しがない庶民の独り言

どこにでも居るしがない庶民です。趣味の旅行(訪問記)や地元神奈川ネタ、時事問題、社会問題など、完全不定期で投稿中。

政治・経済

商売は"ボランティア"ではない

サイゼリヤ社長、1月13日の西村大臣の外食ランチ自粛要請に激怒。
当然ですね。

IMG_20210113_232415
(2021年1月13日:FNNプライムオンライン記事にて)

相次ぐ政府の要請。
「きょうまたランチがどうのこうのと言われてふざけんなよと

サイゼリヤ社長の怒りは当然です。
大手、中小零細、または家族経営や個人事業主であろうが商売はボランティアではありません。

西村大臣のランチ外食自粛要請などまさに公的営業妨害。

時短要請に応じた事業者には1日6万円の協力金が出るそうですが、一律6万円の根拠は何なのか?

また、協力金受給の手続きは簡単に行えるのか?
本当に支給されるのか?定かではありません。

今は飲食店がやり玉に挙がっていますが、春先はパチンコ店やライブハウス、夏は夜の街がやり玉にあがっていました。

不要不急に見えてしまうものでも、経営サイドからすれば"仕事"であり生計を立てていくための重要な収入源。
何らかの形で営業できなければその分は"収入ゼロ"で死活問題です。

常に上から目線。
"罰則"、"強い措置"、そして"気の緩み"という言葉が大好きの西村経済"再生相"。
実際にやっていることは再生ではなく"破壊"ですね。
さぞかしお偉いのでしょう。

地位を濫用し営業妨害を働く西村再生相にこそ罰則を!
そして今秋までに行われる予定の衆院選で落選させましょう!


弱いものに厳しく強いものに媚びる典型

弱いものに厳しく強いものに媚びる典型。西村康稔経済再生相のことです。
何様のつもりか。

経済"再生相"でありながら次々と経済社会活動を妨害し破壊。

IMG_20210113_230541
(2021年1月13日:時事通信社オンライン記事にて)

今度は外食ランチの自粛要請。飲食店への公的営業妨害ですね。
昼の食事まで指図される覚えはありません。

年末年始のGoTo停止の混乱や緊急事態宣言発令か否かの混乱。

諸悪の根源は1月7日の記事で少し触れましたが、西村再生相(+尾身分科会会長)小池都知事のラインです。
この2名が結託しマスコミと一緒になり、あらゆる社会経済活動を妨害しています。

さて、西村再生相といえば昨年末、こんなことがありました。

上から目線で国民を叱りつけるように庶民を締め付けようとする一方、昨年12月16日の国会で菅首相や二階幹事長の大人数での会食について問われた時は、

「5人以上の会食一律に駄目だと言っているわけではない」と苦し紛れな回答。
自粛を求めるなら相手が誰であろうが注意するべきですよね?出来ないでしょうけど。

そして何か決める際、必ず「専門家(尾身分科会会長など)の意見を伺って・・・」と発言の最後に出てきます。

自身の出世のため、弱いものに厳しく強いものに媚びながら、責任逃ればかり考える典型的な人物。
読者の皆様の職場にもこういうおじさん、必ずと言って良いほど存在しますね。

こんな人物の言うことは一切、相手にする必要ありません。
コンビの尾身分科会会長も御用学者に過ぎません。

筆者は今回、外出自粛などの各種要請には一切応じないことを宣言します。


人気ブログランキング

成人式や部活動は一生に一度、五輪は4年に一度。

成人式や部活動は一生に一度、五輪は4年に一度。

IMG_20210112_234545
(2021年1月9日:神奈川新聞18面にて)

五輪は4年に一度あり、五輪以外のアマチュアの大会も多く存在します。

一方、成人式や部活動は一生に一度しか経験できないものです。

最近では高校サッカーやラグビーの大会。
一都三県への緊急事態宣言発令でどうなることかと思いましたが決勝まで出来て良かったです。

また、コロナ騒動を理由に多くの自治体が成人式を中止や延期する中、横浜市や東京・杉並区は実施。

こちらはお約束のように批判の声が上がっていますが、筆者は"実施"に賛成です。
"あっぱれ"です。

自粛警察やコロナ自警団を恐れず、よく実施してくれました。

逆に新型コロナが不治の病や強毒性で成人式や部活動、旅行、外出すら危険でダメだというのなら、世界中から膨大な人数が往来する東京五輪など論外です。

この1年間、政府や東京都はあらゆるものを中止や延期に追い込みながら"五輪"だけは開催ありき。

昨年春、第92回選抜高校野球大会すら中止になりました。

しかし五輪に繋がる東京・名古屋・琵琶湖のマラソンや聖火リレーは何食わぬ顔で実施。

五輪のためになりふり構わず。五輪に関係のないものは潰して構わないという姿勢が非常に不愉快で仕方がありません。

結局、昨春からの各種自粛要請と五輪関連行事の強行。

アクセルとブレーキを同時に踏むようなことですが、安倍前首相のレガシーと、政府の面子として、五輪中止を阻止したいだけの話だったのです。

欲しがりません勝つまでは!五輪のために!

と言うことなのでしょうが冗談ではありません。

五輪よりも庶民の生活が第一!
日常生活や余暇、娯楽の方が大事です。

1月12日夜の報道によると関西三県のほか福岡県、岐阜県や栃木県も緊急事態宣言が再発令されるようですが、お話になりません。

こんなのは飲食業のみならず、旅行業や観光業、宿泊業への公的営業妨害です。

我々庶民や事業者の皆様、政府や地方自治体などからの各種自粛要請など相手にする必要はありません。
いい加減、元の生活に戻りましょう。

日本において新型コロナは不治の病や難病でもなく"風邪"であるのは明らかです。

#全国一斉自粛拒否

新型コロナの指定感染症1年延長決定

新型コロナの指定感染症1年延長決定。
この騒動、まだ続けるの?

IMG_20210110_184700
(2021年1月9日:神奈川新聞2面より)

新型コロナ騒動が始まってからおよそ1年。

当初は「新型肺炎」「新型コロナ肺炎」と言われ、感染したら高確率で肺炎を起こし死亡したり重篤な症状が出る恐れがあるとされていました。 

しかし今となっては、新型コロナは日本において、不治の病や難病でもないことが明らかになってきました。

SARSや結核のような2類相当、原則隔離しなくてはならないほどのものなのでしょうか?
筆者はそうは思いません。

今必要なのは緊急事態宣言や飲食店いじめではありません。
新型コロナの指定感染症からの除外です。

指定感染症から除外すれば隔離政策を行う根拠もなくなり病床数が逼迫することもないはずです。

保健所の全数調査やクラスター、濃厚接触者の追跡の必要もなくなり、負担も少しは減るでしょう。

それに保健所は新型コロナ以外にもやらなくてはいけないこと、多岐にわたるはずです。

もし新型コロナを指定感染症から除外し、IOCや国際世論から顰蹙を買い、五輪中止となってもやむを得ません。

五輪よりも庶民の生活が第一です。

どうなる?東京五輪2020プラス1

どうなる?東京五輪2020プラス1

最近は夕刊紙や週刊誌のみならず、大手スポーツ紙などでも#五輪中止の論調の記事が増えてきました。

IMG_20210109_115647
IMG_20210109_115709
IMG_20210109_115737
(2021年1月17日:スポーツニッポン1面及び3面にて)

新型コロナは日本においては"風邪"程度。
不治の病や難病ではありません。

結核やSARSのような2類以上相当扱いの指定感染症にする必要が無いのは素人が見ても明らかです。

医療逼迫は指定感染症(2類相当)扱いが諸悪の根源でしょう。

ただ、医療水準や衛星環境は国それぞれ。

ロックダウンや外出禁止のような厳しい措置を取っている国も多くありますが効果は無いようです。

当然、このような国は五輪出場選手を決める予選大会や練習など行えないでしょう。

世界中を自由に往来できる見通しも立っていません。

あくまで五輪開催可否はIOCの判断。

しかし一部の国だけが参加でき、特定の選手だけが得をする大会など五輪でも何でもありません。
金儲けの祭典です。

今回の五輪開催危機はスポーツの行き過ぎた商業主義に対する警告であるとも言えます。

日本は長きにわたり五輪崇拝主義、メダル至上主義を続けてきましたが、果たして膨大な税金をつぎ込んでまで金メダルを取りに行く意味があるのか。

金メダルをいくらとっても我々庶民の懐は暖かくなりません。

また金メダルのために選手を酷使したり使い捨てにしようが手段を選ばないと言う風潮。

度が過ぎていると感じることも多々あります。

今回を機に我々日本人は五輪やメダルに対する考え方を改めなければいけません。