しがない庶民の独り言

どこにでも居るしがない庶民です。趣味の旅行(訪問記)や地元神奈川ネタ、時事問題、社会問題など、完全不定期で投稿中。

政治・経済

【独り言】桜の季節は節目の季節。4月始業は日本の慣習。

4月上旬の桜の季節は節目の季節。4月始業は日本の慣習。
入学、就職、転勤、転職、退職、引っ越しなど様々なことがあります。



IMG_8122
(2020年3月30日:横浜市中区みなとみらい地区にて撮影。画像はイメージです。)

さて、コロナ禍で学校が長期休校を余儀なくされる中、突然、学校の9月入学制導入の話が浮上。
賛成論・反対論ともに飛び交っています。

賛成派の意見としては、学校の長期休校により学力差が生じるからだそうです。
アメリカなど海外では当たり前だから日本も合わせるべきという考えもあるそうですが・・・。

筆者は反対です。海外がどうであろうと、日本の慣習には合わないからです。

冒頭でも触れましたが、4月上旬ごろの桜の季節は節目の季節。
4月始業は日本の慣習。これは日本の慣習として長らく続いてきました。

もし9月入学制を導入するなら、高校や大学入試、就職などありとあらゆる社会の制度や慣習を変えなければなりません。

これまでの慣習や国民性を無視したものを無理やり取り入れようとしても、上手く行かないでしょう。

文科省や学校だけで済む話ではなく、次の年から一気に変えるというのは非現実的でしょう。

それに戦後長らく続いてきた今の制度を一時の勢いで、それもたった1~2か月の議論で変えて良いのでしょうか?筆者は疑問です。

そもそも9月入学制の話や、ツイッターでトレンド入りした検察庁法改正案、五輪の予算の話など今、国会で議論するべきことなのでしょうか?

これらは暇なときにでも議論すればいい話。
まずは経済や学校を平常に戻すことが優先されるべきです。

コロナ禍で児童・生徒は貴重な学校生活を奪われています。

庶民は経済状況の急激な悪化で職を失ったり廃業を余儀なくされたりして、今日明日の生活すら見通しの立たない方がたくさんいるわけです。

はっきり言って国会中継を見ていると、全然真剣さが感じられません。

どの人も、このコロナ禍を自身の政治活動のためにどう利用するか、ということしか頭に無さそうです。

【独り言】長引く休業要請。もはや永久休業か強行営業の二択か?

新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言。外出自粛や臨時休業要請。
5月31日まで延長されましたが、長引く休業要請や外出自粛要請はもはや限界でず。



DSC_1669

DSC_1668

DSC_1666

DSC_1665

(2020年5月5日:横浜市中区桜木町駅付近・同市西区横浜そごう前にて撮影)

どこを向いてもシャッターが下りていたり休館・休業の掲示ばかり。
すでに手遅れな面がありますが、これ以上休業を続けたら倒産する所も大量に出てくるはずです。

経営サイドからすれば、現実にはこのまま永久休業(廃業)するか、強行営業するかの二択でしょう。
天からお金が降ってくるわけでも無く、休業協力金など支払われても微々たるもの。
営業できなければ収入ゼロで死活問題です。

後者の場合、風評被害や今話題になっている"自粛警察"の低劣ないたずら、誹謗中傷などに屈してはいけません。
"自粛警察"というのは犯罪です。警察でも何でもありません。

話を戻しますが、やはりどんな形であれ、働いて収入を得ないと生きて行かれません。

自粛や休業要請を続け、リーマンショック時やそれをはるかに上回るようなリストラ、倒産、就職氷河期を起こして良いのでしょうか?

コロナ禍による内定取り消しやANAの採用活動中断の話など、2021年卒業予定者の就職活動は極めて厳しいものになりそうです。
空前の売り手市場から一転、殆ど経験のない未曽有の氷河期、超買い手市場になるのは間違いありません。

筆者はウイルス性の風邪の一種に過ぎない新型コロナウイルスよりもこちらの方がはるかに問題であり、自粛や休業要請の行きつく果てであると考えています。

※関連記事※
緊急事態宣言延長決定的。5.7以降は"強行突破"の覚悟必要か?
健康のために#外に出よう

【独り言】言うは易く行うは難し。専門家は何様のつもりか。

5月4日、政府の専門家会議で出た「新しい生活様式」。
まずは是非、専門家の方々で完璧に実践してもらいたいものです。



IMG_20200505_163425

(2020年5月5日:朝日新聞一面より)

専門家の方々は長い時間議論して、こんなことしか思いつかないのかという印象です。
幼稚園や小学校の掲示板のようで非常に不愉快。

言うは易く行うは難し。はっきり言いますが専門家は何様のつもりか?

この専門家の方々の存在も経済を止め、自粛論や中止論を蔓延させ、政府の判断にさえ悪影響を及ぼしている原因でしょう。

最近、何かにつけてオンラインだとかテレワークと叫ばれています。

しかし仕事は「人間がやるもの」。

仮にこれらがある程度実践可能な業種だとしても、実際に出勤して顔を合わせたり、現地へ出向かなければ仕事にならないことはたくさんあるでしょう。

細かいコミュニケーションや阿吽の呼吸はオンラインでは不可能。

オンラインやテレワークを主張している人は、仕事は「人間がやるもの」という考えが抜け落ちていると思います。

もっとも、専門家の方々も見ていると高齢者ばかり。
発表用の資料でとりあえず「オンライン」という言葉を使っておけば良いやというくらいの認識なのでしょう。

仮に専門家の提唱する「新しい生活様式」を1から10まで実践したらどうなるか?
そもそも出来るはずがありません。

政府も事あるごとに専門家の方々の意見を聞いて・・・、というような談話が目立ちます。
しかし社会を止めたままで良いはずはありません。

時には専門家の意見を一蹴し、経済や学校を動かすという方向に持って行く。
政治決断を下すことも必要ではないでしょうか。
新型コロナもインフルエンザもその他の風邪なども、ゼロリスクはあり得ません。

【独り言】五輪の為なら何でも許される?

DSC_1420

本ブログではこれまで政治の話題には極力触れないようにして来ました。
やはりデリケートであり、人それぞれ立場や考えがあるからです。

ただ、堪忍袋の緒が切れそうなのは事実。
特に2月末からの新型コロナウイルス、これに関連した明らかな五輪目当ての対応。

AP通信の取材を通じて新型コロナウイルスの感染が5月末までに終息しなかった場合、東京五輪の延期や中止に言及したことが2月25日、日本でも報じられてました。

それから突然の自粛要請や一斉休校要請等の政府の対応。

2月25日以前まで政府としては、自粛を要請するものではないとしていました。

東京五輪中止を恐れた政府のIOCへのパフォーマンス、そして後手後手とされる政府批判を払拭するためのものであることは明らかです。

今、急ピッチで野党までを巻き込み、「インフル特措法」が改正されようとしていますが、これもその狙いの一つと取ることも出来ます。

自粛要請や一斉休校要請により、あらゆるものが中止、自粛、無観客など規模縮小となりました。
この要請がいつまで続き、いつ緩和されるのか、先が全く読めません。

大相撲の開幕も無観客。
第92回選抜高校野球(春のセンバツ)も無観客試合を前提に準備を進めるという発表が3月4日にあったものの、未だ予断を許さない状況であり、開催危機に陥っています。

プロ野球も開幕延期となるのか、3月20日の開幕からしばらく無観客で開催するのか、今後の予定は不透明です。

しかし一方、五輪に関係する行事は決行予定・もしくは決行されています。

3月1日の東京マラソンも一般参加の枠は中止になるなど規模は縮小されたものの、7万人が沿道に集まりました。
主催者は観戦自粛を呼びかけただけで何も効果なし。
名古屋や琵琶湖のマラソンも恐らく決行されるのでしょう。
聖火リレーも今の所、決行予定です。

五輪の為なら何でも許されるのでしょうか?
腸が煮えくり返る日々が続きます。

2月29日に東京事変のコンサートが強行されたことや、3月4日に春のセンバツ高校野球を無観客開催前提で準備を進めることに不満を持っている方も多いようです。
様々な声が交錯していますが、このような方は東京五輪の開催に関してはどう思われているのでしょうか。

(写真はイメージです。2020年3月2日:北海道札幌市中央区にて撮影。)

【独り言】突然の自粛・縮小要請、一斉休校要請。背景には東京五輪か?

IMG_7976
(画像はイメージです)

新型コロナウイルス関連の情報が錯綜しています。
誤った情報に踊らされたのか、地元のスーパーでも、マスクの次はティッシュやトイレットペーパーが完売となっていて驚きました。



このような時は、やはり野次馬報道やデマ、不正確な情報にはより一層、気を付けないといけません。

さて、政府は新型コロナウイルス感染拡大に際し、一昨日26日にイベントやスポーツ大会の中止や自粛、縮小を要請。
また、具合が悪いからと言ってむやみに医療機関を受診しない(症状軽症者は自宅待機をする)よう呼びかけました。

翌27日の夜には全国の公立小中高で一斉休校を要請。
これに関連し、保護者が有給休暇を取れるよう企業に呼びかけるなど世の中が混乱しています。

この2日間で続いたイベント、スポーツ大会の自粛・縮小、延期の要請や一斉休校の要請。
背景にはやはり東京五輪?
そう考えることは想像に難くありません。

IOCの公式見解ではないとされていますが、IOCの古参委員が5月までに新型コロナが終息しない場合、東京五輪中止や延期に言及したことをAP通信が報じ、25日の夜に日本国内でもそのニュースが流れました。

この時点までは政府として、イベントなどの自粛を要請するものではないと発表していました。

その後、急に政府の動きが慌ただしくなり、28日までに各イベントやスポーツの自粛・縮小、延期、一斉休校要請に至っています。

安倍首相は国民の命を守ることを最優先にやるべき対策を躊躇なく実行すると述べています。

しかし、それならば国内完結のイベントやスポーツ大会よりも世界中から人が出入りする東京五輪の方がよほど危険ではないでしょうか?

仮にこの1~2週間で日本国内で感染拡大を防げたとしても、外国で大流行が続いている可能性があります。
そのような中、世界中から人が出入りすれば日本国内で再感染→再流行の可能性もあります。
選手村で新型コロナウイルスの集団感染が発生するリスクも考えられます。

現状では、スポーツ大会やイベントを中止や自粛、延期に追い込みながら、東京五輪に関連する(東京マラソン・名古屋マラソン・琵琶湖マラソン)や聖火リレーなどの行事は決行予定。

正直、国民の命を最優先という考えは微塵にも感じられません。
むしろ政府は東京五輪中止を恐れ、IOCへのパフォーマンスに走っているのでしょう。

東京五輪開幕日まであと5か月を切りましたが、この頃にはどうなっているのでしょうか。