7月も半ばを過ぎ下旬に差し掛かる時期。
筆者は初めて、福岡県の北九州市・小倉を訪れてみました。

IMG_9544

小倉の町のシンボルである小倉城を見学してみることにします。

108094952_3057952214323777_6352603790209228936_o

109359410_3057952080990457_227647108119337654_o

mikuzi

小倉城に入る前に、八坂神社でお参りし、おみくじを引いてみることにしました。
おみくじの結果ですが最初の方に、

・短気を戒めざれば為に身を誤りて事の破れる憂いあり、万事慎重にすべし

と記されていました。これは筆者も思い当たる節があります(汗)

実際、短気なのは自覚しているので、気を付けなければいけません。
短気は損気と言われますが、頭に血が上った時はこのおみくじの結果を思い出すことにしましょう。

109712642_3057952334323765_5813155501847109823_o

IMG_9550

DSC_1929

野良猫でしょうか。八坂神社周辺でゴロゴロしたりのんびり歩き回っていました。
"コロナなどどこ吹く風ニャー?"と言っているような感じです(謎)

観光客慣れ?しているのかとても人懐っこく、猫から筆者の方へ寄ってくるほどでした。

IMG_9565

IMG_9564

IMG_9557

IMG_9560

小倉城の5階から市街地の景色を眺めることが出来ます。
少し雲が多かったですが、開放感あふれる光景です。
余談ですが、この後は空が真っ黒となりなりました。

小倉城を後にし、小倉駅方面へ向かう際はバケツをひっくり返したような豪雨に。

IMG_9575

107908485_3058250850960580_7653119011174236205_o

109303799_3058251120960553_6554625509919417972_o

109370955_3058250577627274_8611428927344723385_o

雨宿りし、豪雨が過ぎ去ってから遅いお昼に。
一銭洋食・和羅部様で小倉発祥の焼きうどんを頂きました。

戦後の食糧難の時代、焼きそば麺の代用として干しうどんを使ったのが小倉焼きうどんの始まりだそうですが、ボリュームがあり、これだけでもお腹いっぱいです。

(写真はすべて2020年7月19日:福岡県北九州市小倉地区にて撮影)