秋深まる中の不気味な地震です。

10月3日18時31分頃、伊豆諸島八丈島東方沖でM6.0、最大震度3(東京都八丈島・八丈町)を観測する地震がありました。
震源の深さは70kmと推定されています。

地元横浜市でも僅かに揺れを感じました。

20201003093534395-03183141
(2020年10月3日:気象庁公式サイト地震情報より引用)

震源が八丈島のかなり沖合であったことから、国内の観測点で震度4以上の強い揺れとなった地域はありませんでした。

ただ震源の深さが70km程度、地震の規模がM6.0となると、震源が島や陸に近ければ震度5強以上の揺れになってもおかしくありません。

地震は台風などとは異なり、突然やって来ます。

読者の皆様、災害への備え、出来ていますか??




先月、2018年9月6日に発生した「平成30年北海道胆振東部地震」から2年を迎えました。

地震の規模はM6.7、最大震度7(北海道厚真町)。
北海道では初めて震度7を観測する激震となり、土砂崩れに巻き込まれるなどして多くの方が犠牲となりました。

この地震もやはり何の前触れもなく、突然の発生だったことが思い出されるところです。

日本は災害大国。「天災は忘れた頃にやって来る」と昔から言われています。

煽るつもりは全くありませんが、不意打ちの地震など、いつやって来るか分からない災害の備えも今一度見直したいところです。