11月26日は"良い風呂"の日。
疲れが溜まっていたこともあり、良い風呂の日に温泉へ行くことにしました。

DSC_2260


DSC_2264

横浜市港北区樽町にある綱島源泉湯けむりの庄様へ。
神奈川最大級の日帰り温泉・岩盤浴施設です。

東急東横線綱島駅から徒歩18分。

綱島駅方向から鶴見川(大綱橋)を渡り、大綱橋交差点を左に曲がり県道140号線(川崎町田線)を鶴見方向にひたすら進むと見えてきます。
横浜市営バス・川崎鶴見臨港バスの「樽野谷」バス停前です。

DSC_2265

綱島駅駐車場と湯けむりの庄様を結ぶシャトルバスも運行されています。
先述の通り綱島駅から徒歩18分の場所ですので、シャトルバスの利用もお勧めです。


DSC_2261
DSC_2262

温泉はナトリウム炭酸水素塩冷鉱泉で、入浴すると肌がツルツルになります。
温泉の色は黒褐色(黒に近い茶色)です。

大浴場には多くの種類のお風呂があるのですが、筆者は露天岩風呂とうたた寝湯にゆっくり浸かりながら過ごすのが好きです。

DSC_2263

湯けむりの庄様温泉だけでなくフィットネスクラブも入っています。
筆者は"亀理論"を基本に生活していますが、身体を動かした後に入浴するのも良いでしょう。

IMG_2259

大綱橋から見た鶴見川の光景。写真右側が綱島駅方面です。
現在はマンションが多く建っており、住宅街となっています。

綱島の温泉入浴施設は筆者が知る限り、2020年11月時点ではこの記事で触れた「湯けむりの庄様」1軒のみです。

しかし綱島は東海道新幹線が開業する1960年代まで、神奈川県を代表する温泉郷であり、一番多い時期で70~80軒の温泉旅館が存在したと言われています。

マンションが建っている川沿いにも複数の温泉旅館が存在したようです。

筆者が生まれるはるか前の話であり、正直なところ全然イメージが湧かないところなのですが、今でも地下深くに豊富な温泉が眠っているのでしょうか。

(2020年11月26日:横浜市港北区樽町付近にて撮影)