地元で"おそとごはん"を楽しもう!
筆者は1月17日午後、最近行けてなかった地元の沖縄料理屋さんで、ごはんを頂いてきました。

DSC_2438

DSC_2439

コロナ騒動前の土日祝日であれば行列ができることも珍しくありませんでした。
しかし今は殆どそのようなことはなく、この日も店内は空いていました。
また、緊急事態宣言再発令のせいか人通りも少なくなりました。

DSC_2437
(2021年1月17日:横浜市西区高島・沖縄時間横浜ポルタ店様にて)

何を食べようか迷いましたが、いつもの「肉そば&ジューシーのセット」を頂きました。

沖縄そばの上に肉野菜炒めの山、てっぺんに紅ショウガが乗っているのが特徴。
ボリューム満点ですぐにお腹いっぱいとなります。
肉野菜炒めには薄切りの豚バラ肉、そして大量のもやしが使われています。

「肉そば」はランチ時間帯のみで数に限りがありますが、野菜不足の方にもお勧めです。

因みに昨年4月8日から5月25日までのおよそ2か月に及んだ1回目の緊急事態宣言。
この時はコンビニなど一部の店舗以外を除き、軒並み臨時休業となりました。

※関連記事
【独り言】緊急事態宣言と休業要請。経済は焼け野原か。
http://shiganaishomin.com/archives/24348069.html

営業できなければ当然、テナント代など膨大な額の支出が生じる一方、収入はゼロです。
どの店舗も相当なダメージを受けたことは想像に難くありません。
街中ではシャッターが下りたままの事業所や店舗を見ることが多くなりました。

筆者は何を言われようが、好きなお店や施設の存続のため、"おそと"へ出て通い続けたいと思います。
もちろん筆者の一度の支払いなど微々たるものであることは言うまでもありません。