大不況へ一直線?
コロナ騒動によるイベント制限は当面、延長される模様です。

仕事はボランティアではありません。
倒産・リストラ・就職難の嵐に追い討ちをかけそうです。

IMG_20201108_235616
(2020年11月8日:時事通信オンライン記事にて)

政府は何をもって国内の新型コロナを"収束"とするつもりなのか。

年明けに期限が切れるはずの指定感染症扱いも延長の可能性が高そうです。

国内の陽性反応者がゼロになるまで待つつもりなのか。

もしそうであれば、これからは季節性インフルエンザや肺炎球菌、結核などが国内で1人でも確認されたら経済社会活動を制限しなくてはいけないでしょう。

これらの感染症はワクチンや有効とされる薬がありますが、当然、ゼロリスクにはなりません。

イベント制限の全面撤廃や初詣、GoToキャンペーン、会食。

分科会は感染状況がステージ3に到達したらGoToの中止など社会経済活動を止めることを政府に求めるとしています。

しかしこの程度のことで感染が広まり危険だというのなら、世界中から膨大な人数が往来する五輪開催など論外です。

西村経済再生相と分科会の尾身氏は東京五輪についてどういう考えなのか。
是非一度、 説明してもらいたいものです。