新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言。外出自粛や臨時休業要請。
5月31日まで延長されましたが、長引く休業要請や外出自粛要請はもはや限界でず。



DSC_1669

DSC_1668

DSC_1666

DSC_1665

(2020年5月5日:横浜市中区桜木町駅付近・同市西区横浜そごう前にて撮影)

どこを向いてもシャッターが下りていたり休館・休業の掲示ばかり。
すでに手遅れな面がありますが、これ以上休業を続けたら倒産する所も大量に出てくるはずです。

経営サイドからすれば、現実にはこのまま永久休業(廃業)するか、強行営業するかの二択でしょう。
天からお金が降ってくるわけでも無く、休業協力金など支払われても微々たるもの。
営業できなければ収入ゼロで死活問題です。

後者の場合、風評被害や今話題になっている"自粛警察"の低劣ないたずら、誹謗中傷などに屈してはいけません。
"自粛警察"というのは犯罪です。警察でも何でもありません。

話を戻しますが、やはりどんな形であれ、働いて収入を得ないと生きて行かれません。

自粛や休業要請を続け、リーマンショック時やそれをはるかに上回るようなリストラ、倒産、就職氷河期を起こして良いのでしょうか?

コロナ禍による内定取り消しやANAの採用活動中断の話など、2021年卒業予定者の就職活動は極めて厳しいものになりそうです。
空前の売り手市場から一転、殆ど経験のない未曽有の氷河期、超買い手市場になるのは間違いありません。

筆者はウイルス性の風邪の一種に過ぎない新型コロナウイルスよりもこちらの方がはるかに問題であり、自粛や休業要請の行きつく果てであると考えています。

※関連記事※
緊急事態宣言延長決定的。5.7以降は"強行突破"の覚悟必要か?
健康のために#外に出よう