しがない庶民の独り言

どこにでも居るしがない庶民です。趣味の旅行(訪問記)や地元神奈川ネタ、時事問題、社会問題など、完全不定期で投稿中。

訪問記

【雑記】人懐っこい?薩摩の野良猫(2019.09.28)

今まで撮影した写真を整理していたら、鹿児島県で撮影した野良猫の写真が出てきました。

IMG_6514

IMG_6512

この野良猫、人を恐れることなくのんびり過ごしていました。
むしろ筆者の方に寄って来るくらい、人懐っこい野良猫でした。
人に慣れている?ようです。

野良猫とか野鳥を見ていると人間、そんなに急いだり消耗する必要があるのかな?
コロナ騒動以降は特にそんな気がします。

IMG_6522

IMG_6503

IMG_6501

桜島火山や錦江湾が非常にきれいでした。

ついこの間撮影した写真だと思っていましたが、撮影したのはちょうど1年前の今頃。
1年経過するのはあっという間。

まもなく今年も9月が終わり10月に突入します。

(2019年9月28日:鹿児島県鹿児島市桜島内の海釣り公園付近にて撮影)

【訪問記】雨上がりの多摩川河川敷(2020.09.27)

先週、関東平野では台風12号の上陸が懸念されましたが、上空で神風が吹いのでしょうか。

南へ逸れ、地元では特に大きな影響はありませんでした。

IMG_0770

IMG_0768

IMG_0765


DSC_2130
(2020年9月27日:神奈川県川崎市と東京都大田区の境目である丸子橋から撮影)

雨上がりの多摩川河川敷の光景です。
台風12号の影響は無かったものの、秋雨の日が続いていたので久々の晴れ間でした。

ジョギングや体操で汗を流したり、ゴルフ、キャッチボール、サッカーなどをしたり、日光を浴びている方もいらっしゃいました。

雲が多かったものの貴重な晴れ間。
歩くだけでも心地が良いものです。

これらは実はコロナ対策にもなります。
情報過多からの脱却です。

河川敷を散歩したりジョギングやキャッチボールなどで体を動かす。
そしてテレビ(特にワイドショーやモーニングショー)を見ない。

それからお昼の外食時など、お店の選び方です。
テレビがあるお店はいわゆる"コロナ脳"が集まって来ます。

外食時はテレビのないお店を選んだ方がコロナ脳も集まらず、テレビの画面越しに映る野次馬報道もシャットダウン出来るので有効です。

【訪問記】台風19号被災後初めての秋(2020.09.20)

2019年10月、静岡・関東地方への台風19号襲来からまもなく1年。
台風19号被災後初めての秋を迎えました。

厳しい残暑となる日もある一方、鈴虫の声も聞こえてくるようになるなど、確実に秋が深まってきています。

筆者は9月20日、東京都と神奈川県の境を流れる多摩川を訪れてみました。

IMG_0730

IMG_0702

台風19号による豪雨で多摩川は氾濫。

周辺が大きく浸水し、河川敷にあったはずの野球場やサッカー場も壊滅状態。
犠牲者も出るなど深刻な被害が発生しました。

IMG_0705

IMG_0704

IMG_0727

IMG_0719

懸命の復旧工事により、台風被災前の状態を取り戻しつつあります。
野球場やサッカー場の再整備も進んでいます。

キャッチボールやマラソンなどをする方も多くいらっしゃいました。
また、少年野球やサッカーのチームの試合や練習も行われるなど、河川敷に活気が戻って来ました。

一方、細かいところに目を向けてみると、まだまだ台風の爪痕が残っています。

IMG_0707

暴風や豪雨で流出したと思われる木々がそのままとなっています。

太くて頑丈そうに見える木々でも台風の暴風では簡単に根元からへし折られてしまうことが分かります。

IMG_0721

IMG_0724

こちらは野球場として使われていたエリアです。

台風襲来時はこの辺りも多摩川の氾濫で完全に浸水。
スコアボードも半分以上が水に浸かっているところが当日のニュースの映像などで放映されてました。

台風襲来後も長期に渡り、流された木々や、樹木が巻き付いたスコアボードがそのままの状態となっていました。

現在、木々や樹木は片付けられていますが、グラウンドがあったはずのところは草が生い茂った状態です。
野球の活動で使われていたり、グラウンドが再整備されている様子はありません。

もっとも他に再整備されているグラウンドも複数あり、少年野球団の活動などに問題は無いのかもしれませんが、こういう光景は虚しさを覚えるものです。

(2020年9月20日:東急二子玉川駅・二子新地駅周辺の多摩川河川敷にて撮影)

【訪問記】横浜ポートサイド地区を"散歩"(2020.09.16)

今度の4連休は#外に出よう!

GoToトラベルキャンペーンなどを使い#旅に出よう!

おうち時間ではなくおそと時間で#経済を回そう!

9月16日、筆者は横浜ポートサイド地区を散歩してみました。
横浜駅東口から徒歩5分くらいの場所に位置するポートサイド公園です。

IMG_0620

IMG_0621

IMG_0642

IMG_0641

観光地の定番である山下公園や大さん橋、臨港パークなどに比べると訪れる人は少なめ。
穴場的なスポットで、PV撮影やドラマ撮影で使われることもあるようです。

特に遊行施設があるわけではありません。
公園内にあるのは木々やベンチ。周りにはお洒落なマンション、専門学校くらい。

都会の喧騒を忘れてゆっくり過ごしたい方にはお勧めです。

IMG_0622

いつ、どこに行ってもカワラバト(ドバト)が目に入らないことはありません。
もし万が一、全く見られなくなるようなことあれば、何か危険な兆候?かもしれません。

IMG_0629

IMG_0627

ふと貨物線が走る方に目を向けたら、ハトやカラス、ムクドリではない見慣れない鳥が。
ネット上で調べてみましたが、これはイソヒヨドリ?なのでしょうか。

筆者は素人なので詳しくありませんが、その時見られる野鳥の種類や行動を観察してみるのもなかなか面白いものです。

過去の記事でも何度か触れましたが、横浜市でも色々な野鳥が見られます。
もし気になる方は、本ブログの過去の記事から探してみてください。

(写真は2020年9月16日:横浜市神奈川区ポートサイド公園にて撮影)

【雑記】野鳥も熱中症対策?日陰に"密集"(2020.08.26)

野鳥も熱中症対策?日陰に"密集"
立秋過ぎても厳しい残暑のトンネルが見えません。

IMG_0003

IMG_0012


IMG_0005

横浜市中区山下公園の様子です。
観光地、そして野鳥スポットとしても有名ですが、野鳥たちも暑さに堪えたのか、芝生や木々の日陰の部分に集まっていました。

日陰の芝生の部分には鳩や雀、ムクドリといった複数の種類の野鳥が見られました。

人間社会でいう"三密"の状態にも見えますが、特に鳥同士が喧嘩することもなく、むしろ適度にソーシャルディスタンスを確保している?ように見えました。

野鳥に新型コロナ(COVID19)は関係ないかもしれません。
むしろ我々人間も発症する熱中症や鳥インフルエンザの方が怖いはず。

しかし今はこの暑さが危険であるか、熱中症にならないためにどうすれば良いか?ということを本能で知っているからこそ、日陰に集まったり水浴びするのでしょう。

野鳥たちは非常に気持ちよさそうに過ごしていたのが印象的でした。

IMG_0032

IMG_0027

厳しい残暑が続く一方、入道雲を目にする機会が多くなりました。
8月は1年の中で圧倒的に雷が多い時期と言われています。

実際、8月26日も大気の状態が不安定で、夕立の所もあるようです。

陽が落ちる時間も早くなってきました。
季節は秋に向かっていることは間違いありません。

(写真はすべて2020年8月29日:横浜市中区山下公園内にて撮影)