5月20日、2020年夏の甲子園と地方大会の完全中止が決定。
同日夕方、主催者である高野連と朝日新聞社による会見が大阪市で行われました。



IMG_20200520_180308

IMG_20200520_184004

IMG_20200520_183918

IMG_20200520_183936

高野連や朝日新聞の発表によると夏の選手権の中止は戦局が悪化した1941年以来79年ぶり3度目。

春夏連続で甲子園大会が中止となるのは2020年が初めてとのことです。

夏の甲子園は各都道府県の優勝校が出場する「選手権大会」。

夏の甲子園開幕の1~2か月前に行われる各都道府県の県大会で優勝校を決めなくてはいけません。

前年秋の地区大会の戦績を参考に選ばれる春の甲子園(選抜大会)とは全く異なるものです。

現状、全国で殆どの学校が長期休校を余儀なくされています。

学校が再開している地域でも授業の大幅な遅れや、感染拡大防止の観点から部活動に制約があるなどして、県大会どころではないという学校ばかりと考えられます。

仮に地方大会を開催しても、教育委員会からの理解が得られなかったり、校長が大会のための公欠を認めないなどして、出場辞退となる学校が続出した可能性もあります。

また高校野球は審判や球場スタッフなど、運営に携わる方は無報酬のボランティア。
善意に頼っている面も大きいはず。

コロナによる混乱で運営に携わるボランティアの方のやりくりもつかず、結果、開催が困難になるということも考えられます。

主催者である高野連と朝日新聞も苦渋の決断です。
対応には相当、苦慮したと思われますが、非常に残念でなりません。

ただ選手やその保護者、指導者、関係者の方のショックは我々にはとても想像出来ないほどのものであるはず。
春夏中止では最上級生があまりにも不憫です。

他の催物も軒並み中止となり、コロナのしわ寄せなどと言われています。

しかし、筆者からすればこれらは五輪の犠牲であり、五輪忖度政治の責任であるとも考えています。

五輪のために何でも許されるのか?

今回の決定は高野連や朝日新聞の責任ではありません。

※関連記事
【独り言】2020年夏の甲子園、大ピンチ。