12月28日、国交省が大雪に対する緊急発表。
年末は冬の大嵐?となりそうです。

000_telop_aftomorrow
(2020年12月28日:気象庁公式サイト天気予報より引用)

気象庁などの発表によると明後日12月30日から翌年1月1日にかけ冬型の気圧配置が強化。
北日本から西日本の日本海側を中心に大雪・大荒れとなる恐れがあるとのこと。
今回は山地だけでなく平地でも積雪となる可能性があるとしています。

気象庁が12月28日23時に発表した12月30日の予報によると、新潟と松江は暴風雪。
大阪や福岡も雨のち雪。
鹿児島も雪の予報となっているようです。

国交省は12月28日、12月30日から翌年1月1日ごろにかけての期間を対象に、大雪に対する緊急発表を行っています。

・不要不急の外出を控えること
・大雪による立ち往生に警戒すること
・やむを得ず自動車を運転する場合、早めに冬タイヤを装着し、チェーンを携行すること。
・公共交通についても大規模かつ長時間にわたる遅延や運休発生の恐れがあること

といった内容が発表されています。

最新の気象情報や交通情報に十分留意し、厳重な警戒を。
そして安全最優先の行動を取る必要がありそうです。