/21753132.html