東北新幹線全線復旧まで10日?
記事執筆時点で那須塩原~盛岡間が不通。

2月13日23時08分頃発生した福島県沖を震源とするM7.3、最大震度6強の地震の影響大きく。

IMG_20210214_175604
(2021年2月14日:JR東日本公式ホームページ運行情報より引用)

この地震では常磐道の相馬IC~新地IC間での土砂崩れや東北新幹線の高架橋柱損傷、電化柱折損など大きな被害が報じられています。

昨年からのコロナ騒動により出張などで遠方へ移動する方はかなり減っていると思われますがゼロではありません。
また常磐道も相馬IC~亘理IC間で通行止めとなっており、物流にも悪影響を及ぼしそうです。

復旧作業の妨げとなるような余震や誘発地震が起きないことを願うばかりですが、震源周辺で断続的に余震が起きているようですので、警戒が必要です。

2月13日の地震は2011年3月11日に発生した東北地方太平洋沖地震(M9.0)の余震とみられると気象庁から発表されています。

あの当時を思い出すような長くて気持ち悪い揺れ方でした。
それに比べたら小さいとはいえ、今回のM7.3、震度6強となればやはり被災クラスの大きな地震です。

100人を超える怪我人が出ているようですが、死者行方不明者が(記事執筆時点で)出ていないことと震源が深く津波が起きなかったのは不幸中の幸いでしょうか。