どうなる?プロ野球パ・リーグの優勝争い
コロナ騒動の影響で予定より3か月遅れの6月19日から始まった2020年のペナントレース。

各チーム100試合前後を消化し、多くの球団が残り20試合程度となって来ました。

IMG_20201015_221521
(2020年10月15日:Yahoo!プロ野球順位表より引用)

2020年は当初予定の143試合制から120試合制と規模縮小となり、交流戦18試合やオールスター戦は中止。

セ・リーグに関してはクライマックスシリーズ(CS)も中止。
2006年以前のようにリーグ優勝チームがそのまま日本シリーズへ進出。

パ・リーグに関しては1位・2位チーム同士でCSが開催されます。
4試合制で、1位チームの本拠地で開催され、先に3勝した方が日本シリーズへ進出します。
尚、1位(リーグ優勝)チームには1勝のアドバンテージが付与されます。

パ・リーグは優勝争いが混戦となっており、1位ソフトバンクに2位ロッテがゲーム差なしまで接近した時期もありました。

10月15日終了時点では1位ソフトバンクが2位ロッテに4ゲーム差をつけています。

このままソフトバンクが振り切るのか、ロッテが最接近、もしくは逆転優勝を果たすのか。
この2チーム同士は直接対決を6試合残しており、ロッテの逆転自力優勝の可能性もあります。
優勝争いの行方に注目したいところです。

今年のパ・リーグであれば2位球団はCSに出場。
敗者復活という形で日本シリーズ進出というケースもルール上は想定されます。

しかし、筆者は過去の記事で何度か触れましたが、リーグ優勝(1位)チーム同士の対戦が日本シリーズの本来の姿ではないかと思います。

2007年からCSが両リーグで行われるようになりました。
CSが定着して久しいところですが、やはり厳しい優勝争いを勝ったチームが敗者復活戦たった数試合で負け越し日本シリーズに出場出来ないのは釈然としません。

営業面での効果は確かにあるのでしょうが、こういったケースの該当チームの選手や首脳陣。
そしてファンは納得いかないでしょう。

CSの是非については改めて考察し、ペナントレース終了前後か日本シリーズ開幕前に触れてみたいと思います。

(筆者都合につき本ブログ10月20日ころまで休載します。)