プロ野球も終盤へ。
コロナ騒動の影響で予定より3か月遅れの6月19日から始まった2020年のペナントレース。

各球団100試合前後を消化し、残り試合もおよそ20試合程度となって来ました。

IMG_20201014_232041
(2020年10月14日:Yahoo!プロ野球順位表より引用)

2020年は当初予定の143試合制から120試合制と規模縮小となり、交流戦18試合やオールスター戦は中止。

セ・リーグに関してはクライマックスシリーズ(CS)も中止。
2006年以前のようにリーグ優勝球団がそのまま日本シリーズへ進出することになります。

筆者は開幕前の6月18日の記事で、こんなことを書きました。

2020年のセリーグの見どころはCS無し。

優勝しなければ日本シリーズに出られず、シーズン1試合1試合の重みが増し、我々観る側も贔屓の球団があの日に勝っていれば、と思うことも増える可能性。
逆にCSが無いことで、1位球団が独走した場合、消化試合が増えてしまう懸念もある、という内容を執筆しました。

結果としては1位巨人が大独走してしまい、10月14日終了時点で首位巨人と2位中日は13差、3位阪神は13.5差、4位DeNAは14.5差と大きく離されています。
最下位ヤクルトは優勝の消滅が完全消滅してしまいました。

もはや巨人の優勝は時間の問題です。
巨人以外の5球団にはもう少し頑張ってもらいたかったのですが・・・。