快晴の多摩川の河川敷。
経済活動の停滞で空気が4月でも澄んでいます。

ジョギングや体操で汗を流したり、ゴルフ、キャッチボール、サッカーなどをしたり、日光を浴びている方もいらっしゃいました。

IMG_8589

IMG_8584

IMG_8580

記録的暖冬の反動なのか、今年の春は非常に寒いです。
3月末には横浜や東京都心でも季節外れの積雪となりました。

4月に入ってからも最低気温が10度を下回る日が多いです。

4月25日、横浜の最低気温は7.3度、東京都心では5.3度を記録しているようです。
やはり異常な気候はいつかしっぺ返しが来るということなのでしょうか。

さて、東京都の小池知事が4月23日の会見で掲げた4月25日~5月6日までのステイホーム週間。

はっきり言いますがこれは運動不足や太陽光不足で生活習慣病の悪化や精神疾患発症の原因になると考えています。
免疫力の低下にもつながります。
新型コロナはもちろん、他のウイルス性の風邪などにも罹りやすくなるでしょう。

最近、新型コロナの家庭内クラスターの発生増加が報じられています。
これは外出自粛要請により、三密となる環境やクラスター発生場所が飲食店や居酒屋、ライブハウスなどから家庭内に移っていることの表れとも言えます。

#家にいようキャンペーンというのもあるそうですが、今は家にいることでむしろ発症するリスクが高まっているとも言えるでしょう。

新型コロナだけではなく、既存の風邪やインフルエンザも同様ですが、感染ゼロリスクなどあり得ません。

やはり人間は健康を保つためには適度な運動や日光浴は必要。
そのための外出も不要不急ではなく必要必須。
厳しい表現ですが、ステイホーム週間は筆者からすれば不健康促進週間であります。

(2020年4月24日:東京都世田谷区・神奈川県川崎市境目の多摩川丸子橋地区にて撮影)