しがない庶民の独り言

どこにでも居るしがない庶民です。趣味の旅行(訪問記)や地元神奈川ネタ、時事問題、社会問題など、完全不定期で投稿中。

訪問記

【訪問記】台風19号襲来から1か月半、未だ爪痕色濃く【2019.12.01】

DSC_1002

今年10月12日~13日、静岡・関東に台風19号が襲来してからおよそ1か月半が経過しました。
筆者の地元神奈川やお隣東京では未だ爪痕が色濃く残っています。

本ブログでは10月26日の記事で東急二子玉川駅周辺(東京都世田谷区)の河川敷の状況を取り上げました。
12月1日、筆者は再度、同じ地点の様子を見て来ました。

DSC_0987

台風により流された生活用品、自転車など災害ゴミと化したものがまだ多く残されています。

DSC_0990

DSC_0991

DSC_0992

DSC_0994

DSC_0995

多摩川河川敷を少し北上し、野球場やサッカー場がある方を覗いてみます。
通常であれば週末、少年野球や少年サッカーの試合や練習が行われています。
しかし今回も10月26日の訪問時に続き、その様子を伺うことは殆ど出来ませんでした。

野球場もサッカー場も復旧が思うように進んでいないようです。

DSC_0993

野球場も流された木や、傾いて草が巻き付いたスコアボードがそのままの状態です。
10月26日時点と殆ど状態は変わらず殆ど手付かずの状態です。

台風襲来時はこの辺りも多摩川の氾濫で完全に浸水し、スコアボードも半分以上が水に浸かっているところが当日のニュースの映像で放映されていたのを思い出します。

DSC_0996

DSC_0997

DSC_1000

DSC_0989

その他、流された木や枝、草が至る所に散乱しています。
台風19号襲来から1か月半が経過してもこの状態。
懸命の撤去作業や復旧作業が行われていますが、被害が大きく、かつ広範囲に及ぶため、作業が追い付いていないようです。

台風襲来前の状態に戻るには、まだ相当な日数がかかることを感じさせる、そのような光景であります。

(2019年12月1日:東京都世田谷区東急二子玉川駅付近の多摩川河川敷にて撮影)


【雑記】横浜温泉チャレンジャーで一風呂【2019.11.26】

11月もそろそろ終わりです。
今年の11月は雨が多いです。また寒暖差が激しく体に堪えます。

地元横浜では25日の最高気温は20.6度と日中は体を動かせば汗ばむくらいでした。
しかし26日は最高気温13.6度でこれは未明に記録した気温。
日中の気温は8~9度台を行ったり来たりと真冬並みの寒さでお約束通り?雨が降る時間帯もありました。
例年ならば冬に向かって降水量が少なくなり、乾燥晴れの日が多くなるはずなのですが・・・。

26日の夜、あまりにも寒かったので横浜温泉チャレンジャーで一風呂浴びて来ました。
源泉温度45度と高温の塩化温泉で、寒い時期や熱い温泉が好きな方には是非お勧めしたい温泉です。

78124741_2515296581922679_1058295184573333504_o

76939840_2515334591918878_2865746112835223552_o

75561552_2515334678585536_7740227131266826240_o

DSC_0983

DSC_0982

高濃度の高温泉がすぐに体を芯から温めてくれます。
体にグッとくる?泉質です。
また、アトピーの治療にも効果があるそうで、神奈川県温泉地学研究所から「療養泉」として認定されています。

運営しているのは社会福祉法人創生会で、特別養護老人ホームが隣接しています。
予約制ですが、高齢者や障害者の方、皮膚に疾患のある方向けに、個別浴室も設けられています。
温泉を用いた健康療法に力を入れられているようです。

横浜市をはじめ神奈川県東部には、源泉かけ流しと言われる温泉銭湯は多数存在します。
しかし源泉温度が40度を超える高温泉で、療養泉として認められている所となると神奈川県東部では限られてくるはずなのでとても貴重です。

これからやって来る寒い季節。
温泉にお世話になる日も増えて来そうです。


【訪問記】横浜ハンマーヘッドを訪問【2019.11.12】

本ブログでも数回、過去の記事(※)で建設中の様子を取り上げた横浜ハンマーヘッド。
10月31日、待ちに待った開業を迎えました。

筆者はその約2週間後の11月12日、初めて開業後の横浜ハンマーヘッドを訪れました。

IMG_7207


IMG_7216

この日は大型クルーズ船「ぱしふぃっくびーなす」の入港日で、多くの見物客が訪れていました。
筆者は出港までは居ませんでしたが、17:00の出港の前に見送りのセレモニーが行われたようです。

IMG_7226

1階の入口部分。
左側にはスターバックス、右側が欠けてしまい恐縮ですがセブンイレブンがあります。
建物の中には多くの飲食店や雑貨店、バーなどが入っています。
またインターコンチネンタル横浜 Pier8も入っており、今月中に開業予定です。

IMG_7232

2階テラスから東京湾を眺めてみます。
この日は空気が澄んでいてとても綺麗でした。
駐車場の奥の赤い地面のスペースはハンマーヘッドパークとして2020年の開業が予定されており、現在工事が進められています。

IMG_7246

横浜市営バスでは桜木町駅から横浜第二合同庁舎、万国橋などを経由して横浜ハンマーヘッドを結ぶ循環バス「ピアライン」も運行開始となりました。

IMG_7266

IMG_7274

ピアラインでは神奈川県では初となる燃料電池バスも運行されています。

国際旅客船の拠点として、そして新たな観光スポットになるであろう横浜ハンマーヘッド。
みなとみらい周辺の観光が、より楽しくなりそうです。

※横浜ハンマーヘッド建設中の様子は下記の記事で取り上げています。

2019年10月20日投稿
【地域情報】横浜ハンマーヘッド開業間近!【2019.10.20】

2019年9月12日投稿
【地域情報】横浜ハンマーヘッドの建設進む【2019.09.10】

(写真は全て2019年11月12日:横浜市中区新港地区にて撮影)

【雑記】そろそろいくら丼が美味しい季節【2015.06.06】

11219528_773078609477827_3705321330636741089_n

前回の記事の続き?です。今回はグルメのお話です。

11月に入り寒さを感じる日も増えて来ました。
冬に美味しいものと言えば筆者の場合はまずラーメン、そしていくら丼です。

10405505_773078632811158_7311218939284416005_n

この時は南三陸町の南三陸さんさん商店街の中にある「創菜旬魚はしもと」様でいくら丼を頂きました。
やはり何でも本場で食べるものは美味しいですね。

この商店街では「キラキラいくら丼」が有名で、このお店を含め10店舗が取り扱っています。
毎年11月1日~2月28日の間が提供期間となっています。
筆者も一度頂いたことがあるのですが、やみつきになる美味しさです。
(この時写真に撮っておけば良かったのですが、あまりの美味しさに忘れてしまいました。)

2015年6月、南三陸町に最後に訪問してからおよそ4年半が経ちました。
仮設であった南三陸さんさん商店街は2016年末に閉鎖されました。
そして2017年3月に少し離れた高台の場所に本設の商店街が出来たようです。

キラキラいくら丼を食べに、また本設の商店街の見学なども含め、この冬は再訪してみたいところですが・・・。

(写真は2枚ともに2015年6月6日:宮城県南三陸町志津川地区にて撮影)

【訪問記】JR気仙沼線・大船渡線の不通区間廃止へ【2015.06.06】

今月12日、JR東日本はJR気仙沼線の柳津~気仙沼間、及び大船渡線の気仙沼~盛間の廃止を国交省に届け出たことを発表しました。

いずれも2011年3月11日に発生した東北地方太平洋沖地震(東日本大震災)で被災し、不通となっていた区間です。

本記事では、東日本大震災の発生から4年3か月後、2015年6月6日にJR気仙沼線沿線を訪問した時のことについて触れてみたいと思います。

9641017_2159584375_78large


9641017_2159582142_128large


9641017_2159582136_142large


9641017_2159582129_142large

JR気仙沼線柳津駅の様子です。
先述の通り、同駅から気仙沼駅の間は、2011年3月11日の東日本大震災で生じた大津波によって被災し、鉄道としては不通となっていました。
現在この区間は、2012年8月からはBRT(バス高速輸送システム)として運行されています。

尚、2015年6月27日からは、気仙沼線BRTの15往復分のうちの10往復が柳津駅から前谷地駅まで延伸されたようです。

9641017_2159584372_245large

uanaidu

柳津駅から気仙沼駅方面を覗いてみます。
この先の停止信号、そして線路を塞ぐ倒れた樹木は震災の爪痕を色濃く感じさせるものでした。
現実的に厳しいことは分かっていましたが、線路が再び繋がればと思っていたところでの廃止届出発表でした。

9641017_2159582120_208large

9641017_2159582110_43large

9641017_2159582125_105large

9641017_2159582104_46large

9641017_2159582092_28large

この日は気仙沼線BRTに乗車し、志津川地区へ向かいました。

この志津川地区は、東日本大震災による大津波で極めて甚大な被害が発生した地域の1つです。
写真3枚目の仮設商店街の南三陸さんさん商店街と気仙沼線BRTの志津川駅がある以外、殆ど何もありませんでした。

11214027_773078642811157_6582774681089746350_n

3階建ての南三陸町防災対策庁舎も大津波に建物が丸ごと巻き込まれ、殆ど骨組みだけの無残な姿に。
こちらは震災遺構として保存が決まっているようです。

大津波襲来直前まで町民に対し庁舎から避難の呼びかけを行い、津波から逃げきれず、犠牲となった職員の方もいらっしゃいます。
これは"防災庁舎の悲劇"として震災関連の報道で触れられることがあります。

この光景を目にし、あの大津波がどれだけのものだったのか、想像しただけでも恐ろしく、改めて被災地の厳しい現状を実感した次第です。

(写真は全て2015年6月6日:宮城県登米市・南三陸町にて撮影)