しがない庶民の独り言

どこにでも居るしがない庶民です。趣味の旅行(訪問記)や地元神奈川ネタ、時事問題、社会問題など、完全不定期で投稿中。

訪問記

【訪問記】閑散とした東京・渋谷(2020.05.17)

2020年5月16日~17日は第22回渋谷・鹿児島おはら祭開催日。
しかしコロナ禍のため中止に。



1998年の初開催以来、同祭の中止は初めてとのことです。

例年、2000人を超える踊り連の方々が道玄坂や文化村を練り歩き、鹿児島一色となります。
また、鹿児島の特産品を扱う物産展も開催されます。

参考記事:【東京・渋谷】第21回渋谷鹿児島おはら祭(2018.05.20)

IMG_9040

aogaeru

渋谷駅周辺は人通りも少なく、道路も空いていました。
通常時なら歩く方向を変えようものなら他の方とぶつかってしまうくらい混雑しています。
道路渋滞も慢性的です。

ここまで空いている渋谷の光景は筆者は初めて見たような気がします。

IMG_9039

IMG_9038

渋谷駅ハチ公前広場の「青ガエル観光案内所」も閉鎖されています。
当面の間、臨時休業とのことです。
こちらを待ち合わせ場所にする方も多いかと思いますが、こちらで待機している方も少なめでした。

こんな状態、いつまで続くのでしょうか。
空いているのは良いのですが、経済に悪影響なのは想像に難くありません。

(2020年5月16日:東京都渋谷区・渋谷駅ハチ公口周辺と道玄坂付近にて撮影)

【雑記】適度な運動・日光浴のために「#外に出よう」

今年のゴールデンウィークは「#ステイホーム週間」だとか「#家にいよう」などと言われています。

しかし四六時中家にいたら、日光不足で免疫低下や生活習慣病の悪化、うつ病などの精神疾患。
アルコールや買い物依存症など、別の病気を引き起こすリスクも高くなります。



日光不足は免疫低下の原因とも言われています。
新型コロナだけでなく別のウイルスや細菌に感染するリスクも高くなるでしょう。

IMG_8709


IMG_8710


IMG_8719
(2020年4月30日:横浜市中区山下公園付近にて撮影)

新年度も早いもので1か月。
地元横浜市は4月に入っても最低気温が10度を下回る日が多かったですが、ようやく暖かくなって来ました。

暖かくなることで新型コロナウイルスが死滅してくれれば良いのですが・・・。

そういえば最近、休業要請でゲームセンターやカラオケ店などの施設が閉まっている影響もあるのでしょうか。

ジョギングや公園・空き地などでのキャッチボール、サッカー、バトミントンなどをしている人が増えているような気がします。

日差しを浴びて体を動かしたくなるのは人間の本能。

あえて言いますが、適度な運動・日光浴のために「#外に出よう」というのが筆者の考えです。

もちろん三密を避けたうえで、また、交通安全やこれからは熱中症にも注意しなければいけません。

この風潮の中、「#外に出よう」などと書いてふざけるな!と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、ふざけているつもりは全くありません。

健康には不要不急ではなく必要必須です。

むしろ、「#ステイホーム週間」というのは上述の依存症や精神疾患を引き起こすリスクから、危険な取り組みとも言えます。

【訪問記】2019年台風19号被災。完全復旧までは相当な時間か(2020.04.27)

本ブログでは東京都・神奈川県の境目を流れる多摩川、東急二子玉川駅周辺の河川敷の台風19号襲来後の被災状況をこれまで5記事(※)掲載しました。

今回は神奈川県川崎市川崎区・大師通り周辺の河川敷の様子を取り上げたいと思います。



IMG_8691

堤防を守る工事が実施されています。
台風19号では多摩川で大規模な氾濫と周辺の浸水被害が発生しました。
2020年も襲来するかもしれない?巨大台風やその備え。
個人でも出来る限りのことはしておかなければいけません。

IMG_8685

IMG_8684

多摩川の向こう、東京都・大田区側を捉えたものです。
台風により流出した樹木や災害ごみなどが未だ散乱したままです。

被災したグラウンドなどの復旧工事は進んでいる印象ですが、まだまだ完全復旧までは相当な時間がかかることを感じさせられます。

ましてや新型コロナ騒動や、コロナ感染拡大防止のため政府から現在発令されている緊急事態宣言。
5月6日までが期限ですが、どうやら延長の公算が高くなってきているようです。

個人や企業活動への強い自粛要請・休業要請が続けば、横並びの自粛ムード、休業ムードが土木業者や建設会社にも蔓延し、復旧工事や堤防強化工事などを中断せざる得なくなるかもしれません。

IMG_8695

IMG_8693
多摩川の野鳥は台風19号の被害やコロナ禍に翻弄されることなく飛び回っていました。

(写真はすべて2020年4月27日:神奈川県川崎市川崎区・大師通り周辺の多摩川河川敷で撮影)

※2020年4月26日※
【訪問記】台風19号襲来から半年。未だ爪痕色濃く【2020.04.24】
http://shiganaishomin.com/archives/24527477.html

※2020年4月17日※
【訪問記】台風19号襲来から半年。今の多摩川河川敷は・・・【2020.04.17】
http://shiganaishomin.com/archives/24425452.html

※2019年12月2日※
【訪問記】台風19号襲来から1か月半、未だ爪痕色濃く【2019.12.01】
http://shiganaishomin.com/archives/22355120.html

※2019年10月27日※
【訪問記】台風19号の爪痕、生々しく(その2)【2019.10.26】
http://shiganaishomin.com/archives/21756918.html

※2019年10月26日※
【訪問記】台風19号の爪痕、生々しく【2019.10.26】
http://shiganaishomin.com/archives/21753132.html

【訪問記】台風19号襲来から半年。未だ爪痕色濃く(2020.04.24)

2019年10月12日~13日。
特に静岡県と関東地方に甚大な被害をもたらした台風19号の襲来から早いもので半年が経ちました。



本ブログでは東京都・神奈川県の境目を流れる多摩川、東急二子玉川駅周辺の河川敷の台風19号襲来後の被災状況をこれまで4記事(※)掲載しました。

今回は東急多摩川駅付近から丸子橋付近、神奈川県川崎市・丸子橋地区の河川敷の様子を取り上げたいと思います。

IMG_8599

快晴の青空。そして真っ青な川。
適度な日光浴やウォーキングにはもってこいの天候でした。

無題

無題2

丸子橋ゴルフ練習場付近では野鳥がいつも通り?のんびり過ごしたり飛び回ったりしていました。
新型コロナ騒動で殺伐とした世の中。
こういう光景はやはり癒されるものです。

台風19号による暴風や大雨で流出した樹木や家財道具は一見、片付けられているように見えます。
しかし、その爪痕も色濃く残っています。

IMG_8585

IMG_8590

IMG_8596

被災したグラウンドや河川敷の復旧工事が進められていますが、流出・散乱した樹木など災害ごみが至る所で散見されます。

台風や地震など、一度大きな災害が起きるとそう簡単に完全復旧は出来ないことを痛感します。
気が遠くなるような長い時間と膨大な費用が生じることは想像に難くありません。

ましてや新型コロナ騒動や、コロナ感染拡大防止のため政府から現在発令されている緊急事態宣言。

個人や企業活動への強い自粛要請・休業要請が続けば、横並びの自粛ムード、休業ムードが土木業者や建設会社にも蔓延し、復旧工事を中断せざる得ない場合も出てくるかもしれません。

(写真はすべて2020年4月24日:神奈川県川崎市の丸子橋地区・多摩川河川敷で撮影)

※2020年4月17日※
【訪問記】台風19号襲来から半年。今の多摩川河川敷は・・・【2020.04.17】
http://shiganaishomin.com/archives/24425452.html

※2019年12月2日※
【訪問記】台風19号襲来から1か月半、未だ爪痕色濃く【2019.12.01】
http://shiganaishomin.com/archives/22355120.html

※2019年10月27日※
【訪問記】台風19号の爪痕、生々しく(その2)【2019.10.26】
http://shiganaishomin.com/archives/21756918.html

※2019年10月26日※
【訪問記】台風19号の爪痕、生々しく【2019.10.26】
http://shiganaishomin.com/archives/21753132.html


【訪問記】台風19号襲来から半年。今の多摩川河川敷は・・・(2020.04.17)

2019年10月12日~13日。
特に静岡県と関東地方に甚大な被害をもたらした台風19号の襲来から早いもので半年が経ちました。



本ブログでは東京都・神奈川県の境目を流れる多摩川、東急二子玉川駅周辺の河川敷の台風19号襲来後の被災状況を3記事(※)掲載しました。

半年たった今、どうなっているのでしょうか??
現在の状況の一部です。

IMG_8423

台風による暴風や大雨で流出した樹木や家財道具は一見、片付けられているように見えます。

IMG_8383

IMG_8376

IMG_8382

IMG_8381

兵庫島の丘の上に入れるようになっていました。
まだ立ち入り禁止で復旧工事中の場所もあり台風襲来前の状態とまでは行きませんが、徐々に復旧が進んでいます。

IMG_8380

野鳥がいつも通り?のんびり過ごしたり飛び回ったりしていました。

IMG_8407

IMG_8418

多摩川河川敷の野球場。
台風による大雨で多摩川が氾濫し写真のスコアボードの上の方まで浸水した様子がニュース番組やネットの記事などで配信されていたのは衝撃的でした。

2019年12月1日の訪問時点では流された木や、傾いて草が巻き付いたスコアボードがそのままの状態でしたが、それは片付けられていました。
奥のサッカー場も含め復旧工事が進められています。

しかし、復旧工事が進められているところもあれば、まだまだ台風19号の爪痕が色濃く残っているところも・・・。

IMG_8398

IMG_8369

IMG_8393

大雨や暴風でなぎ倒され流出し、そのままの状態となっている樹木があちらこちらで見られます。

IMG_8387

河川敷の兵庫島公園災害復旧工事のお知らせの掲示。
この掲示を見ると復旧工事期間は2020年(令和2年)5月下旬までの予定とのことです。

台風や地震など、一度大きな災害が起きると復旧までには気が遠くなるような長い時間。
そして膨大な費用が生じることを改めて痛感します。

(写真はすべて2020年4月17日:東京都世田谷区東急二子玉川駅周辺の多摩川河川敷にて撮影)

※2019年12月2日※
【訪問記】台風19号襲来から1か月半、未だ爪痕色濃く【2019.12.01】
http://shiganaishomin.com/archives/22355120.html

※2019年10月27日※
【訪問記】台風19号の爪痕、生々しく(その2)【2019.10.26】
http://shiganaishomin.com/archives/21756918.html

※2019年10月26日※
【訪問記】台風19号の爪痕、生々しく【2019.10.26】
http://shiganaishomin.com/archives/21753132.html