九州を中心に大きな被害をもたらした台風10号。
被災された皆様には心よりお見舞い申し上げます。

台風は徐々に日本から離れ、韓国・釜山付近に到達しようとしています。
しかし暴風域・強風域ともに大きく、まだしばらくは警戒が必要です。

2010-00 (3)
(2020年9月7日:気象庁公式サイト台風情報より引用)

台風10号の中心は予想通り、九州西方沖から長崎・五島列島、そして対馬周辺を直撃しました。
これらの地域では先週、台風9号も通過したばかりですが、甚大な被害が懸念されます。

また台風から離れている地域でも、暖湿気によるゲリラ豪雨に警戒が必要です。

DSC_2120

DSC_2119
(2020年9月7日:横浜市内にて撮影)

つい先ほど筆者宅のベランダから撮影したものです。
不気味な入道雲が絶えることなく南から北へ流れています。
前回の日記でも触れましたが、入道雲は嵐のサインです。

202009071020-00

202009071025-00
(2020年9月7日:気象庁サイトレーダー・ナウキャストより引用)

レーダーを見てみると、台風本体から離れているはずの四国~関東地方にかけて積乱雲が至る所にあることが分かります。

帯状のいわゆる線状降水帯のようなものも見られます。
長時間続くのか、短時間で収まるものなのかは分かりませんが、いずれにしてもゲリラ豪雨が起きると浸水や河川の氾濫の恐れもあります。

空の様子、そして入道雲が無いか注意し、安全最優先の行動を心がけましょう。