政府は五輪テスト大会に参加する海外選手を「特段の事情」として受け入れ検討?
馬鹿も休み休み言え。

分科会の皆さん、出番ですよ!?西村担当相と尾身先生!

IMG_20210228_100041
(2021年2月27日:共同通信オンライン配信記事にて)

一都三県で3月8日以降も緊急事態宣言再延長の可能性も報じられています。

西村担当相と分科会の尾身会長は医療提供体制の逼迫など新型コロナに対し本当に危機感を抱いているのならば是非、水際対策の緩和に猛反発するべきですね。

新型コロナ、筆者はやはり風邪に毛の生えたもの?としか思えません。

ただ、危険らしいウイルスが収束しない中、水際対策の緩和や五輪の聖火リレーの実施、東京五輪開催など論外です。
危険な巨大台風が襲来しているのにサーフィンや釣りに行ったりするのと同じですね。

しかし今の政府や東京都の対応はひどいものです。
特に小池都知事西村担当相のライン。
この2名が結託し、3県を巻き込みマスコミと一緒に社会経済活動を妨害。

小池都知事はまさに五輪開催時の都知事と言うレガシーのため、庶民を締め付けようが、五輪に関係ない催し物はいくつ潰れても構わないという姿勢。

今の都政こそ、諸悪の根源であります。

次に西村担当相。
"経済再生相"を名乗りながらやっていることは"破壊"ばかり。

上から目線で会食の自粛など庶民を締め付けようとする一方、昨年12月16日の国会で菅首相や二階幹事長の大人数での会食(※)について問われた時は、

「5人以上の会食一律に駄目だと言っているわけではない」と苦し紛れな回答。
自粛を求めるなら相手が誰であろうが注意するべきですよね?

そして何か決める際、必ず「専門家(尾身分科会会長など)の意見を伺って・・・」と発言の最後に出てきます。

自身の出世のため、弱いものに厳しく強いものに媚びながら、責任逃ればかり考える典型的な人物。
読者の皆様の職場や学校にもこういうおじさん、いるのではないでしょうか。

本ブログでは新型コロナウイルスではなく金儲け、政府と東京都の面子、政治屋のレガシーのための祭典と化した東京五輪の中止を強く求めます!

また3月8日以降も一都三県を対象とした緊急事態宣言が再延長されようが各種自粛要請には筆者は一切応じません。
庶民に自粛要請に応じて欲しかったら、政府と東京都は姿勢示せ。

さて、今日2月28日はいい天気なので、これからとことん"おそと"へ出ることにしましょう。