台風14号は次の週末にかけ日本列島に接近。
既に台風+秋雨前線の影響で西日本~東日本の広い範囲で雨模様となっております。

DSC_2131

DSC_2130

DSC_2129
(2020年10月8日:横浜市中区・山下公園にて撮影)

10月8日午後の横浜市中区・山下公園の様子です。
空はどす黒い雲に覆われ雨が降り続き、本降りの雨となる時間帯もありました。
風も強く、台風が刻々と近づいていることを実感します。

そして気象庁が10月8日23時45分に発表した台風進路予想によると、台風14号は暴風域を伴った状態で静岡・関東地方に接近。

台風の中心は伊豆諸島の三宅島・神津島付近から房総半島沿岸を通過する予想となっています。

しかし進路が北寄りとなった場合、静岡県の伊豆半島南端や千葉県の房総半島南端に上陸する可能性も残っています。

2014-00 (3)
(2020年10月8日:気象庁サイト台風情報より引用)

台風14号は九州南方沖から四国沖、東海道沖を経て伊豆諸島の三宅島・神津島付近、房総半島沿岸を通過する予想となっています。

wp1620 (3)
(2020年10月8日:JTWCより引用)

JTWCでも台風14号の進路予想は日本の気象庁とほぼ同じです。
伊豆諸島北部の神津島付近から房総半島沿岸を通過する予想となっています。

仮に静岡県や関東平野への台風14号上陸が避けられたとしても秋雨前線を刺激し、数日にわたる大雨、そして台風本体が接近した時の暴風なども予想され、影響は大きそうです。

欧州など他の海外の予報では、台風14号の日本本土上陸を予想しているものあるようです。

日本の気象庁やJTWCも前日7日の予想では、熊野灘・遠州灘を経て静岡県伊豆地方や房総半島南端に上陸する予想としている時間帯もありました。

進路や勢力の予想が再度変わることも考えられるため、最新の情報に用心が必要です。