新型コロナ感染拡大防止のための緊急事態宣言。
期限は5月6日までですが翌5月7日以降も延長される公算が高くなってきました。



IMG_20200430_074758
(2020年4月29日:神奈川新聞1面にて)

延長期間や対象地域などについては様々な情報が錯綜しています。
政府の発表が待たれるところですが・・・。

ここから先は筆者私見です。

緊急事態宣言ですが、政府は1か月単位や数週間単位で小刻みにずるずると延長し、2021年春頃まで継続される可能性もあると考えています。

根拠はあります。2021年夏に延期した五輪を控えているからです。
五輪中止を回避するため、国際世論やIOCへのパフォーマンスが必要ということです。

今年2月末からの政府や東京都の動きは五輪への忖度(※)であることは明らかです。

※関連記事※
【独り言】突然の自粛・縮小要請、一斉休校要請。背景には東京五輪か?
http://shiganaishomin.com/archives/23727343.html

新型コロナは不治の病でも難病でもなくウイルス性の風邪の一種。

世界中から人が往来する五輪さえ控えてなければ、日本では今みたいな大騒ぎにはならなかったでしょう。

話を戻しますが、4月8日の緊急事態宣言発令以降、殆どの人や企業は5月7日再始動へ向けて照準を合わせていたはずです。

外出自粛や休業要請など、我々庶民からすればもう限界を超えています。

政府や行政、医師会など専門家の言っていることを1から10まで聞いていたらそれこそ危険。

自粛ムードをこれ以上続ければ、コロナウイルスよりも経済的に困窮し命に関わるリスクの方が高くなりそうです。

これを書いたら怒る方もいらっしゃるでしょう。
しかし働かなければ生きて行かれません。

連休明けの5月7日以降は休業要請・自粛要請無視、強行突破も選択肢の1つ。

各自、各企業判断で仕事・会社に戻り経済を動すことも視野に入れるべきです。
特に自営業やフリーランスの方は死活問題でしょう。

実際に支給されるのか不透明な休業協力金などをあてにしていたら、よほど体力のある大企業でなければ受け取る前に倒産してしまいます。

また、子供の心身も考え、学校も早期に再開させるべきでしょう。

宮城県知事の鶴の一声で突然話が出てきた9月入学制導入。

まずは学校を通常に戻すことが最優先ではないでしょうか。